しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で、豊かな日常生活を目指します

お出かけマップ

今こそ改めて検討する!ANAのマイレージを貯めて飛行機代を節約したい!

2018/05/12

節約も大事だけど豪華な旅行もしたい?

先日のブログでも、我慢ばかりの節約は無駄だという記事を書きました。

とは言いつつももっと節約できるところはないものか、とクレジットカード明細などを見てみると、日常生活ではこれ以上削れるところはないようです。

で、ふと思ったんです。

毎年行く家族旅行を節約できないものか、と。

え、自宅から近いところでやすいところに泊まる?

いやいや年に1,2度は札幌とか沖縄とか楽しみたいじゃないですか。でもこの旅費って結構バカにならないんですよね。

陸マイラーを見直らう

で、最近ネットでお得情報はないものか、と探していたところ、世の中には陸マイラーと呼ばれている人たちがいるようで。

陸マイラーとは、飛行機に乗らずにマイルを貯めて、タダ同然で飛行機代を確保する方々なんだそうです。

うむ、これ、おいらもやってみようかな、と思ったわけです。

マイルの貯め方

陸マイラーと言われる方々はモッピーやチョビリッチなどのポイントサイトに登録したり、高還元率なクレジットカードを駆使してJALやANAを何十万マイルも貯め込むとのこと。

このブログでもクレジットカード比較などをして、REXカードやP-one Withが有利だーなどと記事にしてましたけどね、結局クレジットカードのポイント還元率も改悪されるなどして、あまりクレジットカード間でのお得感に差もなくなってきました

クレジットカード利用による比較にモチベーションも下がってきた昨今、思いついたのがマイルへの還元率比較。

ワタシも久々にやる気が湧いてきた、という感じです。

必要なマイルはどれくらいか

例えば、ANAの場合で必要になるマイル数はこんな感じのようです。

東京ー大阪 10000-12000マイル
東京-博多 12000-15000マイル
東京-札幌 12000-15000マイル
東京-沖縄 14000-17000マイル

ANAやJAL系のクレジットカードの還元率を1%としても10000マイル~17000マイル、つまり100万円から170万円カード決済する必要があります。

我が家でも基本支払いはクレジットカードを使っていますが、さすがにこれだけのマイルを買い物だけで貯め込むのは無理。

これを補填するために、ポイントサイトを使うのがベターです。

モッピーやチョビリッチなら、FXの口座開設やクレジットカードカートを作るだけでポイントも貯まります。これは利用しない手はないですね。

ワタシはまず堅実なところでハピタスにアカウントを作成しました。

高還元率ポイントサイト《ハピタス》

こちらもアンケートやクレジットをカードを作ることでマイルに変えられるポイントを大量にゲットすることができるらしいです。

今後の検討課題

ということでマイルを貯めるべくネットでいろいろ調査を実施中。はっきり言ってどのやり方が一番お得なのか、よく分かりません

会員登録からカード作成等まできちんと確認をしてベストの方法を研究しなければいけませんね。

株主優待

その他の旅行代金の軽減ですが、もともと旅行代の一部を負担してくる会社の福利厚生もありますし、プレサンスコーポの株主優待ではJTBギフト券ももらえます。

また、ベストは飛行機会社の株主優待をゲットすることでしょう。優待クロスよりも現物保有のほうがコストも少なくて済みます。今年の3月は取り逃してしまいました。9月末に巻き替えしたいと思います。

ふるさとの納税

さらに最近では旅行券をふるさと納税の返礼品とする自治体も出てきました。大阪府熊取町は1万円のふるさと納税で5000円の近畿日本ツーリストの旅行券をもらうことができます。

ANAやJALを諦めて、LCCのピーチでもよければふるさと納税でピーチポイントをゲットすることもできます

子連れでLCCって大丈夫なの?という気がしますが。

目標は年間3万マイル

ということで、家族旅行代金節約を目的としたマイルを貯める大作戦をいよいよ決行することにします。ただ。今年の夏休みの旅行にマイルを貯めるのはすでに遅いかもしれませんね。

今のうちから勉強を兼ねて少しずつ勉強していけば、来年の夏休みにはビジネスクラスで遠出の旅行ができるんじゃないか、と何気に期待しています(笑)

 

 

-お出かけマップ