マイカー

ヤリスクロス(YARIS CROSS)見てきました!コンパクトで経済的な1台

ひさびさにマイカーレビューです。今日は実用性も経済性にも優れた1台、トヨタのヤリスクロスをご紹介したいと思います。

よめちゃん

あんたが日本車が気になるなんて珍しいわね~

そのとおり。個人的には、クルマは速さであり、かっこよさであり、ハンドルを握ったときのワクワク感だったり…

でもね、家族を持つとこうした車の魅力って二の次なんです。

ファミリーカーに求められるもの
  • 室内空間(居住性)
  • 利便性、実用性(ラゲッジの大きさ)
  • 経済性(燃費の良さ)

これらのメリットもありながら、今流行りのSUV、そしてカッコよさを兼ね揃えた車―それがヤリスクロスだと思うのです。

そんな今日はヤリスクロスについて、画像いっぱいとともにご紹介していきます。

自動車評論家にはない、一般消費者の立場から率直に感想をまとめてみました。ぜひ購入の参考にしてもらえればと思います。

今日のブログのポイント
  • ヤリスクロスのここがスゴイ
  • ヤリスクロスのここがうーん
  • ヤリスクロスは買いか?

ヤリスクロスの概要

まずは今回見てきたヤリスクロスの概要をまとめてみます。

YARIS CROSS HYBRID G E-FOUR

区分内容
サイズ4,180×1785×1590
車両重量1,290kg
最高出力エンジン91PS
モーター前80PS
モーター後5.3PS
トルクエンジン12.2kgf・m
モーター前14.4kgf・m
モーター後5.3kgf・m
燃費29.0km/L※JC08モード
定員5名
動力用電池リチウムイオン電池
車両本体価格2,625,000円
追加装備オプション352,550円

今回見てきたのはYARIS CROSS HYBRID G E-FOURというハイブリット4WDです。

サイズはコンパクトなBセグメント、燃費は驚異の29km/L、リチウムイオン電池を搭載して金額は300万円切りの2,977,550円

よめちゃん

これは超得な金額よね~

税金などもを含めても300万円ぐらいで買えてしまいます。

ヤリスクロスのここがスゴイ

燃費とパワーを兼ね備えたスペック

ハイブリッドだけあって燃費がJC08モードでリッター29kmと燃費効率が素晴らしいです。

例えばワタシなんか年間3千キロぐらいしか走らないサンデードライバー。

29km/Lなら約100L相当、ヤリスクロスのガソリンタンクは36Lなので、年間3回しかガソリンスタンドに行かなくて済む計算になるんです。

ワタシ

もちろん、JC08モードで計算した場合の話ね(街中を走ればもうちょっと燃費効率は落ちるはずです)。

それでいて、ハイブリッド4WDですからね、高速運転なども安定しているでしょうし、街乗りなら十分すぎるスペックなのではないでしょうか。

コンパクトなのに利便性の高い居住空間

ヤリスクロスのサイズは4,180mm×1785mm×1590mmと超コンパクト

それでも狭い空間を広く使うのは日本車の共通した技術の高さ。ヤリスクロスにもその技術がふんだんに盛り込まれている印象です。

こちらが全席です。ブラックを基調とした落ち着いた雰囲気です。タブレット状のカーナビは画面が大きくて見やすそう。

ドアの形状はごくごくシンプル。この実用性重視の車に質の高さを求めてはいけません。

運転席をドラポジにあわせて後席に着座。意外と広く、ひざと全席シートとはコブシ1個分ほどのスペースがあります。

後席中央部を倒すとヒジ置きとカップホルダーが出てきます。このあたりの細かい配慮はさすがの一言。

ただ、5人乗りと書いてあるけどよほど小人さんでなければ5人乗るのは難しいっす。

ラゲッジは広く使いやすい印象。ラゲッジボード(床の部分)を下げることで最大390Lのスペースを確保。

後部座席を倒すことでさらに広く収納スペースを活用できます。

ラゲッジの幅は1.4Mあり、ゴルフバックを2個横に収納できるほど。これは十分すぎるスペースです。

コンパクトカーでも機能面は充実

いわゆる一般的な大衆車でありつつも、操作面での機能は充実。

オプションも含めれば、安全面や走行面での追加機能も充実しています。

ヤリスクロスのオプション機能
  • 電動パーキングブレーキ
  • ブレーキホールド機能
  • 電動シート
  • 18インチアルミホイール
  • LEDヘッドランプ
  • パノラマミックモニター
  • ボディーカラー
  • ルーフレール
  • 運転席シートヒーター

などなど。他にも…

  • ハンズフリーバックドア
  • ヘッドアップディスプレイ
  • アダプティブハイビームシステム
  • アドバンスパーク
  • ブラインドスポットモニター
  • ステアリングヒーター
  • Tコネクトナビセット

色んな機能がオプションとして用意されています。

ワタシ

ステアリングヒーターなんてCセグのドイツ車にも搭載されていない機能だよ…

ヘッドアップディスプレイやブラインドスポットモニターなど安全性なども考えられていますね。ただし、これらは先ほどの3百万円には含まれていないものもあるので注意。

よめちゃん

ついついオプションがかさんで高額な買い物になりそうな予感ね…

防災面での活用も

これはヤリスクロスだけはなくハイブリッド車の特徴でもありますが、災害時の電気供給としても活用することができます。

一般家庭なら約5日間分の電源供給が可能とのこと。

最近は災害も多いですし、ただ移動手段としてだけではなく防災面での活躍も期待できそうです。

ヤリスクロスのここがうーん

コンパクトなファミリーカーに、パワーがないとか走りがどうのとか言っても仕方がないので、スペック相応にワタシが気になる点を挙げてみます。

グレードが多すぎてよく分からない

ヤリスクロスは、ガソリン車とハイブリッドの2種類があり、FFと4WD、グレードもそれぞれ3種類(Z,G,X)があります。

正直どれを選んだらいいかよくわかりませんね。逆に言えばターゲットはどこなのか、ヤリスクロスで生かしたい特徴はなんなのか、パンフレットを見てもあんまり伝わってこないんですよね。

クルマを買う前には試乗が必要だと思っていますが、試乗する前の選別も大変だし、乗ったところで違いが分かるの?という感じ。

結局、デザインと値ごろ感で買う人が多いんじゃないかなあ。

同価格帯との差別化が?

同価格帯でトヨタのSUVというとライズやC-HRの中間に当たるようですが、あんまり違いがないというか、特徴があまり感じられないんですよね。

CHRとかと思いっきり競合しているように思えるのですが、こうした車種間でのグレードや位置づけが良く分かりません。

ワタシ

デザイン的にはおもちゃみたいなCHRよりもヤリスクロスのほうが好みではある…。

ヤリスクロスは買いか?

ということでヤリスクロスのスゴイなと思ったところと、イマイチなところをまとめてみました。

  • 実用性(移動手段、荷物の運搬)
  • 街中での取り回しの良さ
  • 経済性(車両価格、燃費の良さ)
  • 走行の安全性(安全機能)
  • 今流行りのSUVに乗りたい
  • 防災での活用

これを重視する場合は、ヤリスクロスハイブリッド車は買いなのではないかと思います。

逆に、

  • 居住性(室内の広さ)
  • 走行性能(高速道路での走行)
  • ドキドキ、ワクワク感

こういったことをマイカーに求める人は、ヤリスクロスは買ってはいけませんね。

最後に

ということで今日はヤリスクロスの感想をまとめてみました。

世の中、クルマ離れが起こっていると言われて久しいです。でも、結婚や出産、子育ての家庭の中で、移動手段としての車の役割はとても重要です。

クルマにお金をかけるなんてもったいない、そう思う方は実用性を重視したヤリスクロス、一度、展示車を見てみてはいかがでしょうか。

自動車はローンを組んで購入して良い思う理由(ただし条件付き) マイカーをローンで買うのは悪いことなのか? 輸入車大好きうえつん@しがないサラリーマンです。おはようございます。 ...
年度末は新車を安く買うチャンス!下取りを利用して値引きを引き出す方法とは クルマ大好きうえけんですおはようございます。3月と言えば年度末。年度末と言えば新車の購入ですよね(強引?) というのも3月...
【マイカー】クルマの燃費を上げるためにワタシが実践していること 最近は電気自動車や水素自動車などの技術核心が進み、ガソリンへの依存も低下しつつあります。 先日、トヨタのaquaを運転したのです...

  

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください