しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

格安SIM話題

総務省案に大賛成!スマホ分離プランについてワタシが感じたこと

スマホ契約分離法案が可決!

少し前の話になりますが、スマホと通信契約の分離法案が可決した、というニュースを見ました。

詳しくはこちらの日経新聞の記事をご覧ください。

この分離案とは、「ドコモで契約したらiPhone本体を0円!」というような割引をやめましょう、というもの。

通話料金とスマホ本体の料金を分けることで、分かりやすい契約とすることが目的です。

このスマホ契約の見直しには色々な見方があります。

【メリット】 これまで分かりにくかったスマホ本体の契約と通信回線の契約が棲み分けられる 。 契約内容が一般消費者にとって分かりやすくなる

【デメリット】 使いまわしするユーザーが増え、新しいスマホが売れなくなる。 3大キャリアが値下げになり、格安SIMにとって驚異となりうる 。

皆さんはどう思いますか?

基本的な立場は総務省案に賛成!

これまでのスマホ契約に対する総務省の改善策って、ユーザー目線で行われたものでなかったように思うんです。

スマホ本体の価格は値上りするし、ユーザーの負担が増えたり。

また、つい最近発表された4割値下げ案。ドコモの新しいプランを見ると、恩恵も受けられないユーザーも多々いる模様

総務省は一体なにを目指しているの?という感じでしたが、今回のスマホ契約の分離案は大賛成です。

契約内容は分かりやすくなりますしね、2年縛りなども改善される見込み。いやあ、一般消費者にとってメリットが大きいです。

分離プランの影響とワタシが考えること

このスマホと通信契約の分離については、特にネットでは賛否あるようです。

でも、ワタシは消費者にとっては有利になるほうが多いのではないか、と思うんですよね。

スマホが売れなくて困るのは誰?

確かにスマホメーカーにとっては、困るでしょうね。スマホを使いまわしするユーザも増えてくるでしょうから。

でも、消費者の立場にしてみたら、スマホがダブつくことで、安く買える可能性も高まりますね。

一括ゼロ円で調達したスマホを売って利益を出しているようなヘビーユーザーにとっては困るでしょう。

でも、そういう人は一部の人間だけと思うし、大半の人にとっては公平・公正になるのではないでしょうか。

格安SIMも淘汰されるのもやむなし

今回の改正により、3大キャリアの価格破壊が起これば、格安SIMの利用者が3大キャリアに流れるんじゃないか。そのようなことを指摘する専門家もいます。

でも、それはそれでいいじゃないですか。

ユーザにとって使い勝手のいいものだけが残ればいいんです。

というか、最近は安かろう悪かろうの格安SIMも増えている印象です。わがブログにもこちらの記事にはたくさんのコメントが寄せられています。

このようなMVNOはすぐに淘汰され、イイものだけが残るのであれば、格安SIMの信頼性も高まってくるはずです。

要望を挙げるならスマホのSIMフリー化を

基本的には賛成なんですけど、一点だけ注文をつけるとしたら、国内の端末は全てSIMフリー化して欲しいという点。

スマホと通信回線契約が別になったら、ユーザー自身で端末を別買いすることになりますよね。

このとき、今のように周波数帯の異なるスマホだと、せっかく買ったスマホで特定のエリアだけ通話できなかった、とか、スマホによってテザリングできないとか、VoLTE対応してくれないとか、そういうトラブルに出くわす可能性があるのです。

SIMロック解除、と一言で言っても、ある程度スマホに関する知識がないと手出しできません。

さらに、今後は5Gのサービスが開始となるなど、スマホのラインナップや契約形態が大きく変わることが予想されます。

これらの課題が解決となり、スマホの分離契約が一般化されていることを期待したいです。

最後に

ということでスマホの分離契約についてワタシの思うところをまとめてみました。

ちなみに私の場合は、SIMをUQモバイルで契約し、スマホは白ROM端末として、GALAXY S9を購入しています。

おお、まさに国が進めている施策どおりの運用。時代の先を行ってますね笑。

ただ、これを実現するためにワタシは一生懸命ネットで調査しましたよ。

一般消費者はマニアックな知識などを要しませんから、このような一般ユーザーに対してどのようなアプローチを行っていくかも課題でしょう。

また、先日発表されたドコモの完全分離プランでは、ハイスペックスマホが36回割賦で残価設定ローンのような組み方ができるようになるとのこと(Engaget日本版「分離プラン時代の購入補助は『36回割賦』、ドコモ「スマホおかえしプログラム」発表の記事)

今後の推移を見守りたいと思います。

-格安SIM話題