しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

マイカー

車検証が電子化されるって知ってた?

2019/07/28

車検証が電子化されるらしい

先日ネットを見ていたら、こんな車検証が電子化されるというニュースがありました。

自動運転に向け車検制度を改正 国交省 電子制御装置の検査追加へ

自動運転に向けた各種の新技術に対応するため、国土交通省は20日、自動車の車検制度を改正する方針を固めた。(中略)車検証も紙からクレジットカードなどと同サイズのICチップ付きカードに変更し、電子化するなど、車検制度自体が大きく変わることになる。

2019.2.20 21:34 産経新聞より抜粋
ヨメ
車検証ってあの車の中に置きっぱなしになってるあれでしょ?電子化ってなんかメリットあるの?

  

確かに。車検証の電子化ってどんなメリットがあるんでしょうね。

なんのために電子化されるのか?

国土交通省の資料によると、ワタシ達が新車を購入するときや車検に出すときの手続きがとても煩雑なんだそう。この手続きが大変なので、インターネットで処理をできるようになったんだが、この利用率があまり伸びていないんだそうな。

ワタシ
自動車登録や車庫証明など一部の手続きは電子化できたけど車検証交付は陸運局に行かないともらえなかったんだってさ

 

自動車手続きの4割は車検証交付手続きなんだそうで、今回この手続きを電子化することで、自動車の電子手続にテコ入れを図りたい、という思惑もあるようです。

車検証の電子化のメリット

出典:国土交通省HP

国土交通省の資料を読んだところ、直接メリットがあるのは、車検証の手続きをする者なので、ディーラーや整備工場など車検業者が対象となります。

ヨメ
なんだ、私たちにメリットはあまりないんじゃない?

 

確かに直接のメリットはないですけど、副次的にいいことはありそうです。

車検時間の短縮

車検に出すと、一定期間マイカーをディーラーに預けることになります。

これまで車検業者が陸運局に足を運ぶ必要がありましたが、電子化されれば車検証が即日発行できるようになります。このことから車検に要する時間の短縮化が期待されます。

自動車保険などの手続きの簡略化

自動車保険加入時など、その自動車の型番や実装されている安全機能などを保険会社にお知らせする必要があります。これまで手入力だったこれらの作業が電子化によって、簡略化できる可能性があります。

ヨメ
…うーん、メリットとしては弱くない?

 

電子化の手法として検討されているもの

出典:国土交通省HP

車検証の電子化によって、紙の車検証がなくなります。その代わりに検討されているのが…

  • ICカード化
  • ICチップの空き領域に情報を書き込む

ICカードの例としては、マイナンバーカードやクレジットカード、運転免許証にもICチップが入っていますけど、あんなイメージで車検用のICカードを作成することが予定されています。

ワンカード化の方針はどこへ?

電子化による手続きの簡略化というメリットも分からなくはないんです。でも、そのためにドライバーは結局車検証用のICカードを携帯しなければならなくなります。せっかくなら、これも簡略化できないものか、と。

マイナンバーカードの活用

例えば、マイナンバーカードに車検証の機能を搭載するのはどうかと。

国土交通省の資料によるとICカードの中に住所、氏名のほか、車検に必要な情報を書き込む、とされています。

それだったら、ユーザー情報や車両情報をシステムのデータベースに格納し、マイナンバーカードで認証を行って車検業者の端末に表示させるなんてこともできるはず。

マイナンバーカードの認証によれば、車両登録情報と住民票の情報が違う、なんてチェックもできるはずなので厳格なチェックもできるんじゃないかと。

運転免許証の活用

マイナンバーカードはあくまで取得は任意という点で限界はありますが、それなら運転免許証の活用はどうかと。

そもそも運転免許証の中にもICチップが入っていますが、このICチップの情報って一回もお世話になったことがないんですよね。

車を持っている人は運転免許証を必ず持っているはずだし、運転時には必携なので、運転免許証と車検証を兼ねる方法も効果的かと思います。

ETCカードの活用

ETCカードのICチップに車検情報を格納する、なんてことも技術的には可能となるのではないでしょうか。ETCカードは基本車両とセットですからね。

また、車検が切れていると、有料道路を通れなくなる、車検が切れていることをカーナビから表示させるなどで違法車両の減少にも貢献してくれるのではないかと。

まあ、ETCカードの保有が義務付けられていないのでこの案もなかなか難しいですけどね。

ICカードは兼用を目指すべき

自動車関連手続きが大変なら、手続きの簡素化を目指すのが先でしょ?という感じがしなくもないのですが、いずれにしても、車検証専用のICカードを単独で作られるのは疑問です。車検証なんて使うのは年1回あるかないかですから。

だから車検証として正式なものは紙の証明書でいいから自宅に保管し、普段は他のICカードと兼用して必要なときにチェックできるようにする―こうすれば、わざわざ別のカードを作らなくたって済むのではないかと。

ヨメ
クジレットカードやポイントカード、マイナンバーカードとかこれ以上カードを増やすのは勘弁してほしいわよね。

 

今後の車検証の電子化に注目

出典:国土交通省HP

車検証の電子化は2022年4月からの開始を目指しているとのこと。ICカードのあり方については国土交通省もアイデアを募集中なんだそうです。

ICカードかはともかく、ICチップの空き領域に書き込むことが前提になっている点で、とても残念なのですが、具体的な方法は国で検討が進められる予定です。

ワタシ
ワシもアイデア募集に案を申し込んでみようかな~

  

ヨメ
そんなことするヒマがあったら家事手伝ってよ!

 

今後の車検証の電子化に要注目ですな!

-マイカー