スマホ

【格安SIM】スマホ代は高い?料金よりもスマホユーザが真に求めていることとは?

今日はスマホ代金額の見直しのお話です。

よめちゃん

確かに世の中、スマホ代高いって言うわよね。

ワタシ

我が家は格安SIM使っているし、全然家計への影響はないけどね。

前回のエントリーでお知らせしたとおり、菅首相が掲げるスマホ代4割値下げについては、格安SIMをフル活用している家族には全然関係がない、というお話をしました。

スマホ代が4割値下がりしても私には関係がない理由 菅内閣が誕生して以降、スマホ代金の値下げが話題になっています。 ヨメちゃん スマホ代が値下がってくれると節約になって家計も助かる...

そんな中、国では国民の消費者代表から最近のスマホ事情についてヒアリングが行われたとのこと。その内容についてワタシが感じたことを書きます。

今日のブログのポイント
  • スマホ代値下げは二の次、三の次だった?
  • 消費者が求めているスマホサービスとは?
  • ワタシのスマホ会社に求めることは?

この辺りを中心に話を進めて行きたいと思います。

スマホ代よりも優先順位が高いもの

まずネットに流れてきたニュースを引用します。ソースはENGAJET日本版の記事、実は「携帯値下げだけが課題ではない」 武田総務相が消費者団体と意見交換です

詳しくは本文をあたってもらえればと思うのですが、時間がない人のために要約するとこんな感じです。

  • スマホ代に関して、国は消費者との意見交換を行った。
  • ヒアリングでは、スマホ代が高くて困るという意見は少なかった
  • 目立った意見はスマホプランが複雑で分かりにくいこと
  • 筆者はスマホリテラシの低さにも問題があると指摘
  • 格安SIMへの乗り換えの仕方も分からないという意見も根強く残っている

総務大臣は、スマホプランが複雑で分かりにくいという意見が印象的だった、と感想を述べていますが、ワタシに言わせればこのこと自体庶民感覚がないという印象です。

この人は自分でスマホ契約をしたことがないんでしょうかね?

これぐらいの認識でスマホ代を安くすべきとした政府の発言には首をかしげたくもなります。

少なくとも通信株暴落を食らった株主たちは暴動を起こしても良いレベルだと思いますよ。

ワタシ

僕は見越してNTT株やKDDI株を買いましたけどね、おかげで含み益でてます笑

真のスマホ契約の問題点

3大キャリアは格安SIMよりも品質や窓口サービスに優れています。多少割高でも好んで使う人もいるでしょう。

コストのことを考えれば格安SIMを申し込めば済むことになります。

よって、格安SIMに移行しやすい環境を整備してあげることで価格競争も起きてスマホ代が自然に値下がり傾向につながっていくのではないでしょうか。

また、ネットの記事の中では、リテラシーの問題をとらえていますが、ワタシに言わせればリテラシーの問題よりも、もっと大事なことがあると思っています。

それはデータの移行と契約後のリスクに対する対応です。

面倒なデータ移行作業

スマホの活性化を図るときに一番面倒なのはデータ移行作業です。スマホを買い替えるときに必ず必要な作業です。

スマホ会社間での乗り換えや格安SIMへの移行を図るなら簡単にデータを移行できるツールの標準化や開発に努力を灌ぐべきではないでしょうか。

契約後のリスクは事業者側が負うべき

格安SIMへの移行で心配されるのは契約した後の品質

スマホのデータ通信は「ベストエフォート型です」の一言でなんでも許されてしまいます。でも、通信速度って、エリアや時間帯によって違うから、実際に使ってみなければ分からないわけです。

で、プランによっては途中解約できないになっていて、どうしても使えないときに解約する場合は消費者負担になってしまいます。いわば、通信の品質のリスクを消費者側が負っているわけ。

例えば、契約後1か月間は自由に解約できる、といったルールを作って、気軽に格安SIMを試せる環境を整えてはどうかと思います。

ウェブでの解約を必須とする

MNPの発行や解約手続きは電話でのみ対応する事業者もいますが、いざ、解約しようとしても電話がつながらない、解約したいけどできないというトラブルも多発しています。

このような事業者即営業停止にしてもらいたいものですが、まずは解約やMNPなどの手続きはウェブ上でできるように義務化をしてもらいたいです。

最後に

ということで、今日はスマホ代値下げよりも大切な通信環境の整備についてワタシの思うところをまとめてみました。

最近はワンコインで使える今はエントリー版などで試せる格安SIMもありますからね、こうした流れが促進されると良いと思いますね。

多くの人たちがどうすれば安心して格安SIMを使えるか、この問題を優先して考えれば、スマホ代競争も自然に解決への道をたどることができるのではないでしょうか。

スマホ代が高い高いと思う方向けの関連記事です。

【格安SIM】2020年10月時点で比較してみた!スマホキャンペーンの実施状況 今日は節約の王道、格安SIMのキャンペーン実施状況についてまとめてみます。 ワタシ ワタシも来年の1月で2年縛りが終了。次のスマ...

昨今のスマホ騒動でもってスマホ代金よりも早く値下げしたスマホ関連株を買ってみました。

【高配当株投資】スマホ関連銘柄の株価はどこまで下がる?NTT、ドコモ、KDDI、ソフトバンクは買いか? 下馬評どおり、菅官房長官が自民党総裁に選ばれました。早ければ9月16日の臨時国会で首相指名され、第99代目の総理大臣誕生となります。 ...

最近の格安SIMでは日本通信のWスマートプランがおすすめですねえ。

【格安SIM】超お得な日本通信のWスマートプランを徹底チェックしてみた! 今日は、最近、ネットニュースで話題の格安SIM、日本通信のWスマートプランをご紹介します。 ワタシ スマホ代の見直しこそ、家計の...

  

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください