しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

そのほかの格安SIM

高品質で評判のUQ-Mobileをワタシがお勧めしたくない理由とは

2017/09/03

最近になって格安SIMの回線数が増加傾向にあるとのニュースを目にしたところですが、格安SIMを応援する本ブログの立場からとても嬉しいことだと思っています。

格安SIMは通信速度などの品質でMNO(3大キャリア)には劣るものの、概ね普段使いに大きな問題はなく、一部のヘビーユーザーを除けば大半の人が格安SIMで十分であると考えるためです。

ワタシの職場でも3大キャリアから格安SIMに乗り換えている人たちが増えてきています。その中にはUQ-Mobileを利用し始めたヒトもいて、個人的には複雑な気持ちなのです。

なぜなら、格安SIMの中でもあまりお勧めしたくないのがUQ-Mobileだからです。

今日はこのUQ-Mobileについてワタシが考えることをまとめてみたいと思います。

UQ-Mobileのいいところ

格安SIMの中でも品質は秀逸

お勧めしたくない、と言ってもそれは品質やサービスの悪さに原因があるわけではありません。むしろ、UQ-Mobileは格安SIMの中でも抜群に品質が良いと評判です。

ネットには格安SIM別の通信速度比較サイトがあります。計測方法は同一ながらも、キャンペーンの有無、ユーザー数の増加などによって、速度が時期によってまちまちであることが一般的ですが、UQ-Mobileの場合は違います。概ねどの時期、どの時間帯でも通信速度に優れ、かならずランキング上位に顔出すぐらい通信速度は安定しています。

UQ-Mobileはau系の回線を使っていますが、平日お昼休みの時間帯では、MNOのauよりも通信が速いとの評判もあります(ホント?)。品質だけを考えたらUQ-Mobile一択、と言っても過言ではありません。

料金プランがシンプル

料金プランはとてもシンプルです。とても分かりやすい、という評価も可能ですが、一方でデータ通信プランの種類が少ないため、データ利用料にあわせたプランの変更に限界が生じます。

例えば、今ワタシが使っているBiglobe SIMや昔使っていたmineoはネットから通信プランを変更することができます。例えば5GBプランを契約中だが繰り越すデータ量が潤沢であるため翌月は1GBプランに変更しよう、といったことも可能です。

料金プランはシンプルであることは評価できますが、ややシンプルすぎて柔軟な使い方に対応ができていないとも解釈されてしまう場合もありそうですね。

料金体系が分かりにくい「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」

ワタシがUQ-Mobileを勧めたくない大きな理由はこの「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」を開始したためです。その理由を書く前に、これらがどのようなプランなのかを説明する必要があると思います。

プランの概要

「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」の概要は以下の図のとおりなっています。

利用できるデータ通信量

ぴったりプランは25か月間限定でデータ使用量が2GB、たっぷりプランは6GB利用できるプランで26ヶ月以降は使えるデータプランは半分(ぴったりプランは1GB、たっぷりプランは3GB)になる仕様です。契約は自動更新されますから、2年経過したらすぐに他社にMNPしないと損をする仕組みになっています。

au系ユーザーは要注意

また、auやau系MVNOからのMNPは14か月目以降から月額1,000円値上がりする仕組みなっています。auまたはau系MVNOを使っているユーザーには価格面でメリットが少なくなります。

価格をシミュレートしてみる

費用比較で本当にUQモバイルは安くなるのでしょうか。au以外のユーザーがMNPしてぴったりプランを使うこととします。

DMMモバイルの場合、音声通話付2GBプランは1380円です。その差額は600円です。通話料金はDMMトークというアプリを経由すると30秒10円で利用することができます。差額600円分は30分通話に相当する金額になります。通話料金の節約にはIP電話などの活用などの方法もありますが、こうした方法を駆使して月額の通話時間によって損得が決まってきます。

さらに端末の割引あり

さらに端末とセットで購入すると、13か月目までは端末本体料金に割引が受けられ、14ヶ月以降から月額1,000円加算されることになります。例えば、ぴったりプランでHUAWEI製ASCEND P9 LITE PREMIUMを契約すると、13か月目までは月額1980円、14か月目からは月額2980円となります。端末料金は24か月目で終了し、25か月目以降からはデータ通信が2GBから1GBに減り月額2980円に据え置きとなる、ということになります。

結果、端末代金は10ヶ月×1000円(10,000円)だけの負担で済むことになり、かなりお得な価格となります。そして、さらに端末とセットで契約した場合はぴったりプランで10,000円、たっぷりプランで13,000円の商品券をもらえるキャンペーンを実施中とのことです。終了日は未定とのことで、端末本体の自己負担分のほとんどがこの商品券で相殺されてしまう、というのが実態です。

オススメしたくないのは料金プランの複雑さ

どうでしょうか、ぴったりプラン、たっぷりプランの料金の流れは把握できましたか?

これを理解できる知識を持っていればUQ-Mobileのお得なプランに申し込んでも問題ありません。ただ、スマホに慣れていない人はこの仕組みを理解できるのかどうかは疑問です。

少々古い記事になるのですが、ダイヤモンドオンラインのネット読者アンケートでは格安SIMに求めるサービスという記事がありました。これによると「分かりやすいシンプルな料金プラン」といった声が圧倒的でした。

これまで3大キャリアが複雑な料金体系でスマホ契約を勧めてきます。特に○○割、××割、端末本体割引込で月額いくら、などなど、自己負担がいくらか、パンフレットを見ても分かりにくいものでしたから。

それに比べて格安SIMのメニューは分かりやすいものです。データ通信量に対する月額料金が対になっているので。

しかし、UQ-Mobileはこうした格安SIMのメリットである「分かりやすさ」は二の次に、1年目はいかにも安そうだが3年目でMNPしなければ損をする複雑な料金体系を採用しています。

ユーザー目線で「分かりやすい料金体系」であるからこそ応援したい格安SIM。このことから逸脱したUQ-Mobileのプランは心情的に応援することができないのです。

UQ-Mobileの契約は慎重に

ぴったりプラン、たっぷりプランは一見誰にでもお得そうですが、プランを読んだ限りでは以下のような人に向いています。

  • スマホでよく通話するひと
  • データ通信はライトユーザーとして月2GB以内におさめられるヒト
  • 2年間、途中でプランを変更しないと確約できること
  • なにより25か月目でMNPできるヒト

契約は自動更新ですので26ヶ月目以降にMNPすると解約金9500円がかかります。確実に25か月目にMNPすること、また、この2年間、より高品質なサービスが新たに登場するとしても、契約期間中は同じプランでずっと使い続けることが必要です。

どうでしょうか、ここまで大きな制約があるとしたらワタシだったらやめておくなーという感じです。

契約を考えている方々、単に目先のキャンペーンや使い放題といった甘い言葉に惑わされることなく、後になってこんなはずじゃなかったー!とならないように注意してくださいね。

 

-そのほかの格安SIM