知育・玩具

室内用砂遊びおもちゃレビュー!メリットとデメリットも紹介

室内用砂遊びおもちゃを購入しました!

今日は室内でも砂遊びができる砂遊びおもちゃをご紹介します!

おはようございます、うえつん@しがないサラリーマンです。ク✖暑い中、皆さん生きてますか~??

この暑い日にわざわざ我が子を公園に我が子を連れて行きにくい、そう思っているパパママは我が家だけではないはず。

でも、家の中で遊ばせるものって結構マンネリになりがちなんですよね…

よめちゃん

土日はだいたいプラレールとトミカ、ネットフリックスのアニメ漬け…こんなところかしらね。

 

であれば、室内でも公園で遊んでいるかのようなおもちゃを買ったらどうだろう…ということで今回購入したのが室内用砂遊びおもちゃです。

  • 砂場遊びが好きだけどあまりの暑さに外に連れて行けない
  • 室内での子どもの遊び方がマンネリ化してしまっている
  • 砂遊びおもちゃ、気になるけど実際に使えるのか気になる

そんな方向けに今日は砂遊びおもちゃのレビューを書きたいと思います。

子どもと砂遊びの効用

砂場遊びは最強の知育

子どもって砂遊びが大好きですよね。うちの3歳になる長男も大好きなんです。

砂遊びの効用はたくさんあるようで…

  • 道具を使うなど手先が器用になる
  • だんごやバケツケーキなど立体感や想像力が見につく
  • 集中力、忍耐力がつく
  • 屋外で遊ぶことで体力や運動力が身につく

遊びながら知育につながる最強のツールが公園の砂場遊びと言えるでしょう。

子どもと熱中症リスク

一方で夏場の暑い日はこどものほうが熱中症になりやすいと言われます。

太陽の照り返しなど地面から頭部の距離が近いですし、熱中し過ぎて水分を取るのも忘れがちです。また、小さい頃は体温の調節機能などが未発達の場合もあります。

大好きな砂場遊びですが、40度近い高温の中、公園に連れ出すのも勇気がいる―というのが親の考え方だと思われます。

室内用砂場遊びのメリットとデメリット

こうした砂場遊びが室内でできるようになったら、こんなにいいことはないですよね。そこで購入したのがこちらの商品。

実際にこの商品を使ってみての感想をまとめたいと思います。

室内用砂場遊びおもちゃのメリット

やはり一番の大きなメリットは、屋外に出ることなく家の中で砂場遊びができるという点です。

砂は本当の砂ではなく、ABS樹脂で作られていて、食品衛生法の対象となることから、口に入れても害がないとのこと。これなら安心してお子さんに遊ばせることができますね。

砂を触った感覚もサラサラで気持ちがよく、本物の砂場さながらに遊ぶことができます。我が子の場合、4時間以上休みなく遊び続けていた時期もありましたから、楽しいに違いはありません。

室内用砂場遊びおもちゃのデメリット

実際に購入した方の意見を聞くと、不思議に砂がどんどん減っていく、という意見をよく聞きます。

要は部屋のどこかに砂が吹き飛んでいるということでしょう。じゅうたんのすきまとか?

我が家もこの言葉を覚悟して、砂場遊びセットを買ったのですが、やっぱり砂の量がどんどん減っていきますね笑

なので、実際に砂場遊びおもちゃを使うときはこんなことに注意するべきです。

  • 使い方を子どもにきちんと説明する
  • おもちゃの下にはレジャーシートなどを敷く
  • 畳やじゅうたんよりもフローリングの上で遊ぶほうが良さそう
  • 子どもの洋服は汚れてもいい恰好化、砂が付きにくい素材の服を着て遊ばせる
  • 掃除しやすい部屋で遊ばせる

こんなところでしょうか。

最後に

ということで今日は、室内でも砂場遊びができる砂場あそびおもちゃの感想をまとめてみました。

子どもはとても楽しく遊んでくれるので、総合的には大成功という印象です。ただ、清掃が必須になるほか色々な面で使い方に課題があります

この課題さえきちんとクリアすれば、コスト以上の効果も期待できます。

ぜひ小さいお子さんがいるご家庭では、砂場遊びおもちゃの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください