株主優待

【優待株投資】トラスコ中山の株主優待廃止に思うこと

トラスコ中山の株主優待が廃止に

エセ株主優待投資家のうえつん@しがないサラリーマンです、おはようございます。

先日のことですが、トラスコ中山の株主優待が廃止になったとのニュースが流れました。トラスコ中山の株主優待はとてもお得。

本ブログでも、優待としていただいたティッシュBOXなどあまりにもお得なので、何回か取り上げたことがありました。

で、ワタシの所感ですが、豪華すぎる株主優待は今後も衰退する可能性が高いですし、配当や再投資など企業の活動としては健全な方向に向かっていくのではないか、と思います。

今日はトラスコ中山の株主優待が廃止になったことについてまとめたいと思います。

株主優待廃止の理由

トラスコ中山が発表した、株主優待を中止とした理由をまとめると以下のとおりとなります。

  • 株主を増やすために株主優待を始めた(平成6年から)
  • 株主は増えたが、優待品のコストも増加した
  • 今後、物流施設や情報システムへの投資が不可欠
  • さらなる成長を目指して株主優待を廃止する。

ここでいう株主数ですが、過去の推移は以下のとおりとなります。

株主者数経費
平成29年25,3651億1千万円
平成30年29.9971億3千万円
令和元年40,1061億8千万円
令和2年50,000(予定)2億3千万

令和2年度はこれまで増加ペースから推測した値です。予定される株主数は約5万人、株主優待に必要なコストは約2億3千万円にも及ぶとのことです。

株主優待に中止に思うこと

株主優待に関しては、本ブログでも優待クロスの記事を取り上げてきました。

また、クオカードファンドとしてもサブファンドで運用を始めるなど、これまでも株主優待をいっぱいもらってきました。

そんなワタシが株主優待品がなくなって残念か?

まあ、残念だとは思いますが、中止になったのは仕方がない、もっとお得な銘柄で株主優待品をゲットしようと思うだけです。

そもそも、ワタシは株主優待自体は反対の立場でして、2016年に書いた記事、私が株主優待投資に違和感を感じる5つの理由にも記載したとおり、

  • 株主優待投資は不平等である
  • 株主優待投資は儲からない

この2点の考え方は今も変わっていません

トラスコ中山の場合は2億3千万円の経費が削減され、これらが事業への投資に回るのであれば、会社の増収益につながる可能性が高いです。

にもかからわずトラスコ中山の株価は大きく売られました。

株主優待を廃止して上昇した銘柄もありますし、すぐにではなくも数年後に大きく成長する可能性も秘めています。ここは素直に買いでいいんじゃないですかね(←保証はしません)

ただ、ひとつだけ言えるのは、今回の改悪によって、純粋にトラスコ中山の成長性や収益性に着目したマトモな投資家に支えられることになるでしょうから、今回の株主優待見直しは良かったのではないでしょうか。

最近の動向

トラスコ中山以外にも突然株主優待を廃止した銘柄が後を絶ちません。

新型コロナウイルスの影響だと思われますが、経費削減問題も含め、多くの銘柄で株主優待を廃止や見直しする銘柄が増え始めました。

  • オムロン
  • 日本和装
  • エプコ
  • デリカフーズ
  • ダイコク電機
  • 日本プラスト
  • FPG
  • 田中精密工業
  • ローランド ディー.ジー.
  • 三栄建築設計
  • LIXILグループ
  • 明光ネットワークジャパン
  • オプテックスグループ
  • サンデー
  • CDG
  • キャリア
  • ユニバーサル園芸社
  • アイリックコーポレーション
  • RVH
  • ツカダグローバルホールディングス

ざっとこんな感じ。ひょっとしたらもっとあるかもしれませんが。

株主優待で有名な銘柄って会社に惚れて株主が増えたわけではないですから。そういう株主が増えることは、経営陣側にとっても、純粋に会社の将来を考えて投資する投資家にとっても、とても迷惑なはずなんですよね。

ひょっとしたらコロナの一件で株主優待の在り方が変わる好影響を生み出すかもしれませんね。

最後に

ということで今日はトラスコ中山に見る株主優待廃止についてまとめてみました。

私の場合は、株主優待はどうでもいいから、廃止した分だけ配当金を増やしてほしいですね。そのほうが公平性も保てると思いますし。

今後の日本株と株主優待の動向は今後も要チェックですね。

それではまた明日!

  

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください