しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

経済的自由雑感

年金制度は破綻している?金融庁が示した老後2000万円不足する報告書に思うこと

金融庁の報告が炎上中

先月もこのブログで掲載しましたが、金融庁の報告書が炎上中なんだそうです。

金融庁の報告書の内容がそんなに批判されるものなのか、とても疑問でした。

ただ、自分も年金制度って詳しく知らないよね、ということで何冊か年金に関する本を読んでみることにしました。

そこで、改めてこの金融庁の報告書と年金について私なりの考えをまとめたいと思います。

今回参考に購入した本はこれ

まずは高橋洋一さんの年金の本。2年ほど前の本ですが、問題点を端的にとらえていて分かりやすい本です。筆者がGPIFに批判的なのは意外な感じでしたが。

高橋洋一氏の本だけでは考え方が偏っているのかもしれない(笑)ので、中古本を購入。今から8年前の本ですが、その時にどのように議論されているかを知ることができるかな、と思ってこの本を選びました

内容は筆者が元朝日新聞記者であると思えないくらい?公平な意見でまとめられています。

年金問題で共通しているポイント

実際に2冊の本を読んでみて、2011年に書かれた本と2017年に書かれた本で共通している重要なポイントがあることが分かります。

年金問題の重要な共通ポイント
  • 年金制度は破綻しない
  • 受け取る年金は減り続ける
  • 積立方式より賦課方式がベター
  • 最大の問題は少子化とデフレ経済

金融庁が報告書を開示して以降、世間からは「年金制度は破綻している」「年金制度は100年安心といったのはウソだ」といった批判も聞かれます。

でも、このことについては2011年の時点ですでに議論はされてきた話で、今に始まった話ではないです。

年金をもらえると、一生安泰だなんてだれが言ったんでしょう?

少子高齢化により年金をもらえる額は少なくなるってみんな気が付いていたんじゃないですか?

ヨメ
なのになぜあの報告書が炎上するのかホントに疑問よね。

 

年金制度の重要な問題点

年金の保険料なんて払いたくない―そう思うひとは払わなければいいんですよね。将来困るのは自分なんですから。

年金制度が破綻している、そんな制度はなくなったほうがいい、そんな他人事のような意見も散見されます。

もしも、年金制度がなくなったら、自分で自分の老後資金を蓄えなければいけません。

いや、自分の生活だけではないです。場合によっては高齢になってお金が無くなった両親、障害を負って働けなくなった兄弟など、みんなあなた家族が面倒をみなければいけないわけです。

これを社会的にみんなで支えて行こう、というのが今の年金制度。

破綻したのは官僚のせいだ、政治家のせいだ、と悪者に仕立てるばかりではなく、現実に目を向けて、どうすればこの年金制度の理念を継続できるのか、という建設的な議論が求められているはずです。

制度の批判は簡単、ではどう解決していくのか?

じゃあ、実際に社会でどうやって支えて行くのか、ということを考えなければいけないのですが、どうも、マスコミは面白おかしくセンセーショナルに報道したり、野党は政局の道具だけにしたり、与党政府は撤回を要求するし、どうなっているのかと。

年金制度の問題点は社会の問題。少子化やデフレ経済をどう立て直すかが課題です。

世の中見てください。就職率は上昇して景気の良い時期も続いていますけど、デフレから完全に脱したとまで言えない状況でしょう。

また、今の日本が子どもを育てやすい環境にあるでしょうか?保育園には園児の声がうるさいという苦情が届き、公園で遊ぶ子どもの声がうるさいと文句を言われ、ベビーカーは邪魔だという非難もあり…。

国の子育て制度自体の問題もありますけど、国民一人一人が意識を変えなきゃいけない問題だってあるのです。

こうした問題をすっ飛ばして、文句ばかり言う国民、無責任な報道を続けるマスコミ、政治のネタにしようとしている野党、現実を包み隠そうとする与党。

今回の一連の流れで、モヤモヤした感じが強いのは、こうした年金問題に対する当事者意識が誰にもないように見えるからなんでしょうね。

重要なのは自分がどう行動するか

ijmaki / Pixabay

今回の金融庁の報告書によって、ワタシ自身年金制度に対する関心も湧いてきましたし、もっと勉強したい気持ちも強くなりました。

そもそも、老後2000万円って、全然大した金額じゃないですしね。

というか、ワタシは10年以内に子育てをしながら10年以内に経済的自由を勝ち得たいわけですから、ハードルはもっと高いのです。

ワタシ
株やってる人間にしてみたら、老後2000万円なんて大した金額じゃないだろっての

 

ヨメ
ええー、そうなの?じゃあ、バーキンとかケリーのバッグ買ってよ~

 

みなさん、資産運用がんばりましょ~

 

-経済的自由雑感