しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

気になるポイント

メトロポイントをANAマイルに交換してみた

メトロポイントをANAマイルに交換!

今年の目標のひとつにANAマイルを貯めて旅行に行く、というものがあります。昨年から貯めてきたJCBのOKIDOKIポイント。メトロポイント経由でANAマイルで交換したほうがお得な場合があります。

今日は、今年の目標を達成するための最後のステップ、メトロポイントからANAマイルへの交換についてまとめてみます。

キャンペーンの適用を無事受けることができ、今年の1月にOKIDOKIポイント約6500ポイントをゲットすることができました。

そこで、次のステップは二つあります。

OKIDOKIポイントは、(1)通常のポイントと(2)ボーナスポイントの2種類あります。

(1)については、そのままANAマイルに変えて問題ないのですが、(2)のほうは還元率が下がってしまうのです。

そこで(2)については、OKIDOKIポイントからANAマイルではなく、メトロポイントに交換した後に、ANAマイルに交換したほうが還元率は高くなるんです。

誰がこんな複雑なルールにしたんだ??と怒っても仕方がありません。

一番還元率が高いメトロポイントに交換することにしたんです。

ANAマイル交換時の注意点

メトロポイントに2か月ほどかかる

まだか、まだかと待ち焦がれていたのですが、3月上旬になって、やっとメトロポイントに交換することができました。

申込をしたのが1月中旬だったので、約2か月間かかることになります。ANAマイルを使う予定があるのならば、できるだけ早めに手続きを行うこととしましょう。

メトロポイントからANAマイルへの交換はウェブで

ANAマイルへの交換はネットで行います。操作は比較的簡単です。

メトロポイントのサイトを開き、ログインします。

メトロポイント移行申請をクリックします。

次に交換するポイントの指定を行います。

ここでANAマイレージクラブを選択します。

そして、移行メトロポイント数に入力して入力内容を確認を押下。確認画面をみていただいて問題なければ手続きは終了となります。

移行時の注意点

ポイント還元率

ポイント還元率は90%と高率です。

ポイント交換上限

1回につきポイント交換できるのは2万ポイントまでです。これ以上ポイント交換をしたい場合は翌月まで待たなければなりません。

手続完了期間

ポイント移行申込を行ってから完了するまでは約1から2か月かかるとのことです。

貯まったマイルは3万マイル超

今回のソラチカカードのキャンペーンを上手に利用した結果、ANAマイルは合計31,231マイルとなりました。

マイルの交換レートを見てみますと、東京からは秋田、名古屋、大阪あたりはローシーズンで5000マイル(片道)。レギュラーシーズンでも6000マイルです。

ANAホームページより抜粋

なので、時期を選べば、家族3人分の飛行機代(往復)がペイできてしまう、ということになります。

上記の場所のほか、沖縄などの離島を除いたエリア(九州、四国など)はローシーズンは6000マイル、レギュラーシーズンは7500マイルとなり、大人二人分の飛行機代に充てられることになります。

いやー、ANAマイルはなかなかのポイントプログラムですねえ。

最後に

メトロポイントからANAマイルへの交換はまだ始まったばかりですが、なかなか時間がかかりそうです。まあ、根気よく手続きを進めていきたいと思っています。

それにしてもポイントの種類が多すぎて困りますね。

ただ、時点では、ポイントプログラムを極めることが節約の第一歩であると言っても言い過ぎではありません。

約12か月で、ポイント付与のステップまでにたどり着きました。まだまだ、ANAの予約を取るまでには時間がかかりそうですね。

-気になるポイント