しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

読書感想文

「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」を読了!億り人を目指すあなたなら必読の一冊

1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きましたを読了!

以前から気になっていた本。「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」を読了しました。

著者のトマスJスタンリーは「となりの億万長者」の筆者。その最新作がこの本なわけですが、期待通り面白かったです。

ちょっとタイトルがアレなんで、人前では大ぴらにできない表紙カバーなんですけどね。

 

結構、分厚い本などですが、あまりの面白さに一気に読み切ってしまいました!

今日は、「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」をレビューします。

億万長者のイメージ

みなさんは、「億万長者」というとどういうイメージか。

知能の高い人、親が金持ち、事業を起こせる才能がある人などなど

この本によると、この見方は全部間違っていることが分かります。お金持ちとIQは関係がない(というかIQが高い人はお金持ちになれない、と言っています)です。

また、最初から事業を起こせる才能がある人なんていません。

こうしたワタシ達一般人が思い描く、お金持ちのイメージを覆してくれるのが「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」の本なのです。

経済的自由を目指す人の傾向

会社が嫌だ、好きなことをしたい、だから金持ちになってお金に困らない生活がしたい、そう思うはずなんですよね。

この本によるとそうではない。究極的には、本当のお金持ちはお金持ちになろうと思ってお金持ちになったわけでない、ということです。

ワタシ
む、なんか身も蓋もないこと言われてるな…

 

億万長者になるために必要なことは、IQでも才能でも家の資産でもなく…

  • 人から信頼される存在であること
  • 人との付き合いを上手にすること
  • 決断力、冷静な判断
  • ビジネスチャンスを逃さない行動力
  • 仕事を愛すること

なんだそうです。なんかピンとこないですが。

確かに、ワタシも仕事柄優秀な中小企業の社長とか話すことがあるのだけれど、とても紳士であり人格者であることが多いです。

仕事を愛して、仕事に没頭するこれが億万長者の近道

本書によると、とにかく一生懸命働くことが大事。自分の仕事を愛せよと説きます。

そして目の前にビジネスチャンスが見えたときに、突っ込んでいく勇気が必要です。もちろん、それ以前にビジネスチャンスをかぎ分ける判断力も必要となりましょう。

結局は、自分の好きなことをやって、それがお金につながるようなビジネスを起こること、これが億万長者の近道と言いたいようです。

ワタシ
うん、分かる、分かるよ、理念は。でも、それはムリじゃあ~

 

でも、日本のサラリーマンはどうですかね、頑張って仕事をしても、給料は上がらない。そして45歳になればリストラの対象ですよ。

この本の理念を実践してビジネスを起こせるかというと難しいです。そんな勇気もないし、家族全員を路頭に迷わせることもできませんしね。

でも、日常生活の中でいろいろな不満があるのなら、愚痴ってばかりいないで何かチャンスがないか、より高いレベルで行動に移すことはできないか、考える価値はありそうですよね。

最後に

他にもお金持ちには、質素で倹約な生活を送っている人が多いなど、きらびやかなお金持ちのイメージとは違う実態を、インタビューを通じて明らかにしてくれます。

ワタシなんかは、質素な生活は実践できていると思いますが、経済力という点ではまだまだですね。

今は株式投資メインで資産運用を考えていますけど、それだけで経済的自由が手に入るのか、というのも疑問です。

いろいろ情報収集して、チャレンジしたくなる、そんな刺激を与えてくれるのが「1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました」という本なのです。

まだ、読んでいない人はぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

-読書感想文