アイロン

ハンガーにかけたままアイロンがけできるハンディスチームアイロンレビュー

今日はハンディスチームアイロンをレビューします。

この商品、実はずっと前から気になっていたのです。

この商品のふれ込みは、ハンガーに掛けたままシワ伸ばしができるというもの。

ワタシ

忙しい我々にはぴったりの家電だなー

楽天お買い物マラソンでセール品になっていましたので思い切って購入してみました。

ハンディスティームアイロンの効果

  • 短時間でシワ伸ばしできる
  • アイロン台を出す必要なし
  • 値段も安い(実質3000円弱で買えちゃう)
  • 収納場所にも困らない

正直、私も疑問に思っていました。

  • ハンディスチームアイロンって使えるのかな?
  • シワ伸ばしはちゃんとできるのかな?
  • 安かろう悪かろうで使い勝手悪いのではないかな?

でもね、実際に使ってみるとハンディスチームアイロンはとにかく使いやすく、パワーも抜群。ミストも大量に出て超きもちいいんです。

ワタシ

ワイシャツのシワ伸ばし専用アイロンとしては十分に使えて便利!

  • 忙しい子育て世帯のパパママ
  • 出張が多いビジネスマン
  • ひとり暮らしの男性

こんな人たちには特におすすめです。

また、洗濯乾燥機の弱点の一つとしてシャツにシワができてしまいます。

乾燥機付き洗濯機BD-SX110Cのデメリット5つ 今日は、乾燥機付き洗濯機のデメリットについてまとめてみたいと思います。 乾燥機付き洗濯機は、我が家にとってはなくてはならない時短...

ハンディスチームアイロンなら簡単にシワ伸ばしができてしまうので便利です。

ということで今日は私が購入したハンディスチームアイロンの紹介と、その選び方についてまとめてみたいと思います。

ハンディスチームアイロンとは

ハンディスチームアイロンとはどんなものか?

あれこれ説明する前に実物を見てもらったほうが早いでしょう。

なかなか面白い形状をしていますね。本体上部のシルバーのヘッド部分を衣類にあてながらシワ伸ばしを行うイメージです。

ヘッドの部分には付属品がついていて、ホコリや毛などを折り除ける仕様になっています。

ハンディスティームクリーナーの選び方

通りすがり

ハンディスチームアイロン ってどうやって選べばいいの?

そう、ネットで検索するとごまんと商品が出てきます。私もこの商品を購入するにあたってたくさんネットでググりまくりました。

どこを観点として選べばいいのか、私なりにまとめるとこうなります。

ハンディスチームアイロンを選ぶ基準

  • 価格
  • サイズ感
  • 連続使用時間
  • 電源コードの有無
  • 電源オンからの立ち上がり時間(30秒が目安)
  • 安全機能(自動停止機能)

ハンディスチームアイロンは値段が崩れやすい傾向にあります。

在庫がだぶついているのか、商品の入れ替わりが激しいのか理由はよく分かりません。

ワタシ

おいらが買ったのは定価12,599円の商品。でも、大幅値引き+楽天ポイント付与で実質3000円ぐらいで買えてしまったんだよね…

安いのは1000円台から、高いものは1万円近くするものまであります。では、どのように商品を選んだらよいのでしょうか。

ハンディスチームアイロンを選ぶコツとしては性能面での平均値を知っておくことです。

予算を決める

まず予算を決めましょう。

安ければ安いほどいいですけど、その分だけ性能は落ちます。かといってアイロンに1万円も出すのもちょっと気が引けますよね。

私が見た限りでは、2000円から5000円の価格帯から探していくと丁度良いあんばいの商品に出会える印象です。

性能で選ぶ

ハンディスチームアイロンの性能比較は以下の基準を見ると良いです。

  • ミスト量
  • 立ち上げ時間
  • 連続使用時間

ミスト量は多ければ多いほど良いです。最低でも14g/分は欲しいところ。

立ち上げ時間は電源オンから利用できるまでの時間のことで早いもので15秒~20秒程度となります。

連続使用時間は約10分程度が平均値。短いもので7分間、長いもので15分程度です。

ただし、利用できる時間が長いということはその分だけ水を入れるタンクが大きくて重くなることになります。

あなたが1回の利用でシャツ2,3枚しかアイロンをかけないのであれば、できるだけコンパクトなものがおススメとなります。

使い勝手の良さ

ハンディスチームアイロンの使い勝手の良さは…

  • 重さ
  • 本体サイズ
  • その他付加機能

重さは平均で800gから1kg程度。水の入ったタンクを入れるとさらに重くなります。

軽ければ軽いほど使い勝手は良くなりますが、長時間の利用は不可となります。

1回あたりワイシャツ2,3枚ぐらいならタンクの量は100mlもあれば十分足ります。

1回あたりどのぐらいのシャツにアイロンをかけるのか?イメージしながらタンク容量も含めた重さを比較してみましょう。

安全対策もチェックを

大容量の電気を使う以上、安全対策はきちんと整っていないと困ります。

  • 水が足りなくなった場合
  • 8分以上未使用状態が続いた場合
  • 一定温度以上熱くなったとき

これらは自動的に運転をストップしてくれます。

また、海外製品でも日本の電気用品安全法に適合。PSEマークも取得されているか、最低保証期間が設けられているか、という点もチェックしましょう。

私が購入したハンディスチームアイロンレビュー

ここまでハンディスチームアイロンの選び方についてまとめてみました。

これらを基準に購入したのがこちらの商品になります。

ハンディスティームクリーナーの機能は以下のとおりです。

ハンディスティームクリーナーの特徴

  • 1100ワットの大パワー
  • 電源ONしてから立ち上がりまで30秒
  • ヘッドブラシは2種類あって任意に交換可能
  • 除菌・消臭効果付き
  • 15分間の連続使用可
  • 空焚き防止機能(8分間未使用時)
  • 日本の安全基準をクリア(PSEマーク取得済み)

それでは気になる部分を詳細にレポートします。

1100Wの大容量+連続使用時間15分

今回買った商品はパワー抜群です。

楽天市場ホームページによると、最大以下の枚数分のアイロンが可能とのことです。

  • シャツなら8枚から12枚
  • ワイシャツなら6枚から8枚
  • ズボンなら6枚から8枚

大容量の秘密は電力1100Wの最大電力と、大量のスティーム(30g/分)を吐き出す280mlの大容量タンクの存在です。

連続使用時間も15分間で他の製品に比べて長めにアイロンがけできるのもポイントです。

使いやすさも抜群

やはり一番嬉しいのは使いやすさ。

280mlの大容量タンクを付属すると約1kgでやや重い印象。ただ、利用に支障をきたすほどでもありません。

これまでアイロンがけのために出していたアイロン台は不要。ハンディスチームアイロンがあれば、ハンガーに掛けたままアイロンがけをすれば作業は完了です。

スティームクリーナーを掛ける前と後を比較してみます。こちらのシャツはユニクロで売っているシャツです。

洗濯乾燥後にすぐに取り出した状態です。

↑アイロンをかける前のワイシャツ。約30秒程度ハンディスチームアイロンでシワ伸ばしすると…

あっと言う間にシワ伸ばしすることができちゃいました。これは結構使えそう!!

また、とてもアイロンが楽なので、アイロンがけが楽しくなってきます。

最後に

ということで今日はハンディスチームアイロンについてご紹介しました。

とても便利そうだけど、ほんとにシワが伸びるなど使い勝手が心配でした。

でも実際に使ってみると想像以上に使い心地がよく、キレイにシワも伸びるのが実用的でよいです。

これまで普通のアイロンを持っている人も、ぜひ試しに1台ハンディスチームアイロン購入してみてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。今回の記事があなたの賢いお買い物のお役に立てると幸いです。

それでは楽しい家電ライフを!

 

ABOUT ME
うえつん@便利家電大好きサラリーマン
管理人:うえつん@便利家電大好きサラリーマン 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 家電は大好きで少ないお小遣いの中から、便利な家電を買いまくる。 便利家電を使いこなせるように努力する日々。ブログでは、家電のいいことも悪いことも赤裸々に語ります。 皆さんの賢いお買い物に貢献できるようにアウトプットしていきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください 。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください