しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

未分類

ワタシがディーラーに対して一番納得がいかないこと

2018/01/15

しがないサラリーマンですおはようございます。

しがないサラリーマンなんですけどね、一応マイカーは持っているのですよ。で、そのマイカーも買ってから丸3年が経過。初めての車検に出すことになりました。

車検の嫌な思い出

で、この車検なんですけどね、あんまりいい思い出がないんです。

数年前のこと、ワタシが以前乗っていたのクルマを車検に出したんです。すると、なんの断りもなく、ブレーキオイルは替えておきました、ウォッシャー液も補充しました、ワイパーのゴムも変えておきました、はい10万円でーす、と一方的に請求されたことがあるんです。

おいおい、誰がそれをやっていいって言ったの?

ディーラーはお金のやり取りに甘い?

また、車検に必要な費用についても、詳細な内訳はなし。せいぜい車両修理費〇万円一式みたいな請求書で提示されてくるだけなんです。

ディーラーって、まあ、代理店などもありますが、売っているものは日本を代表する企業が生産したものなわけですよ。日産とかトヨタとか看板を背負って商売しているわけじゃないですか。

カンバン式みたいな立派なことをやって実績を上げている企業が、事前の整備見積書も出してこないわ、詳細な金額内訳表も出してこないわけなんですよ。これってなにかおかしくないですかね。

以前ワタシは情報システム部門にいましたから、当然事前の見積もり書を見てお願いするか判断するわけです。また、その見積書も一式なんて表記はなしで、基本計画、設計、構築、教育訓練、成果物など詳細な内訳を出させて人日計算までベンダーにさせていました。

ディーラーってそんな習慣はないのでしょうか。

それともわざと詳細な内訳を出さないようにしているのか

疑問は募るばかりです。

今回の車検も同様

今回の車検については、ワタシが依頼したどおりの作業にディーラーが徹しくれたので特に文句はありませんでした。費用も税金、自賠責保険のほか車両修理、部品代等も含めて13万円弱だったので想定どおりの費用でした。

しかし、やはり見積書はもらえませんでした(くれ、と言ってたのに)。最初に上がってきたのは想像通り「請求書」でした。

また、内訳書も依頼したのに出してくれませんでした。例えば、税金や自賠責保険以外の印紙代や代行手数料などの金額などが不明のまま。まあ、金額は想定の範囲だったので細かく言うのも気が引けました。

でも、これって何回も顧客に言わせるまでもなく、営業担当が自発的に持ってくるものだと思うんですよね。

でも、見積もりを出さずにいきなり請求書ってのはちょっとなと思うんです。だれがその作業をやっていいと言った?と真顔で言ってやりたいです

よく変わる営業担当にも問題が

ワタシなんて単純なもんで、実際に値引きなどはしますけどやはり買うかどうかの最終判断って営業担当がいい人かどうかなんです。

だけど、ディーラーの営業担当ってすぐに変わってしまうんですよね。ワタシも自分で買ったクルマに乗って6年ほど経過しますが、すでに担当者は5人も変わりましたよ。で、特にいい人がすぐに辞めて行っちゃうんですよね。

メンテナンスも含めて長い付き合いを期待しても、入れ替わりの激しい自動車業界には通用しないようです。

最後に

上記画像と本文に関係はありません

今回の車検ではいろいろとトラブルもありましたけど、とりあえず無事に終了しました。

今のクルマにいつまで乗るかはわからない(というか、すでに買い替えたい病が発症しつつあります)のですが、ディーラーともよい関係を保ちつつ、楽しいマイカーライフを過ごしていきたいと思っています。

 

 

-未分類