しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

お出かけマップ

大分空港の使い方~レストランやアクセス方法などをご紹介

大分旅行の玄関口を紹介

二年連続で大分旅行に行ってきました。大分県の魅力は子連れのファミリーでも楽しめる観光施設がいっぱいあること。その玄関口である大分空港もこじんまりして味わいのある空港でした。

今日はそんな大分空港についてまとめてみることにしました。

大分空港のアクセス

大分空港は大分県国東市にある空港。別府市からはクルマで45分、大分市からは1時間のところに位置します。

東九州自動車道佐伯IC~蒲江IC間が開通し、県南方面などのアクセスが便利になりました。特に大分空港から速見ICまでは大分空港道路が無料なのがありがたい限り。

空港内には24時間500円の駐車場も完備されています。うむ、羽田空港と比べると約10分の1なのでうらやましい。

クルマ以外の交通機関ではバスがメインとなります。こちらの系統図のとおり、観光地を含めてバスのルートはとても整備されている印象です。

大分空港ホームページより抜粋

昔は空港から大分市までホバークラフトが発着していたそう。2009年10月31日に廃止されてしまったそうですが、復活してくれないですかね。

こちらに貴重な動画が乗っていました。

確かに地図で見ても空港と大分市は海を渡って直線のほうが近道に見えます。これを交通機関として使うのはすごい発想です。

大分空港内の施設

大分空港はとても小さいですが、施設は充実しています。

大分と言えば温泉

大分県と言えば別府温泉をはじめとした温泉が有名。空港でまず目に入ってくるのがこの言葉。施設内には足湯もあります。フライトの疲れを癒すのもいいかもしれません。

レストランも豊富

レストランは3階に4か所、2階に1か所あります。ワタシが訪れたのは3階にあるビューレストランスカイライン。まあ、一般的なレストランでありますが、値段もお手頃でとても入りやすい雰囲気。

ちなみにビューレストランスカイラインでANAやJALのクレジットカードで決済するとマイルが貯まります。あと2階のカフェ「SKY CAFE AZUL」も入りやすそうでイイ感じでした。

離発着が見える展望台あり

3階には展望台があり、離発着する飛行機を一望することができます。ここからは飛び立つ飛行機を眺めて楽しんでいる人から、別れを惜しんで飛行機に向かって手を振る人まで色々な思いが錯綜する場でもありました。

我が子も飛び立つ飛行機を目の前にして興奮しながら手を振っていました。

キッズスペースもあり

2階には簡易なキッズスペースがあり、入学前のお子さんなら十分に遊べるスペースがあります。

この日も多くのちびっこが遊んでいました。このキッズスペースの横にはお土産屋さんがありますから、ゆっくりお土産を見たいときにはここでお子さんを遊ばせる、なんてこともできてとても便利です。

空の駅旅人(たびと)

この2階のお土産屋には大分のお土産がたくさん売っています。なので、行く先々でおみやげのことは考える必要もなく、最後の空港でまとめて購入することができて便利です。

この店には大分でも人気上位を争うお土産が網羅されていること。

例えばぷりんどら

そして、こちらは地獄蒸しプリン

このほかにもザビエルやとり天せんべいのほか、二階堂とかいいちこなど大分の焼酎も売っています。

ビジネス向けの設備も

他にも空港内無料で使えるWiFi(OitaAirport-WiFi)や電源を無料で使えるパソコンデスクなども完備されています。あと気が付かなかったんですけど、楽天Edyチャージコーナーなんていうのもあるんですねー。

利用者数も増加傾向の大分空港を応援します

ということで大分空港の概要についてご紹介しました。空港内は地元企業の活動内容や大分県の観光アピールにあふれていて、とても頑張っている空港であると感じました。

この日は夏休みとあってか施設内のスタンプラリーなども企画されていました。小さい空港なのですぐにスタンプも集められ、親としてはありがたかったです(^ ^ゞ

その成果があってか、2017年の利用者数は前年比5.7%増192万人となり、2003年以来13年ぶりに190万人の大台を突破したそうです。

多い例えば2016年の大分・熊本地震、今年も台風直撃による被害が出ていますが、そんな困難にもめげずに頑張っている大分空港、今後も応援していきたいと思っています。

 

-お出かけマップ
-