しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

経費節約の児童公園

テニスコートやバーベキューで有名な大井ふ頭中央海浜公園に行ってきました!アクセス方法や感想など

2018/11/21

大井ふ頭中央海浜公園に行ってきました

先日、品川区にあります、大井ふ頭中央海浜公園に散策に行ってきました。運河を超えた向かいの大井競馬場には何度も足を運んだことはあるんですけどね、今回は健康的に公園を散策することになりました。

大井ふ頭中央海浜公園は野球場やテニスコートのほか、ジョギングコースなども充実していて身体を動かすのにもってこいの公園です。

今日はこの大井ふ頭中央海浜公園をご紹介します。

大井ふ頭中央海浜公園のアクセス

大井ふ頭中央海浜公園は品川区と大田区の区境に位置する東京都の公園です。アクセスはマイカーの場合は国道15線南大井1丁目交差点を右折したあと、中央海浜公園前交差点を右折してところにあります。

公共交通機関なら以下のバスの利用をおすすめします。

  • 品川駅(東口)より都営バス「品91系統」「八潮南」下車。徒歩6分
  • 大井町駅(東口)より都営バス「井92系統」「八潮南」下車。徒歩6分
  • 大森駅(東口)より京急バス「森22系統」「中央公園」下車。徒歩5分

裏技としては大井競馬開催日は、大森駅、品川駅と大井競馬場を結ぶ無料送迎バスが出てますのでおすすめです。

またモノレールなら大井競馬場駅で下車徒歩8分です。

大井ふ頭中央海浜公園は駐車場完備

大井ふ頭中央海浜公園には第一駐車場と第二駐車場の二か所の駐車場があります。

第一駐車は190台、第二駐車場(土日祝のみ)は100台停められますが、第一駐車場よりも第二駐車場のほうが空いています

料金は1時間200円と格安です。公共交通機関ではやや不便な場所なので、できればマイカーで行ったほうが安心ですね。

大井ふ頭中央海浜公園の概要

大井ふ頭中央海浜公園はご覧のとおり、テニスコートや野球場、陸上競技などのスタジアムがある公園です。面積は454,271平米で東京ドーム10個分の広さです。

公園の周りには大きな運河や深い森林に囲まれ、自然あふれる環境となっています。

バーベキュー客でいっぱい

大井ふ頭中央海浜公園の南側はバーベキュー解放区となっており、許可されたエリアなら自由にバーベキューをすることができます

都内でもバーベキュー場を利用しようとしてもすぐに予約が埋まってしまって好きなタイミングでバーベキュー大会を開催することができません。

大井ふ頭中央海浜公園なら事前予約なしでバーベキューができますので安心ですね。ただし、場所取りは早い者勝ちのようですから注意が必要ですね。

心地よい運河の風景

大井ふ頭中央海浜公園沿いに流れる運河(京浜運河)はとても水がきれいで心地よいです。

運河の浅瀬には自由に出入りすることもできます。地元の子供たちでしょうか、運河に入って遊んでいる子供たちもいっぱいいました。

臨海斎場交差点を挟んでさらに南側のエリアでは釣りもすることができるようです(実際釣れるかは分かりません)。

良い天気の日は風も心地よく、心身共にリフレッシュすることができますね。

緑豊かな公園

大井ふ頭中央海浜公園はとにかく緑があふれています。公園内の遊歩道は多くの木々に囲まれていて、まさに森林浴を彷彿とさせる雰囲気です。

歩道もきれいに整備されていますし、散策するにも小さなお子さん連れでも安心ですね。

ドッグランもあるよ

大井ふ頭中央海浜公園の第二駐車場の脇にはドッグランも完備されています。

こちらは無料ですが、狂犬病の予防注射などの確認するための事前登録が必要とのことです。また、このエリアは2020年東京五輪のホッケー会場になる予定で、年末以降は移転する計画もあるようです。

遊具などはなし

公園という名がつくからには、ブランコや滑り台などがありそうなもんですが、この公園にはこうした遊具は置いていないようです。

一か所、 広場がありましたが、草がぼうぼうと生えているだけの広場でまったく遊べるものはありません。

こうした遊具を求めるならほかの公園に行ったほうがよさそうですね。

最後に

ということで大井ふ頭中央海浜公園をご紹介しました。

この公園の周りには大井ふ頭中央海浜公園や東京港野鳥公園など多くの公園が隣接しています。今回は時間の関係で見て回ることができませんでしたが、東京都内に野鳥が集まると聞き、もう一度訪れてみたいと思っています。

 

-経費節約の児童公園