しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

読書感想文

「すごい朝時間術」を読んで朝型の生活に切り替えることにしました

2019/06/15

すごい朝時間術を読了!

おはようございます、うえけんです。今時間は、朝5時43分です。

ワタシの今年の目標の一つに、朝型の生活、というものがあります。理由は、とにかく日中は忙しいので、早起きして自分の時間にしてしまおう、という魂胆です。

この「すごい朝時間術」は、朝30分早く起きて、他の人と人生の差をつけてしまおう、というのがメーンテーマ。

ワタシ
おお、意外とワタシと同じ考え方だにゃあ~

 

ということで今日は、石川和男氏著「すごい朝時間術」をレビューしたいと思います。

朝型の生活に切り替えよう!

このブログをお読みの方の中にも、朝型の生活に切り替えたいとか、もっと時間を効率的に使いたい、と思っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

ワタシは今年の4月から朝5時30分までに目を覚ます習慣をつけるようにしました。

でも、結局、ベッドの中でスマホいじったりして朝の時間を効率的に過ごすのって結構難しいんですよね。

このすごい朝時間術は、まさにこの朝の時間を効率的に使う意義、やり方をまとめた本なのです。

早起きを実現するためのコツとは

「すごい朝時間術」によると、朝早く起きるためのコツは以下のとおりまとめることができます。

目標を設定する

朝型の生活にしたい、自分の時間が欲しい、そう思っている人は、きっと何かの目的があるに違いないです。

なので、朝型の生活にすることで何を達成したいのかを明確にすることです。

さしずめ、ワタシは毎日ブログを更新することにあります。

資格を取得したい、本をたくさん読みたい、などなど人によって目標は異なるでしょうから、その目標を明確にすることから始めてみましょう。

無駄なものをたくさん捨てる

朝型の生活に切り替えるためには規則正しい生活のリズムが大切です。そのためには、生活のシンプル化が必要です。

  • ムダな時間の浪費を捨てる
  • 無駄な趣味を捨てる
  • 残業を捨てる
  • 無駄な人付き合いを捨てる

本書ではこんなものを捨てて生活をよりスリムにしましょう、とあります。

お金で時間を買う

生活のスリム化と似ていますが、時間をお金で買うことが必要だと筆者は説きます。

ワタシも同意見で、ここまで色々な時短の家電を購入してきました。乾燥機付き洗濯機や食器洗い乾燥機などなど。

筆者のように、移動はタクシーで電車はグリーン車で、というわけにはいかないと思いますが、お金で時間を買えるようなものがないか、日々思いめぐらすことが大切ですね。

早く起きの効果を実感する瞬間

ワタシがわざわざ朝早く起きてブログを書くのは、とにかく一日まとまった時間が取れないからなんです。

会社から帰って保育園に子どもを迎えにいき、そのまま夕飯を食べて、お風呂に入れて、そして、寝付かせする、ここまでだいたい夜9時30分ごろ。

そして、そのまま眠い目をこすりながらパソコンに向かうも集中力は、ほぼなし。

でも、朝は気持ちもスッキリしていますし、とにかく、会社に行くまでの時間内として限定されているから、ダラダラとブログを書いているわけにもいきません。

朝型の生活の効果は自分のやりたいができるまとまった時間ができるだけではありません。やりたいことが短時間でなし遂げられるという効果もあるのです。

最後に

ということで「すごい朝時間術」のレビューを行いました。本書の中身は、朝時間の効率的な活用についてメーンに書かれていますが、それ以外は、資格試験や昇進試験などの勉強術もたくさん触れられています。

ワタシなんざ、出世する気持ちもさらさらないですし、資格試験を受ける予定はありません(ちょっと興味のあるものはありますが)。

それでも、自分のやりたいことをイメージしながら、より効率的に朝の時間を活用する方法はないか、と考えながら読むと色々な発見があります。

ぜひみなさんも、この「すごい朝時間術」を読んで、朝時間の活用方法について考えてみることをおすすめしますよ。

 

-読書感想文