しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

スマホ

今後はお得なスマホセットを契約できなくなる?みなさんどー思いますか。

総務省からスマホ契約の新たな規制が?

先日ニュースを見ていたところ、こんな情報が流れてきたんです。

「端末購入条件」の通信料値引き禁止へ 総務省が電気通信事業法改正案

 総務省は、分かりやすい携帯電話料金の実現や、業界の競争促進に向けた電気通信事業法の改正案をまとめた。端末購入を条件にした通信料金の値引き禁止や、「2年縛り」などを念頭に、利用者の解約を妨げる条件提示の禁止を明記する。違反した携帯電話会社などは業務改善命令の対象とする。近く閣議決定し、今国会に提出する方針。
 現状では、新機種の購入とセットで通信料金を値引くプランが多く提供され、各社の通信料金そのものを比較することが難しいうえ、古い端末を使い続ける利用者は値引きが受けられない不公平さが指摘されている。

2019/02/23 06:00 毎日新聞より

要するに…

  • スマホ購入による通信料金値下げは禁止
  • 2年縛りの禁止
  • 違反した携帯電話会社は業務改善命令

これ以外にも、通信料金値下げのための抱き合わせ商法(固定光回線の契約)など事前届け出制などが挙げられています。

みなさん、これどう思います??

趣旨は賛成、でも…?

今回の法案の目的はこうです。

  • スマホユーザの保護
  • 分かりやすい契約内容
  • 利用期間や購入内容による公平性の確保

この趣旨は大賛成なんです。でも、規制の内容がちょっと違うのでは?と思う部分もあります。

スマホは自由に選べませんよ

今回の対応の根底には、ドコモで契約したスマホでauのSIMを挿して使える、といった、通信用SIMとスマホを自由な組み合わせで利用できるようにするという考え方があります。

スマホのロック解除ができるようになったのもこの流れがあります。

でも、どうしたって、キャリアとスマホが異なると利用に支障が出るから無理なんですよ。

例えば、Volteという仕様

4Gレベルで通話できる高品質のサービスですが、auVolteにdocomoスマホは対応していないっていうじゃないですか。

周波数帯だって、プラチナバンドといわれる周波数帯は、スマホによって対応できないものもあるんです。

ドコモのSIMをauのスマホに挿すと、山間部や地方の一部エリアで通話のアンテナが立たなくなるらしいです。

 

あと、au系の格安SIMの場合、2017年11月以降に発売されたau系のスマホなら使えるけど、これ以前に発売された場合はSIMロック解除しなければ同じau系スマホでも使うことができないわけなんです。

 

こんなマニアックな知識がないとスマホ選びに失敗してしまうという状況はどうなんでしょうか

小手先のことよりも、規格や仕様の統一など基本的な課題こそ最優先で解決すべき問題なのではないですかね。

詳細はこちらにも書いています。

 

悪質なMVNOこそ排除すべきでは(どことは言わない)

あと、ユーザー保護という観点では、格安SIMの中でも粗悪なMVNOがあるようです。

ワタシのブログでも「使用に耐えないぐらい通信速度が遅い」「解約しようにもコールセンターにつながらない」といった書き込みがたくさん寄せられています。

格安SIMの場合、つながるかつながらないかは実際に使ってみないと分からないリスクがあります。

このリスクをユーザ側が背負っているという状況をなんとかできないものか

また、解約の場合はウエブ上で手続きが可能にするなど、悪質なMVNOを排除し、ユーザ側に寄り添った対応を求めて欲しいところです。

 

ケータイショップ間の競争も阻害され、料金はむしろ割高に?

先日、ワタシも新しいスマホ契約にしまして、月額86円で3GBデータ通信+60分通話付きのスマホになりました。

これはUQモバイルのマンスリー割というサービスで、iPhone6Sと一緒に買うと通信費が割引になる、というものです。

驚異の割引の詳細はこちら!

当時から、総務省のチェックが入るために街のケータイショップはTwitterやブログで詳細なキャンペーン内容を公開できない、公開しても削除している、という話を聞きました。

このため、ワタシは一件、一件、電話したり、お店に出向いたりしたんですよね。

ユーザー保護の視点による規制なのに、ユーザが情報を集めにくい状況になってしまったんです

今回の政府の方針が適用されれば、こうした割引サービスも受けられなくなり、むしろ、スマホ料金は割高になってしまうんですよね。

ユーザー保護により、スマホ代が値上りしてしまう…そんなバカなことがあるんですかね

最後に

ということで、 電気通信事業法改正にまつわる疑問をまとめてみました。

専門家が集まる場で議論されているとは言いますが、ユーザー側の感覚とはちょっとズレてる感は否めませんね。

今後の充実したスマホ環境の見直しに期待したいです!

-スマホ