Rakuten-Mobile

いよいよ2020年4月から開始!楽天モバイル(MNO)を申込みました!

楽天モバイルに申し込んだよ!

2020年4月8日から楽天モバイルがMNOとしてサービス提供を開始すると発表されました。

新規回線の申込受付は3月3日の20時から。

ネットの情報によると先着300万人が1年間利用料金無料。契約縛り、解約金などの制約なし…

それなら申し込むしかないでしょう!

ということで、さっそく楽天モバイルに申込みました。

今日は2020年4月から始まる楽天モバイルの特徴や疑問点をまとめてみたいと思います。

MNO楽天モバイルのプランは1つだけ

楽天モバイルの通信プランですが、現時点で発表されているのはUN-LIMITといつプランだけ

  • 楽天回線エリアなら通話とデータ通信が使い放題
  • 楽天回線が使えないエリアの場合、auのネットワークを使う
  • auローミングの場合、データ通信量は2GBが上限
  • 価格は2,980円(税別)

これまでの3大キャリアが超複雑な価格表で対応しているのとは裏腹に、楽天モバイルは超シンプル。メニューがたった一つしかない、味にこだわりのなるラーメン屋のよう。

当面はこのプラン以外に提供する予定はないとのこと。

現時点では楽天独自回線以外のエリアではauローミングとなり、使い放題から除外されてしまいます。

ただ、今後、楽天回線のエリアが拡充されればコスパ抜群のスマホ契約になるに間違いないですね。

楽天モバイルの問題点

値段は賛否両論

しかし、この2980円と言う価格。私にとっては仕様が少々オーバースペック。なので、ここまでスマホにお金をかけたくないな、というのが本音のところ。

これなら1GBの通話SIMとソフトバンク系のデータSIMを駆使すればもっと安く済みそうですからね。

通信回線の安定性は未知数

サービスインしたばかりで通信の安定性も分かりませんし、ビルや地下など通信の安定性にも劣るという口コミ評価です。

また、先述したとおり、データ通信が使いたい放題になるのは楽天回線のあるエリアのみ

都内のように対応しているエリアでも、地下や建物の中などauに自動的に切り替わってしまいます。このことから使いたい放題のはずが、使い切る前に通信制限がかかってしまう場合もあります。

このように様々な制約もあるので、気になる人はメイン回線として使うのはやめておいたほうが無難ですね。

楽天モバイルと対応スマホ

楽天モバイルのプレゼンやスマホ関連のネット情報を見ると、SIMフリー端末がそのまま使えるように見えます。

でも、実際には楽天モバイル対応機種に限定して利用することができます

楽天モバイルを契約した場合、初回事務手数料に該当する3000ポイントがもらえるのですが、Rakuten LINKというアプリ経由でアクティベーションすることが条件

つまりポイント特典をもらおうと思うと、android端末で楽天モバイル対応機種であることが条件になる可能性があります(←未確認)。

私に言わせれば、SIMロックフリーの条件が緩和される中で、なんで楽天モバイルだけが専用端末の利用を許されるのか納得いかないですね。

もしも、楽天モバイルで販売される対応機種しか使えないのであれば、お金がもったいないので、さっさと解約しちゃうかもしれません。

ちなみに楽天モバイル対応機種を買うのはもったいない…そう感じる場合は

  • Speed Wi-Fi NEXT W04(au版)
  • ワイモバイル版 305ZT

これらのモバイルルータでも利用可能なようです。

W04(au版)はBAND3が塞がれないようにアップデートしない(またはダウングレードする)ことが必要だそうです。

ワイモバイル版 305ZTはSIMロック解除が必要です。

どちらの機器も中古品で3000円程度で買えるようなのです。

ヨメちゃん

なんだか難しくて言っていることは分からないわ。

 

最後に

ということで、2020年4月8日から始まる楽天モバイル UN-LIMITについて、ワタシなりの感想をまとめてみました。

ワタシは販売開始となった3月3日の夜にウェブサイトにアクセスして申し込みをしましたけど、なかなか接続できなくて困りましたね。

ある意味、それだけ注目の高いスマホプランだと思います。

ワタシの場合はまずは端末をどうするかですねえ。スマホにするか、持ち運びできるモバイルルータにするか、できるだけ端末代にお金をかけない方法はないか…などなど

調べた結果はネットでご報告したいと思います。

それでは楽しいモバイルライフを!

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください