せどり

楽天せどりを一時休業した5つの理由~仕入れや楽天ポイントの課題まとめ

楽天せどりは休業状態です

今日は私が楽天せどりを休業している理由をまとめたいと思います。

おはようございます、うえつん@しがないサラリーマンです。

皆さんはせどりをご存知でしょうか。いわゆる安く仕入れて高く売る、いわゆる転売ヤーというやつです。

私は今年、実験的に楽天市場で買ってメルカリで売却するせどりにチャレンジしてみました。

実際にやってみてうまく行く部分、うまく行かない部分、いろいろ体験できてとても有意義だったんですけど、

ワタシ

とりあえずやり方は分かったし、せどりは飽きたし、もういっかな…

 

このブログにご訪問中の方も、せどりが気になる方や、せどりが本当に儲かるのか、といったことが気になる人もいるかもしれません。

また、せどりとかって「簡単に始められる」「簡単に儲かる」と言ったキャチコピーも目立ちます。

商品に関する知識がないワタシのようなしがないサラリーマンがせどりを半年以上に渡って経験してきた注意点をまとめてみたいと思います。

私が実践してきたせどりのやり方

この半年間、実践してきたせどりは、楽天市場で購入したものをメルカリで売却するという方法です。

Amazonやラクマに出品する、という方法もありますが、まずは体験から、ということで、一番使い慣れたメルカリを使っていました。

結局、半年間で50回ほど取引も成立させることができて、それなりの成果が挙げられたかなと思っています。

実際に楽天せどりをやってみた注意点や課題

楽天市場とメルカリを使ったせどりは気軽に始められるメリットがあります。でも、それ以上に課題もいっぱいありました。

価格設定が難しい

新品が1万円で売っているものをメルカリ1万円で転売しようとしても買ってもらえません

まずはメルカリで同じ商品を出品している者の価格設定を参考にします。

また、街中のドラッグストアやAmazonよりも安い価格で提示する必要があります。そうすると、実際には定価よりも割引した価格で出品しなければ売ることはできません。

利益率は良くて10% あまり欲張らない

価格設定が欲張りすぎると誰も買ってくれません。

ワタシの場合、Amazonや市中のお店と比較して、利益率10%で価格設定することとしました。

10%に設定した理由はないのですが、小売業とか見ても利益率10%程度もあれば、かなり立派なのではないか、という観点です。

なので、実際の出品価格とコスト(メルカリ手数料、配送料)、利益率10%程度から逆算して、利益が出る商品を安い価格で仕入れなければならないのです。

ポイント還元率は50%前後の商品を仕入れなければ確実な利益が見込めない

メルカリを使う場合の利益計算はこんな感じです。

商品価格 - 手数料 - 配送料 = 利益

手数料はメルカリに支払うもので商品価格の10%必要です。配送料も封筒サイズから比較的大きめのものまでさまざまです。詳しくはこちらをご覧ください。

例えば、1万円で売れた場合、手数料は10%(1,000円)、配送料を380円で計算すると差額は8,620円。ここから仕入れた金額を引くとその額が利益となります。

例えば1万円の商品なら利益率10%で1000円の利益。なので、7620円以下で仕入れることが必要です。でも、話はそんなに単純ではないです。

他の出品者との競合もありますし、売れ残ってしまったらそこで利益はゼロとなってしまいます。

メルカリではそれだけ競争が激しいのです。

売る商品によりますが、ワタシの感覚では、楽天市場でのポイント還元率50%の商品ならせどり可能、40%でも利益はギリギリという印象です。

せどりは全然儲からない

これは始める前から分かっていたことですが、せどりはやっぱり全然儲からないです。薄利多売型の商売なので、少額から始められるものではありません

これを専業でやろうと思ったら、

  • 仕入れの情報量を持つ
  • 買い付けできる時間に余裕がある、長距離移動も辞さない
  • 確実に売れる商品化を見極める力を持つ

こんなことが求められていくことでしょう。片手間でやっても全然儲からないし、効率が悪いことからワタシの場合は一時休業としました。

楽天せどりは手間がかかる

メルカリで転売する場合は、いちいち「値段を下げてくれ」などのコメントに対応する必要があります。

また、取引完了後はコンビニに持ち込む必要もあります。とにかく手間がかかるんです。あんまり儲からないのに手間ばっかりかかるという印象です。

売れ残りリスクが大きい

安い商品を仕入れて、他の出品者よりもAmazonよりも安い価格設定を行ったところで、確実に売れるとは限りません。

その商品が欲しいと思う購入者がいないと誰も買ってくれないのは当たり前の話ですよね。

ワタシも購入した商品が売れずに手元に残っている商品もあります。せどりってなかなか難しいんです。

最後に

ということでワタシが実際に楽天せどりをやってみた感想をまとめてみました。

最初は売れると売れたーって嬉しくてせっせと出荷準備をしてましたけど、今では、出荷も面倒に感じるようになってしまい開店休業状態です。

せどりを専業でやるためにはそこそこの商品知識とそれなりの覚悟が必要ってことを改めて痛感しました。

これからせどりを始めたいという人の参考になれば幸いです。

それではまた明日!

  

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。