しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節約家族旅行

家族で格安に!名古屋・大阪方面に行くならスマートEXの活用をおすすめする理由

2019/09/12

今年の秋の旅行は名古屋へ行く予定

先日もブログで書きましたけど、今年の秋の家族旅行は名古屋に行くことになりました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

家族4人、2泊3日で4万円弱で済む計算です。で、問題は名古屋にどうやって行くのか?

ワタシ基本マイカー派なので、新幹線のチケットとかは旅行代理店に丸投げで詳しく分かっていないんですよね。

ワタシ
次男坊の新幹線に乗りたい、という夢もかなえてあげないといかんのじゃ~

 

で、いろいろと探したところ、最も新幹線代を節約できるのがスマートEX経由で予約するというものでした。

今日はこのスマートEXについて調べてみることにします。

スマートEXとは?

スマートEXとは、JR東海、JR西日本が展開している ネット予約サービスです。会員登録は必要ですが、年会費無料。東海道・山陽新幹線をお得な価格で予約できてしまうのです。

スマートEXで最もお得なサービスとは

スマートEXには、いろいろなサービスがあります。例えばお得なプランとしてEX早割21という商品があります。

ただ、値段も安いだけに注意すべき点が何点かあります。

EX早特21を使った場合の料金

EX早特21を使って東京駅から名古屋に行く場合の料金はこのようになっています。

通常、東京から名古屋にのぞみで行く場合は片道11,090円かかります。このスマートEXで予約すると2,290円割引で乗車できてしまうのです。

EX早特21の注意点

大幅値引きが受けられる EX早特21ですが、いくつか条件がありますので、利用にあたっては注意が必要です。

利用人数

1名から6名までの利用が可能です。

子ども用料金の設定なし

料金設定ですが大人設定しかありません。

中学生以上のお子さんがいる場合は割安ですが、小学生以下のお子さんがいる場合はEXのぞみファミリー早割のほうがお得になる場合があります

乗車時間に制約あり

乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席に限定されています

仕事や学校の事情や、夜遅くまで観光を楽しみたい場合は不向きなプランとなります。

EXのぞみファミリー早割のほうが割安な場合も

EXのぞみファミリー早割の概要

小学生以下のお子さんがいる場合や乗車時間を気にせずに利用したい場合は、EXのぞみファミリー早特のほうがお得になります。

EXのぞみファミリー早特のメリットとしては…

  • 3日前までの予約で利用可能
  • 土休日の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車 が割引に
  • 2名以上でご利用できてこども料金設定もあり
  • 週末の家族旅行などにおすすめ

 

EXのぞみファミリー早特の注意点

EXのぞみファミリー早特のポイントをまとめてみます。

利用人数2名から6名
利用期間忙時期(GW、お盆、年末年始)には設定除外日あり
販売期間乗車日の1ヵ月前(10:00)から3日前(23:30)まで購入可能
対象列車「のぞみ」普通車指定席・グリーン車

(そのほかの注意点)
・乗車券と特急券が一体となった東海道・山陽新幹線専用の商品です。新幹線乗車駅まで(降車駅から)在来線の運賃が必要です。
・予約した列車・設備に限り有効。他の列車には自由席も含め乗車不可
・日程事前変更は可能で手数料は無料。

スマートEXの特典も有効活用したい

スマートEXで予約すると観光スポットの料金割引を受けることができます。

例えば名古屋ならリニア・鉄道館。電車好きのお子さんには堪らないですねえ。スマートEXのチケットを見せるだけで2割引きで入館できてしまいます。

通常の入館料から、大人は200円、小中高生・幼児は100円引き
・大人:1,000円→800円
・小中高生:500円→400円
・幼児(3歳以上未就学児):200円→100円
 幼児(3歳以上未就学児)の場合はスマートEX会員の同伴であることが必要。

名古屋以外でも色々な施設で値引きが受けられます。

詳しくはスマートEXのHPをご覧ください。

最後に

ということで家族で割安で新幹線に乗れるスマートEXの活用方法についてまとめてみました。

他にも割安で新幹線に乗る方法はあります。

  • 株主優待を利用する
  • 金券ショップを利用する
  • こだまの割引サービスを使う
  • ヤフオクを利用する

などなど。でもJRからチケットを購入したほうが分かりやすいし、簡単だし、そして、一番安心できるんですよね。

まずはスマートEXの登録、そして、家族旅行で活用してみることをおすすめします。

-節約家族旅行