普通のサラリーマンがセミリタイアを目指して
高配当株と節約で悪戦苦闘する姿を綴ります
家計

誰でも家計簿が続けられる3つのポイント

今日は誰にでも家計簿を続けられるコツをまとめてみたいと思います。

このワタシ何を隠そう、家計簿をつけて4年目に入ろうかとしています。ワタシも以前は家計簿をなかなか続けることができなかったんです。

でも、今の方法を用いて、この4年間続けることができているのです。

このブログにご訪問いただいている中にも家計簿のつけ方について悩んでいる人も多くいるはず。

また、続かないことに関して、ワタシって駄目な人間だわ…なんて落ち込んでしまう人もいると思うのです。

そこで今日はワタシが自分で考案した超簡単家計簿についてご紹介します。

結論から言うと、家計簿が続かない理由は最初から100%すべての支出を網羅しようとする点にあります。つまり、家計簿をいかにシンプルにするかにかかっています。

家計簿を続けるための3つのコツ

  1. 銀行口座を極力減らす
  2. 電子マネーやクレジットカードを駆使する
  3. 目標を設定する

それではもう少し詳しく見て行きましょう!

なぜ家計簿が続かないのか?

本やテレビなどで取り上げられる節約生活。よし、ワタシも見習って節約しよう、家計簿を付けよう…そう思ってもなかなか続かずに3日坊主。

そんな経験ないですかね。ええ、ワタシはあります。

ネットでは色々な家計簿のつけ方があふれています。現金を封筒に入れる方法、レシートを勘定科目ごとに保管してノートに記載する方法…などなど。

それでもなかなか続けられないんですよね…

そんな自分を責めたりしてはいけません。だって、続かないのも当然だからです。

家計簿を続けられない理由…それは3つあると思います。

理由1:家計簿をつけている暇がない

そうなんです、そもそも家計簿をつけていひるヒマなんてないんです。家計簿をつける暇があったら会社の疲れを癒したい、ビールを飲んでさっさと寝たい、そう思うんじゃないですかね。

理由2:作業が面倒

スーパーのレシートを集めて、食費と日用品、光熱水費に分類して、電卓して合計して、エクセルに入力して…なんて結構大変なんですよね。

買い物はスーパーだけではなく、口座引落とかクレジットカードとかなんとかペイとかいろいろありますからこれを全て網羅しようとするととても大変です。

理由3:モチベーションが続かない

テレビやネットで見て自分マネしてみようと思って始めた家計簿。でも、作業が大変になってめんどくさくなって続かない…よくあるパターンですね。

よしやってみようーそう思ったモチベーションが続かないというのも課題のひとつです。

家計簿を続けるための心構え

これらの問題点に対してどうしたら続けられるのか?

大きく分けると二つに分けることができます。

まずひとつは、最初から100%の仕分けを目指さないという点です。

家計簿をつける理由とはなんでしょうか?

ワタシなら、家計簿とは毎月の収支を把握して毎月の資産増減を把握するため、と定義します。

それなら、目的である資産増減が分かればいいじゃん、という視点が大事です。

もうひとつは、やり方をいかにシンプルにするか、という観点です。

家計簿が続かないのは作業が大変だから。それなら作業が簡単になるようにお金の出所をシンプルにしてしまえばよいわけです。

家計簿を続けられる3つのステップ

では、これらの心構えを踏まえて、家計簿を続けるために必要な3つのポイントをまとめてみましょう。

ステップ1:銀行口座を絞る

資産の増減を把握のが目的ならば、銀行口座の残高を確認するだけで済むことになります。

このことから支出や収入の口座を2つ程度、多くても3つまでに絞ることです。

ワタシの場合ですが、

  • メインバンク…楽天銀行(給料振込み、生活費)
  • サブのバンク…新生銀行
  • ローン用の銀行…ソニー銀行(住宅ローン、マイカーローン引落し用)

こんな感じで運用しています。

つまり、この3つの口座残高を合計して、月ごとに並べるだけで資産増減が把握できるわけです。

ステップ2:キャッシュレスを駆使する

しかし、資産増減を把握するだけは足りません。なぜなら家計簿の役割はなぜ資産が増減したか分析することにあるからです。

それならキャッシュレスを駆使して、目的ごとに使い分けてみてはいかがでしょうか。

ワタシの場合は、

  • 公共料金…オリコカード
  • ネットショッピング…楽天カード
  • 毎日のお店での買い物…楽天ペイ、楽天edy
  • ガソリン代…出光まいどカード

みたいか感じです。

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済すべてを同じ銀行口座からの引き落としに設定しておきます。

銀行口座の入出金履歴を見て、キャッシュレス決済の数だけエクセル管理すれば済むのです。

とあるクレジットカードの支出が多いな、と思ったら、そのクレジットカードのサイトにアクセスして利用明細を見てみましょう。

支出が多かった理由も簡単に把握できるはずです。

ステップ3:目標を明確にする

家計簿をつけるのが面倒になるのは、目的がはっきりしないからです。

もしも、あなたなりの目標が明確になれば、家計簿にかけるモチベーションは維持できるはずです。

モチベーションを上げる目標(一例)

  • 年末時点の残高を1000万円にする
  • 今年1年間の貯蓄額を200万円にする
  • 収入に対する貯金は20%以上とする
  • 貯金に回した金額の8割以上を投資信託に回す

目標はできるだけ数値にするべきです。数値にすることで達成度を測ることができますし、目標達成までいくら、というようにモチベーションも上がってくるはずです。

最後に

ということでワタシが実践している家計簿についてまとめてみました。

この方法を取ることで家計簿のチェックは月1回、しかもエクセルに数項目入力するだけなので10分程度で終了してしまいます。

これなら誰でも続くような気がしませんか?

これを継続していくと家計簿をつけることが楽しくなってきます。楽しくなったら家計簿の内容をさらにグレードアップしていきます。

  • エクセル入力項目を増やしてみる
  • バランスシートを作成してみる
  • キャッシュフロー計算書を作成してみる

わが家ではバランスシートやキャッシュフロー計算書を一発で計算できるようにエクセル管理もしています。

ぜひ皆さんも家計簿で楽しい資産形成にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事です。

【2020年春】家計節約のためのキャッシュレスとポイント活用法を考えてみた ポイントを上手に活用して節約につなげよう 今日は、ポイントやクレジットカードを活用して、家計を節約する方法をご紹介します...
あぶない家計簿を読了!この本を読んで家計のチェックをしよう あぶない家計簿を読了! このブログを訪れている人の大半は、投資や節約に興味のある方だと思いますが、そんなヒトも「あぶない...
家計に逆効果と言われるまとめ買いを推奨する3つの理由 今日はまとめ買いのメリットについて書きたいと思います。 節約系のネット記事やFPの家計診断とかでよく言われることがあります。それ...
ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください