しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

株主優待

【株主優待】日本紙パルプ商事の株主優待はここがすごい

2019/07/12

日本紙パルプ商事の株主優待をゲットしたよ!

6月になるとたくさんの会社から株主優待が届きます。いやあ、ありがたいことです。

株主優待には、クオカードやお食事券などの金券やカタログギフトなどがありますけど、一番うれしいのコスパの良い自社製品を送ってくれる会社。

ヨメ
カタログギフトとかって、内容も似かよっているし、コスパもイマイチなのよね

 

そこで、今回、株主優待をゲットしたのが日本紙パルプ商事。ここの株主優待はコスパもよく、とてもおすすめなんです。

日本紙パルプ商事とは

日本紙パルプ商事は国内最大の紙の専門商社。大王製紙、日本製紙など最大手の取り扱いに強みがあり、最近ではアメリカ、オーストラリアなど海外進出を強化しています。

株価は2018年夏に5000円台を乗せて以降、下降トレンドにあり、6月末時点では3500円まで下落しています。

紙の価格は上昇中ですが、業績にはなかなか直結しないようで、2019年3月期の決算は特別損失が響き、純利益ベースで大幅減益となりました。

それでも予想PERは約7倍程度と割安。事業内容も安定しているので、1単元保有するのも悪くないかな、と思ったりもします。

ワタシ
もうちょっと配当利回りが高ければいいのになあ

 

日本紙パルプ商事の株主優待

日本紙パルプ商事の株主優待はトイレットペーパーです。100株保有でトイレットペーパーを24ロールいただくことができます

最近は、トイレットペーパーの価格も上昇中ですしね、そして生活には欠かせない必需品。節約につながる株主優待はとてもありがたく感じます。

ただ、日本紙パルプ商事の株主優待はただのトイレットペーパーではありません。

  • 長さが130mと半端ない長さ
  • 芯なしだけど、穴が大きめで家庭向けに取り付けられる
  • 130m×6個入りが4セットもらえてお得

なので、ドラッグストアで売っているものとはわけが違います。

日本紙パルプ商事の株主優待概要

ということで日本紙パルプ商事の株主優待が自宅に届きました。

箱そのものはシンプルでそんなに大きくないのですが、ずっしりと重いです。トイレットペーパーがぎっしり詰まっているようです。

さっそく中を開けてみましょう。

これだけぎっしりとトイレットペーパーが詰まっています。箱から取り出すとOVOLという文字が大きく見えます。オリジナルブレンドなのでしょうかね。

すべて4つ取り出すとこんな感じ。

なかなかの量です。長さが130mと超長いです。普通はだいたい90cmぐらいでしょうか。6個入りが4セット分送られてきます。これをもらえれば当分の間トイレットペーパーを買う必要がなくなります。

ふるさと納税と組み合わせて日用品の節約を

ちなみにですが、このトイレットペーパーを買おうと思うとなかなかの金額になるそうです。

このブログでも書きましたけど、このようなトイレットペーパーをもらえるのは、株主優待だけではなくて。ふるさと納税でももらえることができます。

例えば、静岡県富士宮市のふるさと納税は、1万円分の寄付でトイレットペーパーを4ロール×8個分もらえます。

このふるさと納税分と日本紙パルプ商事の株主優待で、単身者なら1年分のトイレットペーパーに匹敵するぐらいの量なのではないでしょうか。

最後に

ということで日本紙パルプ商事の株主優待についてご紹介しました。

なかなかのボリュームですし、その割には保管スペースもそんなに広くなくて済みます。このように自社商品でもコスパの高い株主優待を送ってくれる貴重な銘柄が日本紙パルプ商事なのです。

優待クロスをする人も現物買いで優待を狙う人も、日本紙パルプ商事の株主優待をもらってみてはいかがでしょうか。

-株主優待