しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

便利な無料アプリ

ワタシがUber Eats(ウーバーイーツ)を利用しない3つの理由

2020/05/26

Uber Eatsがとても気になる

今日はワタシがUber Eats(ウーバーイーツ)を使わない理由についてまとめてみます。

いや別にUber Eatsが許せないわけでも恨みがあるわけでもないんです。

ワタシの周囲でもUber Eatsを使っている人たちは結構います。特に独身の人などは気軽に使っているそうなんです。

きっと使えたら便利になるに決まっているんです。でも、なんとなく、気が進まないんですよね。

ワタシがUber Eatsを使わない理由
  • 外食は節約の敵だと思っているから
  • 外食は株主優待しか使わないから
  • 本当は気になる、でも、不安で使えない(慣れの問題?)

 

ということでひとつひとつまとめてみたいと思います。

ワタシがUber Eatsを使わない理由

外食は節約の敵だと思っている

基本的には外食ってお金がかかるじゃないですか。だから、外食をしようという気にならないんですよね。

で、もしも外食をしたいと思うなら、美味しいお店に行きたいわけで。Uber Eatsの対象となっているお店にはあまり行きたいとは思わないんですよね。

それは近所のオイシイ家系ラーメン屋さんだったり

近所の小っちゃな味がいい中華屋さんだったり

そういうところには外食したいなと思うのですが。

Uber Eatsを使う場合はさらに手数料などもかかると聞きます。どうも節約志向が染みついてしまって、チェーン店やファーストフードなどの食事を注文したいと思わないんです。

外食するときは株主優待を使う

なので、外食するときは株主優待を優先して使えるお店に行くようにしています。

ワタシが保有している銘柄で株主優待が使えるお店はこんな感じです。

  • すかいらーくグループ
  • WDI(カプリチョーザ)
  • ゼンショーグループ(はま寿司、すき家)
  • マクドナルド

要はタダ同然で食べれているわけですよ。

ぶっちゃけた話、わざわざお金を払ってまであまり食べたいと思わないんですよね。

通りすがり
節約志向は認めるけど、株主の発言としてはあってはならぬ発言やね…

 

知らない人が運んでくれるのが抵抗がある

これは慣れの問題かもしれませんが、どうもそこらへんにいる人が食品を届けてくれるというのが、本当に大丈夫なの?って不安になります。

我が家の周りでもUber Eatsのカバンを持った配達員が公園でたたずんでいる姿とか見ていると、こーゆー人が配達しているんだ…って不安になる風貌だったりします(シツレイ?)

実際に、Uber Eatsのトラブルって結構あると聞きます。

  • 中身がぐちゃぐちゃになっている
  • 配送時間の遅れ
  • 受け取り拒否したときの配達員とのトラブル
  • サポート体制(配達員は個人事業主で関与できない部分もあり)

仕組みとしてはしっかりしてそう

Uber Eats のお料理配達
Uber Eats のお料理配達
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

そんなトラブルがありながらも、仕組みとしてはしっかりしてそう。

  • 配達場所の細かい指定ができる
  • 置き配可能
  • 配達員の場所がアプリで確認できる
  • 少額で少ない分量でも気軽に利用できる

初めて利用する方を対象に割引コードなどの配布されているので…

ワタシ
一度使ってみるのもいいかなー

 

なんてことも思っています。

最後に

ということでワタシがUber Eatsを使いたくない理由をまとめてみました。

ただ、古い感性では時代に取り残されるばかり。上手に使えば、時短ツールとしての活用も図れそうです。やはりここは一度チャレンジしてみたいですね。

あと蛇足ですが、経済的自由を得るためにUber Eatsを使えないかな、と思ったのですが、時給換算で良くて1000円ぐらいのようなので…

ワタシ
効率悪いし、副業としてやるのも気が進まないね。

 

それではまた明日!

 

-便利な無料アプリ