しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節税

2018年(平成30年)以降、配偶者控除と配偶者特別控除が改正!税負担はいくら増える?

2018/09/20

今年から配偶者控除と配偶者特別控除が変わるよ

Bru-nO / Pixabay

上がらない給料明細を見て毎月ためいきをつくしがないサラリーマンです。

みなさんもどうですか?働き方改革だの、プレミアムフライデーだの、我々労働者には給料は全然あがらないじゃないですか

だからこそ私たちは配当金だの株主優待だのふるさと納税などの節約に努めているのです。

で、最近知ったんですけど2018年から配偶者控除と配偶者特別特別控除が減額されるって知ってました?

控除額が減らされるということはそれだけ税金の負担が重くなるってことです。まったく堪ったもんじゃないですね。

ということで今日は今年から変更される配偶者控除と配偶者特別特別控除についてまとめてみたいと思います。

そもそも「控除」ってなんだ

税金って言葉が難しくて嫌になるんですけど、税金と言うのは平たく言うとこんな感じで計算されるのです。

サラリーマンでいうと給料から所得控除を引いたものに税率をかけて税額控除を引いた金額が私たちの払う税金、ということになります。

所得控除というのは、身近な例で言うと、医療費が一定額かかった場合は所得控除の対象になりますし、生命保険などの保険料iDECOなんてのもこの所得控除の対象になります。

今回の配偶者控除と配偶者特別特別控除の話はこの所得控除のお話です。

所得控除が減らされれば、課税所得が大きくなるので税金も上がる、ということだけでも理解していただければと思います。

どれだけ税負担が重くなるの?

配偶者控除と配偶者特別特別控除とか

そもそも配偶者控除と配偶者特別特別控除って何?という方がいると思います。サラリーマンである我々にとって関係のある部分をまとめていいうとこんな感じです。

配偶者控除

(1) 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません。)。
(2) 納税者と生計を一にしていること。
(3) 年間の合計所得金額が38万円以下(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)であること

配偶者特別特別控除

(1) 控除を受ける納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下であること。
(2) 配偶者が、次の五つの要件すべてに当てはまること。
イ 民法の規定による配偶者であること(内縁関係の人は該当しません)。
ロ 控除を受ける人と生計を一にしていること。
ハ 他の人の扶養親族となっていないこと。
ニ 年間の合計所得金額が38万円超123万円以下であること。

***********************

ここでいう合計所得金額とは給料とか全部含めた金額のことね。奥さんが専業主婦とかパートタイム、バイトなど給料が低い場合に適用されることが多いです。

改正された内容

で、どんな感じに改正されたのか。こちらの図が分かりやすいです。

なんとなく表を見ただけで、減らされるイメージがつくと思います。

例えば我が家のように夫がサラリーマンで奥さんが控除の対象者である場合、今回の改正点はこんな感じになります。

夫の収入の条件が厳しくなった

これまで控除を満額受けられるのは夫の合計所得金額が1000万円以下(給与収入の場合1220万円以下)だったのが、それぞれ900万円以下(1120万円以下)と条件が引き下げられました。

夫の収入にあわせて控除額が減額される

夫の収入が増えるごとに配偶者控除と配偶者特別控除の対象額が減額されることが図でも分かると思います。

どれだけ金額が変わるのかはこちらをご覧ください。

改正前は夫の所得に関係なく900万円以下と同額の控除を受けられたんです(赤で囲った部分)。今後は所得に応じて青で囲った部分に減額されることになります

例えば、これまで満額38万円の配偶者控除が受けられていたが、夫の収入が980万円だったために、13万円に減額されてしまうことになります。

で、この13万円に税率をかけた金額13万円×20%=2万6千円が増税となるわけです!これは高い!※注

※税率は課税所得によって異なります。ここでは20%と仮定しました。

一部配偶者控除も廃止へ

夫の合計所得金額が1000万円超(給与所得の場合1220万円超)でも配偶者控除は受けられていたのですが、今後は全ての控除が受けられなくなります。

今後はさらなる節約を!

ということで配偶者控除と配偶者特別控除の改正についてまとめてみました。

うーん、難しいなあ、と思う人もいるかもしれません。具体的にいくら税金が増えることが分からなくても、増税の波が次から次にやってくる、ということだけは知っておくべきでしょう。

ちなみに、平成33年度からはさらに配偶者控除と配偶者特別控除の条件が厳しくなることが決定されています!

普通に生活を送っていくとドンドン財布の中身が寂しくなるって現実を理解しておく必要がありますね。

関連記事です。

2017年からセルフメディケーション減税というものが実施されています。クスリもうまく節税に活用する時代です。

自動車税関係も2019年から変わります。消費税増税を加味すると車を買うのも実質的な増税となります。

税金を払うならコンビニでnanacoを使えばちょっとだけお得になります。

 

-節税