しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

節約

10月1日から1箱500円に値上げへ それでも「タバコをやめるといいことがたくさんあります」のウソ

2018/09/29

タバコをやめるといいことはあるのか?

先日、タバコ外来の広告をたまたま目にしたんです。そこにはこんなことが書いてあったんですよね。

禁煙をするとこんないいことがある

  • 味覚、嗅覚が改善します
  • 心臓、血管、循環機能が改善します
  • 咳や息切れが改善します
  • 心疾患、肺がんのリスクが減ります。

おそらく医学的にはそうなんでしょう。ただ、ワタシはタバコをやめて6年目に入りますが、このようなメリットは全然感じられませんでした

タバコをやめるとご飯がおいしくなると言われますけど、そんなこともなかったですしね。もちろん、ヨメの料理がマズイというわけでもありません(一応フォロー)。

タバコを吸わないことは身体に良いことに間違いはないんでしょうけど、「ああ、循環機能が改善したわ~」とか実感はまるでないんですよね。

いわば、タバコをやめた当初は、そのメリットをあまり感じないのに自分と戦わなくてはならないツライ時期なんです。

タバコをやめて感じた真のメリット

klimkin / Pixabay

じゃ、タバコをやめて何もメリットを感じなかったのか?

そんなことは全くありません。ワタシも最低でも1日1.5箱、雀荘なんかいくと普通に2箱ぐらい吸っていた時期もありました。

そんなワタシがタバコをやめて感じたメリットはこんな感じです。

お金が減らない

タバコをやめて実感したのは財布の中のお金の減りが遅いことです。タバコを吸っていた時は湯水のごとくお金が減っていました。

あまりの差に自分の出費の中でタバコの占める割合がいかに大きかったかを改めて思い知らされました

タバコも今や1箱500円まで値上りしていますからね、1日1箱吸うとして月15,000円かかるわけです。これを貯金出来たら大きな節約ですよ。

タバコ中心の生活から脱却できる

タバコ好きな時期は、常にタバコを吸えるところを探してしまいます

例えば出張先のビル、駅周辺、百貨店など。また、喫茶店やレストランに入るときもタバコが吸えるかどうかも大切な基準になります。

要はなんでもタバコありき、タバコ中心の生活になっていたんです。

タバコをやめるとこんなことを考える必要はなくなります。いわば、「タバコから解放された人生」を送ることができるのです。

家族に後ろめたさを感じなくなる

とうちゃん、タバコくさい!

まあ、昔はよくこどもから言われていた言葉です。もちろん、最近は全然言われません。

タバコ吸うこと自体が社会的な負い目になっていますけど。やはり一番大きいのは家族から煙たがられることがなくったことですね。

ワタシが禁煙を推奨するなら

もしもワタシが喫煙者に禁煙を推奨するなら、身体的な理由以外にもこんなことをアピールします。

禁煙は覚悟が必要ですよ

禁煙は始めた当初はなんもメリットを感じません。なのでとてもつらいです。相当な覚悟が必要なので、生半可な気持ちで外来受診するのは医療費の無駄遣いですからやめてください

自分に自信があるひとだけがチャレンジしてみてください。

お金が貯まりますよ

月15,000円分(1日1箱吸う人の場合)の貯金が可能ですよ。これを積立てて年間10%の利回りで回せば10年後には約300万円に資産が増加しますよ。

タバコファーストの人生でいいのですか?

何にするにしてもタバコを優先してきた人生でいいんですか?タバコから解放されればもっと自由な人生が待っていますよ。

世間から、そして家族から煙たがれることもなくなりますよ。

*--------------------------------------

こんなじゃ心に響きませんかね(笑)

最後に求められるのはその人の自覚

タバコを止める止めないは最後は本人の意思。禁煙外来に通って、結局煙草を始めてしまった人もたくさん知っています。

ニコレットを使ってもダメな人は全然ダメです。結局最後はその人の決心なのです。

最後に

まあ、ワタシにとっては、タバコ関連銘柄として、JT(日本たばこ産業)のほか、MO(アルトリアグループ)、PM(フィリップモリス)に投資しています。

喫煙者の激減によって株価が下がりますので、ワタシの資産のためにはタバコをやめないでもらいたいと思います(笑)

ちなみにニコレットなどの薬はスイッチOTC医薬品としてセルフメディケーション税制の対象品目です。

こちらのクスリを購入した人はお忘れなく(特に失敗した人は)。

関連記事です。セルフメディケーション税制についてはこちらの記事をどうぞ。

タバコを買うなら金曜日がおススメ、という記事です。

タバコ関連銘柄の投資状況はこちらにまとめてあります。

 

 

-節約