米国株

【米国株】高配当ETF SPYDについて調べてみた!組入銘柄やパフォーマンス比較などを評価

米国株ETFのSPYDを調査してみた

ワタシは、あまり米国株のETFには興味がないのですが、高配当ETFとなればその名前だけでもとても気になってしまうんです。

最近の米国株は堅調ながらもSPYDというETFが配当利回り4.47%まで上昇してきた、という話をこちらのブログの方から知りました。

1億円貯めて会社をスパッと辞めるブログ

いつも貴重な情報、ありがとうございます\(^ ^)/

で、ワタシも気になってこのETFのことを調べてみることとしました。

SPYD購入のメリット
  • 少額でも80銘柄に分散投資できる
  • 分散投資により個別銘柄リスクを下げられる
  • 銘柄選別をする手間が省ける
  • 米国株の高配当を受け取ることができる

SPYD ETFとは

SPYDとは、S&P500銘柄のうち高配当80銘柄からなるETFです。配分割合は約1.25%と均一となっており、S&P500高配当指数をベンチマークとしています。

配当利回りは概ね4%超。最近は株価下落に伴い4.4%を超えている状況です。

ワタシ

4.4%ってワタシがいつもヒイヒイ言いながら銘柄選別している条件じゃないか~

 

組入れ銘柄ももちろんファンド側でやってくれますから、ワタシ達は手間をかける必要なし。それでいて、手数料は0.07%と超格安

ヨメ

これなら素人のワタシにも投資を始められそうね

SPYDの全組入れ銘柄と配当利回り、連続増配を調べてみる

で、気になるのはどんな銘柄がSPYDに組み入れられているの?という点。

そのサイトを見ても組入れ上位銘柄しか表示されていないんですよね。また、各銘柄の連続増配とか配当利回りも気になりますので、いっそうのことリスト化してみました。

Name Identifier Sector PRICE DIVID YIELD YEAR PF
Newell Brands Inc NWL Consumer Discretionary 17.82 0.23 5.34 2
Crown Castle International Corp CCI Real Estate 143.48 1.125 3.02 4
HCP Inc. HCP Real Estate 35.21 0.37 4.16 0
Seagate Technology PLC STX Information Technology 54.78 0.63 4.64 0
Campbell Soup Company CPB Consumer Staples 44.59 0.35 3.14 0
Ventas Inc. VTR Real Estate 73.93 0.7925 4.21 1
Welltower Inc. WELL Real Estate 90.21 0.87 3.81 0
Entergy Corporation ETR Utilities 112.59 0.91 3.21 4
Iron Mountain Inc. IRM Real Estate 33.43 0.611 7.32 1
Western Union Company WU Information Technology 23.3 0.2 3.41 4
Realty Income Corporation O Real Estate 75.25 0.2265 3.54 19
Western Digital Corporation WDC Information Technology 62.75 0.5 3.21 0
AT&T Inc. T Communication Services 36.79 0.51 5.6 14
Kellogg Company K Consumer Staples 64.17 0.57 3.5 14
Digital Realty Trust Inc. DLR Real Estate 128.09 1.08 3.25 13
Duke Energy Corporation DUK Utilities 93.72 0.945 3.98 6
Southern Company SO Utilities 59.02 0.62 4.09 17
FirstEnergy Corp. FE Utilities 46.92 0.38 3.21 0
Verizon Communications Inc. VZ Communication Services 58.66 0.615 4.08 14
Weyerhaeuser Company WY Real Estate 26.88 0.34 5.09 7
ONEOK Inc. OKE Energy 73.67 0.89 4.83 16
Nordstrom Inc. JWN Consumer Discretionary 32.77 0.37 4.76 0
CenturyLink Inc. CTL Communication Services 11.96 0.25 10.93 0
Dominion Energy Inc D Utilities 76.67 0.9175 4.7 15
General Mills Inc. GIS Consumer Staples 55.59 0.49 3.57 15
Regency Centers Corporation REG Real Estate 68.39 0.585 3.45 5
Kimco Realty Corporation KIM Real Estate 19.76 0.28 5.79 8
Edison International EIX Utilities 71.12 0.6125 3.44 14
PPL Corporation PPL Utilities 29.35 0.4125 5.52 19
Kinder Morgan Inc Class P KMI Energy 20.41 0.25 4.41 1
AbbVie Inc. ABBV Health Care 66.7 1.07 6.25 5
Cardinal Health Inc. CAH Health Care 46.82 0.4811 4.08 19
Eaton Corp. Plc ETN Industrials 84.85 0.71 3.35 5
CenterPoint Energy Inc. CNP Utilities 28.78 0.2875 4 13
SL Green Realty Corp. SLG Real Estate 82.72 0.85 4.16 7
Phillips 66 PSX Energy 102.17 0.9 3.37 6
Vornado Realty Trust VNO Real Estate 62.82 0.66 4.16 0
Leggett & Platt Incorporated LEG Consumer Discretionary 40.42 0.4 3.95 5
Broadcom Inc. AVGO Information Technology 292.61 2.65 3.32 0
Carnival Corporation CCL Consumer Discretionary 47.61 0.5 4.37 4
WestRock Company WRK Materials 35.95 0.455 5.18 3
General Motors Company GM Consumer Discretionary 39.58 0.38 3.92 0
Simon Property Group Inc. SPG Real Estate 158.21 2.1 5.42 8
Huntington Bancshares Incorporated HBAN Financials 14.17 0.15 3.95 8
International Business Machines Corporation IBM Information Technology 142.6 1.62 4.54 19
Molson Coors Brewing Company Class B TAP Consumer Staples 55.87 0.57 3.22 0
Host Hotels & Resorts Inc. HST Real Estate 17.14 0.2 4.67 0
Kohl’s Corporation KSS Consumer Discretionary 51.73 0.67 5.27 7
Exxon Mobil Corporation XOM Energy 71.49 0.87 4.77 36
Chevron Corporation CVX Energy 119.39 1.19 3.97 19
Regions Financial Corporation RF Financials 15.45 0.155 3.72 6
KeyCorp KEY Financials 17.67 0.185 3.93 8
MetLife Inc. MET Financials 46.4 0.44 3.72 6
Harley-Davidson Inc. HOG Consumer Discretionary 34.4 0.375 4.33 8
Ford Motor Company F Consumer Discretionary 9.54 0.15 6.29 1
Coty Inc. Class A COTY Consumer Staples 10.27 0.125 4.87 0
Interpublic Group of Companies Inc. IPG Communication Services 21.07 0.235 4.34 6
LyondellBasell Industries NV LYB Materials 81.46 1.05 5.03 5
Williams Companies Inc. WMB Energy 24.68 0.38 5.83 1
Macerich Company MAC Real Estate 31.75 0.75 9.45 1
Valero Energy Corporation VLO Energy 79.38 0.9 4.41 8
International Paper Company IP Materials 40.16 0.5 4.98 9
Principal Financial Group Inc. PFG Financials 56.01 0.55 3.87 10
People’s United Financial Inc. PBCT Financials 15.4 0.1775 4.58 11
Nielsen Holdings Plc NLSN Industrials 21.67 0.35 6.46 3
Gap Inc. GPS Consumer Discretionary 17.96 0.2425 5.4 1
Altria Group Inc MO Consumer Staples 44.04 0.84 7.3 9
Occidental Petroleum Corporation OXY Energy 44.97 0.79 6.86 5
Hanesbrands Inc. HBI Consumer Discretionary 15.06 0.15 4.25 0
H&R Block Inc. HRB Consumer Discretionary 24.2 0.26 4.17 3
Schlumberger NV SLB Energy 36.23 0.5 5.85 0
Philip Morris International Inc. PM Consumer Staples 73.3 1.14 6.22 10
Kraft Heinz Company KHC Consumer Staples 28.08 0.4 6.69 1
Dow Inc. DOW Materials 44.45 0.7 3.15 0
Invesco Ltd. IVZ Financials 16.41 0.31 7.43 9
Prudential Financial Inc. PRU Financials 84.2 1 4.63 10
Tapestry Inc. TPR Consumer Discretionary 24.29 0.3375 5.56 2
Helmerich & Payne Inc. HP Energy 41.72 0.71 6.81 19
Macy’s Inc M Consumer Discretionary 16.18 0.3775 9.81 0
L Brands Inc. LB Consumer Discretionary 17.87 0.3 8.98 0

 

DIVIDは直近四半期の配当金額、YIELDは想定配当利回り、YEARは連続増配年数を示しています。

また、PFはワタシが今保有している銘柄ですね。

数値が何となくずれているような気もしますが、google spreadsheetのFinance関数で自動表示させています。気になる銘柄があれば、直接ソースを確認してみてください。

気になるところでは、やはり有名な高配当銘柄が含まれている点。

公益株などは、SO、PPLなどワタシの保有銘柄のほか、D、HPなどが組み入れられています。また、Kellogg CompanyとかDow Inc.、 Harley-Davidson Inc. FORDなど、高配当だけに偏っておらず、セクターウェイトもバランスが取れている印象です。

いやあ、このETF、いいですね~

SPYDとわが高配当ファンドとの比較

で、ワタシは米国株連続増配銘柄だけを購入した高配当ファンドを運用中。毎週パフォーマンスを記録しているのですが、この高配当ファンドとSPYDとどちらのパフォーマンスが優れているかを調べてみました。

その結果が上図のとおりです。年数を揃えるために、2015年12月末を基準日として、2019年9月までのパフォーマンスを比較しています。

また、我が高配当ファンドは期間中追加投資をしていますが、修正ディーツ法に従ってパフォ―マンス計算を行っています。

上図のとおり、バラつきがあるものの、2019年9月末時点では以下のとおりとなりました。

  • SPYD→30.87%
  • マイポートフォリオ→28.27%

ということで結果はSPYDの圧勝。

ワタシは毎月ウンウンうなりながら銘柄選定をして、買いのタイミングなどを計ったりしているのですが、基本放りぱなしのSPYDに成績では劣ってしまっています

ただ、これにはワケもありまして。

我が米国株高配当投資は円建てで計算しており、SPYDは米ドル建てでパフォーマンスの計算をしています。

2016年以降、ドル円は120円を超える円安状態だったものが今や106円台まで円安が進行しているのです。それだけワタシのほうが条件が厳しかった、と言えます。

なので、ワタシの運用手腕もまだまだ捨てたもんじゃない、ということです!

ヨメ

まったく、強がりばっか言って!ETFで十分じゃない?

  

今後もETFは買わずに米国株個別銘柄で勝負する

では、今、ワタシがこのETFを買うか、というと多分買わないでしょう。

  • 保有している個別銘柄が公益株などディフェンシブ銘柄が多く、SPYDの特徴と被るから。
  • 米国株は毎月インデックスファンドで積立てを行っているから。
  • インデックスに負けない運用とするためのスキルを身に付けたいから。

もう少し運用してみて、SPYDのパフォーマンスに勝てないということが明らかになったとき、今、保有している米国株を売ってSPYDに乗り換えたいと思っています。

最後に

ということで、SPYDの概要とワタシの投資判断についてまとめてみました。

ワタシのように個別銘柄を買わなくても、S&P500に近いパフォーマンスをあげられるわけですから、米国株に投資したいけど、やり方が分からないという方には超おすすめですね。

 

 

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。