格安SIM話題

スマホ代が4割値下がりしても私には関係がない理由

菅内閣が誕生して以降、スマホ代金の値下げが話題になっています。

ヨメちゃん

スマホ代が値下がってくれると節約になって家計も助かるわよね。

新しく武田総務大臣もスマホ代金の値下げは絶対にやると断言しています。

スマホ代金が4割下がれば貯金や飲み代に使える…そう思う方もいると思いますが、ワタシの考え方はちょっと違います。

というか格安SIMを使っているリテラシーの高いユーザにとっては、全然関係のない話なんです。

スマホ代金値下げの矛盾
  • 格安SIMユーザに関係なし
  • 調査方法にも疑問あり
  • そもそも外国と比べて割高?
  • 認可とは言え国がなんで口を出す?

スマホ値下げ圧力の不思議

本当にスマホ代金は高いのか?

私に言わせると、今使っているワタシのスマホプランは3GB+60分話し放題付きで月1120円程度です。これって高いですかね?

ワタシ

使っているのはUQモバイル。品質も高いし値段は安いし超おすすめです。

ここから本当に4割安くなるんなら、菅首相の方針も大賛成。でもそうはなりませんよね。

3大キャリアが値下げの標的に

主に値下げの対象は3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)です。

でも少し賢いユーザなら…

格安スマホ店員

3大キャリアなんて使わずに格安SIMを使うよね。

3大キャリアなら月額7000円から8000円程度のスマホ代金(月額)。格安SIMならデータ通信3GBプランでも1600円程度です。

こんなに価格差があるのに3大キャリアを使いたいという方はいるわけです。

値段が高いということを納得して契約しているのに、国が横から口出しして値段を下げろ、というわけですよ。

スマホ代金を節約しようと、勉強したり、工夫するひともいます。

でも、国は何も考えずに何となく契約しているユーザや3大キャリアのメリットを感じて納得して契約しているユーザを厚く手当てしてあげようとしているのです。

ここにワタシは最大の矛盾を感じます。

国内のスマホは本当に高いの?

日本のスマホ代は本当に高いのか、という疑問もあります。よく用いられるのが諸外国との比較です。

少し前の話となりますが、総務省は6月30日に電気通信サービスに係る内外価格差調査を発表しています。

この調査結果を読むと色んな疑問を感じます。

調査結果の疑問
  • 外国と比べてめちゃ高いとまでは言えないのはないか?
  • 為替レートは103円とかなりの円高で計算されている
  • 品質やサポート、サービスなどの違いは考慮せず

通信費用の比較

この資料によれば、海外との料金比較で以下のとおりとなっています。

クリックすると拡大します。

これは3大キャリアの中で最も安いプランと諸外国のスマホ代金を比較したものです。20GBでは高いかもしれませんが、2GB、5GBでは概ね平均となっています。

なお、ここでの比較は契約と同時についてくる割引のみが考慮され、不定期に行われているキャンペーンは金額比較には考慮されていないとのことです。

為替レート

為替レートですが、例えばドル円は103円とやや円高に、ユーロは137円から139円とやや円安に計算されています。

クリックすると拡大します

購買力平価ではより生活実感に近い値が求められるとのことですが、本当にそうなんでしょうかね。

品質・サービスの差

データ通信サービスの品質は日本は高いとされます。例えば4G接続率は日本では98%程度、ドイツやイギリスなどでは85%程度です(iPhone Mania「日本のスマホ料金は通信品質を考慮すると高くない、ICT総研が6カ国比較調査」より)

また、対面窓口やサポート機能などの比較もされていません。

格安SIMユーザ

金額だけはなくて内容も比較しないと正確に高いか安いかは判断できないよね

スマホ会社の競争力を高めるためには

スマホ事業の競争を確保する主旨は大いに賛同するのですが、それは料金だけの問題ではないです。例えば格安SIMへの移行を促すのであれば…

  • 格安SIMのデータ通信の品質確保する
  • MNP移行手続きを分かりやすくする
  • スマホのデータ移行を簡単に

格安SIMに切り替えて本当に大丈夫か、切り替えのやり方が分からない…こうした一般ユーザ側にたった制度の推進が必要なのではないでしょうか。

最後に

ということで今日はスマホ代金が4割削減されても我が家には関係がない理由をまとめてみました。

スマホ代が節約できないと分かったので、暴落している通信事業者を買いましたが…

ワタシ

いやあ、NTT株でも含み損状態ですわ(苦笑

なかなかうまくいかないものです…

【朗報?】総務省がMNP転出手数料を一部無償化に本当にスマホ代は安くなるのか? 今日は総務省が発表したMNP転出手数料の無償化についてまとめてみたいと思います。 安倍首相が辞任した後の菅首相もスマホ代金値下げ...
国民生活センターが格安スマホに注意喚起! 国民生活センターが格安スマホ会社に、もっと分かりやすい説明をするように、という注意喚起があったらしいです。 “格安スマホ”の利用...
新しい格安SIMはUQモバイルに決定!ワタシがUQモバイルにMNPした3つの理由と注意点をまとめてみました UQモバイルにMNPしました! ワタシの自慢のスマホもいよいよ契約から25か月目が経過しようとしていました。このままいくと契約が...

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください