しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

株主優待

WDIの株主優待が到着!あのレストランに通う日常生活をご案内します

2018/07/27

WDIの株主優待が到着

先日のことですが、我が株主優待ファンドで運用中のWDIから商品券が到着しました。

WDIは我が家の近所にあるカプリチョーザを運営している会社で、ほかにもハードロックカフェなどを展開しているレストラングループです。

先日もさっそくカプリチョーザに行って、タダ飯を食べてきました。ということで今日はWDIの株主優待についてご紹介したいと思います。

WDIの株主優待の内容

ここでWDIの株主優待の内容についておさらいしてみます。

最低単元の100株を保有していても、WDI VIP CARD(商品から20%の割引)と株主優待がもらえます。

我が家の株主優待ファンドは500株保有。優待券は20,000円分のお食事券をゲットしました。

4人家族で、1回5,000円で見積もっても年間4回タダ飯が食べれますからね。まあ、十分な回数でしょう。

WDIの株主優待の注意点

株主優待は前述のWDI VIP CARDと言われる割引優待カードとお食事券の株主優待券の2種類あります。その使い方にはルールがあるので、株主優待をゲットする際には十分注意が必要です。

割引カードを使える店と使えない店がある

WDI VIP CARDを提示すると料金から2割引してくれるのですが、このWDI VIP CARDを使える店舗が決まっています。

また、お食事券についても同様。お食事券を使える店舗と使えない店舗があります。

なので、自分がよく行くお店で株主優待券が使えるのか、WDIのホームページ等でよく確認しておくことが大事。

優待ゲットしたけど、よく行く店舗では使えなかったー(T_T)

なんてことがないようにしましょう。

お食事券と割引カードの併用は不可

てっきりワタシは併用可能と思っていたのですが、WDI VIP CARDかお食事券か、どちらかしか使うことができません。

まあ、お食事券だけでも十分お得ですから満足なのですが、手持ちのお金は用意しておきましょう。

最近のカプリチョーザ

カプリチョーザとの出会いはかれこれ25年前。

みなとみらいにカプリチョーザが出店。土日のカプリチョーザはいつも大行列で入店するだけでも大変でした。

当時は大皿をシェアするようなレストランもなく、2人前のパスタが一皿に出てくるのが話題になりました。

食後にコーヒーが出てくるのも当時は珍しかったですね。

で、最近のカプリチョーザですが、食後のコーヒーはハーブティーになり、メニューも改変されて客単価も上昇傾向にあります。

ワタシが好きなのはエビとピリ辛トマトソースパスタ。

にんにくとプリプリのエビがふんだんに入っていてとても美味です。

ときどき食べるイカスミパスタ。食べた瞬間口の中が真っ黒になるから要注意。

定番のシーザーサラダ。ボリュームもありますし、タマゴがとろっといい感じの食感です。

昔から有名なのは大きなライスコロッケ。もしカプリチョーザに行くことがあれば注文することをおすすめしますよ。

今回注文はしませんでしたが、キッズメニューというのも充実していて、楽しいおもちゃももらえます。

これなら小さなお子さんも大喜びですね。

WDIの株価

WDIは昨年の春に1330円程度で購入。以降、地合いの良さにも助けられ、現時点での株価は1586円で推移しています(株価は2018年7月11日現在)。

WDIは権利落ち後に株価は急落する傾向にあります。株主優待に目がくらんで権利取り前に慌てて購入するよりも、春先の株価が落ち着いたころに買うことで含み益と株主優待をダブルでゲットできるはずです。

すでに含み益もあり、売ってしまったほうが良いか、という感じですが、配当金と株主優待ももらい続けるために継続保有中であります。

WDIの株主優待はお得でオススメ

ということでWDIの株主優待についてまとめてみました。

1年に1回しかゲットできない株主優待。カプリチョーザのほか、ハードロックカフェなどでも利用できるのでとても重宝しています。

一般信用取引の対象にはなっていないのが残念ですが、現物保有しても損はない銘柄の一つだと思います。

-株主優待