しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

スマホ

Xperia XZシリーズ(ドコモ)が欲しくなった理由~最新価格や製品比較など

Xperiaの評価は?

SIMフリースマホと言えば、HuaweiのAscendシリーズ、ASUSのZenfonシリーズが有名ですね。

確かにAscend P9 liteは周りで使っている人から話を聞くと、価格も安いし、使い勝手もいいとべた褒めです。

しかし、ワタシが一番気になるのはメイドインジャパン、ハイスペックモデルのXperiaです。今日はXperiaのXZシリーズの製品比較をすることにします

Xperiaに買い替えたい理由

実は嫁のスマホのバッテリーがだいぶやられてきたようで、半日ぐらい使っていると充電がなくなってしまうのです。

そうなると旅先や保育園行事の最中に、

写真取るからあんたのスマホ貸してよ

と言われるわけです(決して見られたくないようなやましいことはしていません)。

このスマホ依存のワタシからスマホを取り上げられたらただのフヌケ。ヨメのスマホを選ぶことはワタシの死活問題にもつながるわけです。

それにしても購入して2年が経過しようとしていますが、そんなに短期間でダメになるものなのかと。

もっているスマホは富士通ARROWS M03 。

今思えばなんでこんな高かろう悪かろうのスマホを買ったんだ、という感じですが、当時は防水防塵のSIMフリースマホってこの機種とSHARP AQUOS SH-03ぐらいしかなかったんですよね。

Xperiaが気になる理由

Huawei、ASUSでもハイスペックモデルは端末単体で6万円オーバーなど価格も上昇しています。

一方で、ひと昔前のXperiaの価格は、これならiPhoneを買えんじゃね?と思うぐらい高価でした。

しかし、Xperiaも新モデルが販売されて以降、未使用品の白ロム端末がハイスペックの中華スマホと同じぐらいの金額で買えるようになってきました

もちろんキャリアはdocomo系MVNO。3大キャリアなんて使うつもりはさらさらないです。

Xperiaの魅力

中華スマホにはないXperiaの魅力は以下のとおり。

ハイスペックなCPU

Snapdragon800台のSocを積んだハイスペックモデル。我が家ではハードなオンラインゲームをすることはありませんが、スペックにゆとりがあるのはいいこと。

ハイレゾ音源

今ヨメが保有している富士通ARROWS M-03やワタシが保有しているMotorolaのMoto-Z-Playも音質はイマイチ。その点、Xperiaなら高品質のハイレゾ音源を楽しめます。

防水防塵

中華スマホでは防水防塵機能がついていないことが多いです。うちのヨメは毎回水没させてスマホを壊しているので、防水防塵は必須です。

モニタサイズ

最近のスマホはモニタの巨大化が進んでいますが、女性にとって持ちやすいサイズは最大でも5.2インチがいいところ。

中華スマホの場合は5.5インチのスマホが多いので、これよりも一回り小さめのXperiaはちょうどいいサイズです。

2年使っても劣化しにくいバッテリー

今回のバッテリ劣化が早まった原因ですが、うちのヨメは充電しながら寝てしまう過電圧にあると思うんですよね。

その点、Xperiaなら、ユーザーの行動パターンに合わせて充電を最適化する「いたわり充電」との組み合わせて2年使っても劣化しにくいバッテリーの長寿命化を実現されるとのこと。

それ以外の便利機能も

それ以外にもおサイフケータイやNFC、ワンセグ・フルセグなど日本製のスマホならではの機能も盛りだくさんです。

Xperiaの比較

Xperiaシリーズの中でもワタシが気になるのは、XZ1 SO-01K ,XZs SO-03J ,XZ SO-01Jの3つのモデルです。

Xperiaのスペック比較

キャリア Xperia XZ1
SO-01K
Xperia XZs
SO-03J
Xperia XZ
SO-01J
販売時期 2017/10/18 2017/5/24 2016/10/19
OS種類 Android 8.0 Android 7.1 Android 6.0
最大待受時間 3G:約460時間
LTE:約420時間
3G:約650時間
LTE:約590時間
3G:約650時間
LTE:約590時間
CPU Snapdragon 835 MSM8998 Snapdragon 820 MSM8996 Snapdragon 820 MSM8996
CPUコア数 オクタコア クアッドコア クアッドコア
内蔵メモリ ROM 64GB RAM 4GB ROM 32GB RAM 4GB ROM 32GB RAM 3GB
インターフェース USB Type-C
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
外部メモリ最大容量 256 GB
バッテリー容量 2700 mAh 2900 mAh 2900 mAh
画面サイズ 5.2 インチ
画面解像度 1920x1080
パネル種類 トリルミナス ディスプレイ for mobile
下り最大データ通信速度 PREMIUM 4G:788Mbps
LTE:200Mbps
PREMIUM 4G:500Mbps
LTE:200Mbps
PREMIUM 4G:500Mbps
LTE:200Mbps
Bluetooth Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
テザリング対応
NFC対応
LTE対応
無線LAN規格 802.11 a/b/g/n/ac
背面カメラ画素数 1920 万画素 1920 万画素 2300 万画素
前面カメラ画素数 1320 万画素 1320 万画素
1320 万画素
手ブレ補正
4K撮影対応
撮影用フラッシュ
耐水・防水機能 IPX5/IPX8
フルセグ
ワンセグ
GPS機能
ハイレゾ
おサイフケータイ
認証機能 指紋認証
センサー 照度センサー
近接センサー
気圧センサー
照度センサー
近接センサー
近接センサー
照度センサー
SIM情報 nano-SIM
幅x高さx厚み 73x148x8.1 mm 72x146x8.7 mm 72x146x8.1 mm
重量 156 g 161 g 161 g

OSについては販売当時を記載していますが、すべての機種でAndroid8.0へのバージョンアップが可能です。

このようにスペック表だけで見るとそれほど大きな違いはないように見えます。

Xperiaの違いは?

XZsとXZ1ではスペック表ではCPUと内蔵メモリに違いがみられます。

特にCPUではSnapDragon820に比べてSnapDragon835のほうが省電力で、かつ20%以上性能が向上したといわれます。

ほかにもXZ1にはワイヤレスイヤホンを実現するapt-X対応だったり、3D撮影ができる3Dクリエータ機能があります。

ただ、この機能、そんなに使う機会ってないと思うし、CPUの性能の差が気になるハードな使い方もしません。そう考えるとXZs SO-03Jでも十分すぎるスペックです。

XZs SO-03Jの最新価格

中古スマホショップのイオシスによると、によるとXZs SO-03Jの価格は、白ロム・未使用品で6万円半ばの金額。これならHuaweiP10と同じぐらいの金額じゃないですか。

上位モデルのXZ1 SO-01Kとも価格差は約2万円以上。コスパも考えるとXZs SO-03Jで十分

おススメしたときのヨメの回答

ということでXZs SO-03Jをおすすめしたんですけどね、うちのヨメの回答としてはこうです。

うん、高い。このおんぼろスマホを使い続けるわ。

でーゆーか、あんたがこのスマホを使いたいんでしょ?

うん、図星!

Xperiaは新モデルXZ2シリーズも近々販売されるという噂もあります。

新しいスマホが必要になったとき、XZs SO-03Jの白ロムがさらに価格が安くなるのを期待しつつ、ヨメへの説得を続けていきたいと思っています。

 

-スマホ