住宅設備関係

ニトリや無印に負けない!キッチンに収納棚をDIYしてみた!

今日は、我が家の家電の収納についてまとめてみます。

先日からいっぱい家電を購入していますが、困るのは収納場所。最近我が家で購入した家電はこんな感じなっています。

  • 小型冷凍庫
  • 電動かき氷機
  • コーヒーメーカー

そう、全て台所用品なんです。でも、台所って収納場所が少ないんですよね。

また、家電のサイズにあった収納棚ってあまり売っていないですし。

収納棚自体も値段が高くて困ってしまいます。

ワタシ

収納棚にお金を掛けるぐらいだったら家電を買いたいよね

ということで、今日は家電を収納するための家具はDIYするに限る、というお話をしたいと思います。

DIYのメリット

今回作った家電の収納棚はこちらです。

まあ、手作り感満載ですが、私としてはとても気に入っています。

DIYした理由としては…

  • キッチンは狭くて収納する場所が少ない
  • タオル類やビニール袋、エコバックなどの量が増えて散乱
  • 家電が増える
  • 小型冷蔵庫を買ったが置く場所がない(←とどめ)

そんなわけで収納棚をDIYしよう、ということになったわけ。

よめちゃん

普通は置き場所を考えてからモノを買うんだけどね。

DIYのメリット

DIYのメリットとしては…

  • お金がかからない
  • 自分の好きなサイズの収納棚を作れる
  • 作ること自体が楽しみ

お金に関しては家具を買うよりも安いは確かでしょうが、木材の種類によってはお金がかかるのでめちゃめちゃ格安とは言い切れません。

慣れてくると廃材を使ってDIYできちゃいます。今回ワタシが買った木材は…

  • ファルカタ材 400×13×910mm 1,298円×2枚
  • 角材 1820×18×30mm 10本 165円×10本

この2種類ぐらいで計3000円ぐらい。あとは昔から家に保管しているSPF材やパイン材、ビスは流用しました。

DIYはどんな棚を作るのか考えている時間が楽しいですし、作る作業自体も楽しいのです。お子さんと一緒に作るのもいいかもしれません。

うちの子は手伝ってくれなかったけどね。

長女ちゃん

夏休みの宿題が忙しいからーーー(←言い訳)

DIYを成功させるための3つのポイント

DIYを成功させるために必要なことは…

  • 道具をそろえる
  • 設計図を書く
  • もれなく材料を買う

最近はホームセンターで木材のカットをしてくれます。なので、必要な工具はドリルぐらいではないですかね。

設計図も手書きでイメージするだけ。できるだけシンプルなデザインとして楽に作れるような設計にするのも大事です。

そして、ホームセンターに行くときは買い漏れや買い間違いがないように板のサイズや枚数をメモしておきましょう。

設計のコツ

設計するときのコツとしては…

  • できるだけシンプルにする
  • 30cm、45cmなど木材を切らずにそのまま使えるサイズとする
  • 補強材を忘れずに

私はド素人ですし、DIYに数日間もかける時間的な余裕もありません。

なのでできるだけシンプルに、そして棚のサイズも木材を切らずにそのまま使えるような設計としました。

また、電化製品は重みもありますので、重さで収納棚が変形したり、壊れたりしないように、補強材を何本かいれています。

こうして構想期間1週間、製作時間約2時間で収納棚が完成となりました。

DIYのデメリット

DIYのメリットの一方で当然デメリットもあります。

  • 作るのが苦手、めんどくさい
  • 忙しい、時間がない
  • 失敗すると余計にお金も時間もかかる
  • 道具からすべてそろえると結構なお金がかかる。

こう思う人は最初からニトリや無印で収納棚を購入したほうがよいですね。

個人的にはこんなデメリットはあっても、メリットのほうが大きいので、DIYにチャレンジしています。

わが家の収納棚の概要

ということで我が家の収納棚の様子をお届けしましょう。本当は改善前の状態をお示しするところですが、公開できるような状態ではなかったことをお察しください…

下段には今回購入したアイリスオーヤマの小型冷蔵庫です。小型とは言え、場所は意外と取ります。

ワタシ

採寸間違えてゴミ箱が入らなくなった、というのは内緒のハナシね。

中段には使用頻度が高い家電を設置。

そしで上段にはクスリやビニール袋などの収納ケースを設置しました。

収納棚の幅は910mm、奥行きは450mmです。それぞれの棚の高さは450mmを確保しています。窓を殺したくなかったのでゆったりとした作りです。

収納もスッキリとして印象で悪くないですね。

これまではデッドスペースになっていた上部の部分も棚として活用することができました。

棚の足の部分、ちょっと浮いているように見えますが、一応、ダボで固定しています(撮影後にピッタリさせました)。

こんな感じで棚板にも補強材2本を入れています。これで十分かどうかは…時間が経てば分かることでしょう笑

最後に

ということで今日は、キッチンに家電を置くための収納棚をDIYで作ってみた様子をお届けしました。

そこらへんのお店で売っている家具に比べたらデザインでは劣りますが、機能性や収納力、そして愛着の深さでは負けません。

皆さんも是非DIYにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

ABOUT ME
うえつん@便利家電大好きサラリーマン
管理人:うえつん@便利家電大好きサラリーマン ◎便利家電をホンネでレビューするブログの管理人。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 家電は大好きで少ないお小遣いの中から、便利な家電を買いまくる。 好きな家電は時短につながる神家電。また、独自の調査で工夫して価格を抑えて便利に使える家電も大好き。 家電の次に好きなものは、馬券、そして、飛び地。読書も大好き。 家電と言いながら家電以外の便利商品も記事にしてますが、ご了承ください。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください