しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

資産運用今後の方針

現在流行中の入金投資法が危険な投資法だと思う理由

2018/05/30

入金投資法には要注意

rawpixel / Pixabay

 

先日もこの日記で書きましたけど、バフェット太郎氏の本がバカ売れしているそうで。印税とかいっぱい入るんだろうな、と思うとうらやましい限りです(まあ、有名税とし色んな苦労もあると思いますが)。

ワタシもこの本は購入して楽しく読まさせていただきました!

で、バフェット太郎氏以外にも、特に米国株を運用するブログでは仕事で稼いだお金を証券会社に入金して投資する、いわゆる入金投資法を推奨している記事が散見されます。

しかし、ここで言いたいのは入金投資法ってそんなに良い手法なんですか?いや、ひとつ間違えれば大きな過ちを犯す投資法だと思うんです。

地合いに影響されない強い気持ちが必要

よくあるバターンとして、株価が上がっているときに追加投資を進んでやるのに、株価が下落基調になると高値掴みを後悔したり、追加投資をやめてしまったりする投資家が多いっていうことです。

相場も良いときは買えば買うたびに上がって行きますから、気持ちも高揚して入金投資法が楽しいわけですよ。ああ、株式投資に出会えて良かった、って自分に酔ったりして。

でも、そんな幸せな時間が長続きするわけではないんです。

株価が下がり続けると一変。保有銘柄の含み損が大きくなって、株を買うどころか入金することさえ臆してしまい、最後はネット証券のウェブサイトを開くのもイヤになって、みんな長期投資家(=塩漬け投資家)として生まれ変わるわけなんです。

入金投資法を採用するなら株価が下がっても続ける。含み損が膨らんでも買い続ける。そんな覚悟がなければ入金投資法なんて最初からやめたほうがいいってことです。

投資は余裕資金で、という考え方

langll / Pixabay

 

株をやるときに言われるのがこの言葉です。そもそもリスク資産である株は元本も保証されません。

仕事で汗水たらして稼いだお金で株を買ったのに銘柄の株価が半値になったり、倒産するなどして大損をこいてしまったらどうでしょう。うむ、悲しくて仕方がないですよね。なので、株は余裕資金で始めましょうというのがスタンダードな考え方でした。

でも、最近の風潮は違います。入金投資法によって株にどんどんお金をつぎ込むことが資産を形成する上でもてはやされているように思います。

本当に大丈夫なんでしょうかね??

あなたのリスク許容度は?

geralt / Pixabay

 

なので入金投資法を続けるためにはあなたのリスク許容度を図る必要があります。リスク許容度は株式投資を通じてどれだけお金を失っても大丈夫か、ということです。

これから株を始める人と100万円を元手に1億貯めたヒトとでは事情が異なるように、リスク許容度も人それぞれです。

これから株を始める人からリスク許容度ってどれぐらい?とワタシが聞かれたら、投資資金の40%から50%程度の投資資金を失ってよい金額、と答えます。

100万まで失ってもいい、というのであれば投資資金は200万円から250万円程度。

これはリーマンショックによる株価下落率と同じ割合です。100年に一度の出来事が何度も起きるのが株式相場。最悪の事態を想定して資金管理も徹底したいところです。

株式投資にタイミングはないのか

入金投資法にでは、株価はどう動くか分からないからタイミングを計らずに追加投資することが大切、とされます。

本当にそうでしょうかね?

インデックスファンドのように世界経済に投資する理由としてなら理解できます(資本主義社会において経済は成長し続けるという前提に基づくから)。しかし、個別銘柄では同じ考えで投資をしていては資金管理上危険と考えます。

うまく入金投資法を活用するためにワタシが実践している方法として以下の3つのルールがあります。

投資基準に条件を付ける

ワタシが運用している高配当ファンドにおいては、配当利回り4.4%以上になったら、という条件をつけて投資判断を下します。このことで高値掴みもしなくて済みます。

入金投資法は長期投資です。無理にポジションを作りに行く必要はありません。欲しい銘柄が投資基準に達するまで長く待つのも長期投資の一環だと思い込ませています。

ポートフォリオの保有割合を設ける

例えば一銘柄あたりポートフォリオ全体の10%以下に抑えるなど分散投資に徹することです。また、1回あたりの投資金額に上限を定めるなどのルール作りも有効でしょう。

年間の投資資金にルールを加える

預貯金を取り崩せば、まとまったお金を投資資金に回すこともできるかもしれません。しかし、長期投資の道は長いです。

例えば年間の投資金額を決めるルールも有効です。ワタシの場合は、年間140万円(インデックスファンドに70万円、高配当ファンドに70万円)を投資金額のルールとして定めることで無理のない資産運用を継続できています。

まずは続けることが成功への道

TeroVesalainen / Pixabay

 

一言で入金投資法はとても効果的な投資手法ですし、雪だるま式に資産が増えていくのをブログや雑誌で読むととてもかっこよく見えるんですよね。

でも、ありったけの給料を株につぎ込み続けることだけではなく、個人それぞれのリスク許容度を考えて運用しなければ大失敗につながります

まずは細く長く続けることが大事。長期的な視点に立って、途中で息切れしないように計画的に投資資金の投入を続けていくことが必要です。

自分自身も強気相場のときには強気に、弱気相場には弱気になりがちなところがあります。気を付けて運用を続けていきたいと思っています。

 

-資産運用今後の方針