しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

アウトドア

防災用品として兼用できるおしゃれキャンプ用品を購入してみる

2019/11/08

アウトドアでも使える防災用品を買ってみる

先日、うちの職場の若手がこんなことを言ってました。

若手職員
今度キャンプに行くんですけど、おこずかいが足りなくてアウトドアグッズを買えなくて困ってるんすよ~

 

それはかわいそうに。でも確かに…

ワタシ
キャンプグッズってどこまで揃えればいいか迷うよね~

 

そう、キャンプグッズって結構お金かかりますからね。お金を安く済ませながら楽しむのがアウトドアのだいご味だったりするわけで。

そんなアウトドアグッズも、防災用品としても使えるものを中心に買い集めれば…

ワタシ
奥さんのお許しも出やすいんじゃないですかね~

 

と思うわけです。具体的には…

防災用品兼用キャンプグッズ
  • ランタン
  • 寝袋
  • エアマット
  • ウォータータンク

 

こんなところでしょうか。それではひとつひとつ見ていきましょう!

防災用品は改めて大切と実感

台風19号が終わったと思ったら、今度は台風21号の影響で、千葉県各地では浸水、冠水が発生しました。

改めて感じること、それは、自然の前に人間は無力であり、災害というのはいつ起こるか分からないということです。

だからこそ、いつ起こるか分からない災害に対する備えだけは日ごろから忘れてはいけないと思うのです。

そんな見方からすると…

ワタシ
防災用品はきちんと取り揃えておく必要があるよね。

 

そう思うわけですわ。

 

防災用品と兼用できるアウトドア用品

というわけで、防災用品と兼用できるアウトドア用品として、最近ワタシが追加購入したものをご紹介します。

キャンプに必須!LEDランタン

キャンプに欠かせないのがランタン。ランタンには数種類ありますが…

  • ガスランタン
  • ガソリンランタン
  • LEDランタン

の3種類があるそうで、一番安全なのはLEDランタンとされます。LEDランタンのメリットは…

  • LEDなのでとにかく安全
  • 明るさ調節が簡単
  • 充電可能ものやスマホを充電できたりする

ワタシが購入したのはこちら商品

キャンプ場でメインのランタンとして使用するには、1000ルーメン程度は必要。ということで買ったのがこちらの商品。USB充電でも単一電池でも利用可能です。

シュラフは必須のアイテム

シュラフもキャンプでは欠かせない重要なアイテムですが、災害時も同様です。特に大災害が起こって避難所に入れなかった場合、テントや寝袋での就寝を余儀なくされる場合もあります。

寝袋にはいくつか種類があって、

  • ミイラ型
  • 封筒型
  • エッグ型
  • 人型

などがありますが、初心者は封筒型が向いているとのこと。ということで我が家で購入したのはこちらの商品

こちらは二人用の寝袋です。我が家のほうに小さな子がいるとママパパと一緒に寝たいとせがまれることもあるはず。

ということで二人で寝れる寝袋を購入することとしました。

もちろん、1人分ずつ分離可能な仕様になっていますので、状況において使い分けすることができます。

エアマットでテントの中でも快適就寝

寝袋を購入したらセットで買いたいのはエアマット。寝袋で寝る際に何も敷かないと、砂利や地面の凹凸で就寝できないなんて場合もあります。

なので、寝袋の下に敷くエアマットのようなものがあるとクッション性も高く、快眠につながります。

ワタシが購入したのはこちらの商品

 

こちらは本体の枕元にあるハンドポンプを押し続けることで簡単にマットに空気が入ってくれる優れものです。

実際にワタシも寝てみましたが、空気が効いていて意外と寝心地がイイです。

 

ウォータータンクはお手軽便利

ウォータータンクはその名のとおり、お水を入れるタンクなのですが、これが結構重宝しそうです。

単に大量の水を保管するだけではなく、蛇口のようにコップに水をそそぐこともできます。ワタシはこちらの商品を購入してみました。

キャンプ場では水場からこのタンクに水を入れてテントサイドにおいておけば、水を使いたいときにわざわざ水場まで往復する必要がなくなるのです。

これは結構便利ですよ。

テントは購入を保留して

災害にあって避難所への退避も人数オーバーとなってしまった場合、屋外に宿泊する場合だってあり得ます。

それでも、テントを買うのはちょっと待ってもいいかもしれません。

テントを買ったところで嫌な思いをして二度と行かない、となった場合テントに支払った大金は消えてなくなります。

リサーチプラスという民間調査会社によるキャンプに関する調査によると、キャンプに行った25%はテントをレンタルで済ませているという結果も出ています。

 

テントは急いで購入する必要もないと思います。

最後に

ということで、防災用品としても使えるキャンプ用品をまとめてみました。

単にキャンプ用品を買いたいと言っても消極的だったヨメも、緊急時の家族の安全のために必要な設備であると説明すれば、ひょっとしたら理解も得られそうな雰囲気です(ただし、個人差はあります)。

 

  

-アウトドア