しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

経費節約の児童公園

山下公園がデートや観光におススメな理由~アクセスや周辺の観光ポイントなど

2018/08/27

約20年ぶりに山下公園を散策しました

先日、横浜市中区にある山下公園に行ってきました。

実はこの山下公園、約20年ぶり(昼間に行ったのはもっと以前)に訪れることができました。今日はそんなワタシの個人的な思い出溢れる山下公園をご紹介したいと思います!

山下公園のアクセス

山下公園は横浜市中区にある公園です。JR関内駅から徒歩20分前後、みなとみらい線元町中華街駅から徒歩10分弱のところに位置します。

マイカーで来る場合は、横浜公園出口または山下町出口から向かうのがベストでしょう。駐車場は公園周辺にいっぱいあります。相場としては2000円頭打ちぐらいでしょうか。

季節の良い時期や土日は相当込み合います。マイカーで行くときは少し離れたコインパーキングに駐車して山下公園まで散策するのがベターです。

山下公園の由来

山下公園は、昭和5年3月に開園した公園で、関東大震災のがれきを埋め立てて作られました。

名前の由来は明治・大正・昭和期の実業家山下亀三郎という人物が寄贈したことから山下公園と名づけられました。

山下公園の素晴らしいところ

思い返せば、山下公園はワタシが小学生の頃に遠足で訪れた場所(かれこれ三十数年前?)。赤い靴はいていた女の子像など見物した記憶があります。横浜市によれば山下公園は日本初の臨海公園と呼んでいるようです。

こうした歴史的な背景も見どころのひとつではあるのですが、やはり一番素晴らしいのは山下公園から見える風景

幅広くゆったりとした遊歩道からは、青い海と青い空を一望できます。そして、大さん橋や氷川丸、横浜ベイブリッジやつばさ橋など、視界に入るひとつひとつの景色のすばらしさは今も昔も変わりません。

ワタシが訪れたこの日は、連日続いていた猛暑や豪雨も収まったさわやかな陽気。本当にいい天気で、横浜ベイブリッジも光り輝く海の上に映えてより美しく見えます。

海風も心地よく、素晴らしい景色に囲まれながら山下公園で散策することができました。

やはり外国人観光客の姿も目立ちますねえ。

こちらは大さん橋方面です。

このあたりには山下臨港線プロムナードというのがあります。これは今から30年以上も前に開催された横浜万博での港湾線という電車が走っていました。今はすでに廃止されているのですが、その線路を歩道にしたのが山下臨港線プロムナードです。

桜木町からワールドポーターズやナビオス横浜に向かって歩く遊歩道は汽車道と呼ばれていますが、まさにこの道を山下臨港線の列車が走っていたとのこと。

廃線跡を歩道として活用する例はあまり例がなく、歴史を足元から感じさせる観光ポイントとして多くの人が行きかっていました。

芝生には地元の人でしょうか、シートを引いて横になったり、思い思いの時間を過ごしています。こんな公園が家の近くにあったら、土日など毎日のように足を運ぶことでしょうね。

山下公園周辺の観光ポイント

マリンタワーとホテルニューグランド

横浜のシンボルマリンタワー。これも小学生の遠足のコースでした。そしてホテルニューグランド。1927年開業以来今年が90周年。ここのレストラン、ノルマンディーは一度は食してみるべき(値段は高いですが)

シルクセンター

1859年に横浜が開港。横浜港の貿易は大きく発展し、開港から昭和の初めまで、貿易の輸出品の多くが生糸でした。1909年には日本は中国を抜いて世界一の生糸輸出国になるなどの歴史があります。

開港広場公園

日米和親条約調印の地で石碑が残ります。

その正面にはレストランが立ち並びます。歩道にテーブルやイスも置かれ、この一角だけは近代西洋の香りがプンプン漂う雰囲気を感じさせます。

イチョウ並木

山下公園沿いの道路はイチョウ並木が続いており、かながわの景勝50選に選ばれているとのこと。特に秋の季節にはこの道路沿いのイチョウが一斉に黄色に染める様子を見ることができます。

一番の見ごろは11月末ごろ。この時期に合わせて山下公園に訪れるのも良さそうです。

家族で恋人同士で訪れる公園としておすすめ

ということでワタシが昔から訪れていた山下公園についてまとめてみました。

数十年ぶりに訪れましたけどね、昔にはなかったキレイなトイレとかレストハウスなどがあって、時代の移り変わりも感じられましたし、より多くの人々が楽しめる場所になったと実感しました。

今回訪れたのは日中ですが、夜もベイブリッジや大さん橋の夜景が一望できてとてもきれいですよ。

ただ、公園中、カップルだらけになりますけどね。ワタシも今の嫁と付き合い始めた当初に夜景を見に何回か訪れたこともありました(もう遠い過去の話だが)。

季節、昼夜など様々な顔を持つからこそ魅力のある山下公園にぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

-経費節約の児童公園