しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

通信機器・周辺機器

プロの販売員に聞いたエプソンのプリンター「カラリオ」の選び方

2017/12/22

しがないサラリーマンですおはようございます。

早いものでもう年末ですねー。年末と言えば年賀状。年賀状って忙しくてなかなか準備することが多くうな作業ですよね。

写真選び、誰に送るか、住所は変わっていないか、送る人の住所のリスト化などなど。

年賀状とワタシ

節約の一環としては毎年恒例の年賀状をできるだけ減らしたいと、ひとり年賀状リストラ計画を実行してきました。

しかし、目上の方や退職されてお世話になった方にはどうしても年賀状って廃止できないんですよね。

ということで今年も例年通り年賀状を準備し始めたのです。

ヤマダ電機の株主優待券も余る

9月にゲットしたヤマダ電機の株主優待券。6500円分の割引が受けられるのですが、もともとこの買い物券はタブレットを買うつもりで保管していました。

しかし、iPad Air2を無償で譲り受けることになった結果、その使い道もなくなってしまったのです。ただ、有効期限は12月末まで。6500円どぶに捨てるのももったいないなーと思っていたところでした。

そしてプリンタが破損

 

この秋ごろからプリンタの調子も悪かったんです。今使っているプリンタはブラザーの複合機なのですが、カラー印刷はあまり美しいとも言えず。

購入して7年目に入るのでそろそろ新しいプリンタを買ってもいいのでは、と思ったわけです。

エプソンのプリンタ

で、今回白羽の矢が立ったのはエプソンのプリンタ。年賀状などの印刷で仕上がりきれいなのはキヤノンかエプソンと言われます。

キヤノンは2台前のプリンタを持っていたため、今回は一度も使っていないエプソンにしようと思ったのです。

プリンタに求める機能

まあ、きれいに写真プリントができることと、スキャナ、そしてコピーできれば十分。特別なことをできる必要はなく、普通に家電量販店で売っているプリンタで十分に賄える仕様だと思います。

エプソンプリンタのスペック比較

ということでエプソンプリンタのスペック表で比較したいと思います。

機能 EP-880 EP810 EP710
インク 6色
有線LAN
無線LAN
USBケーブル
スマホアプリ
液晶 4.3inch 2.7inch 1.44inch
給紙 前面2段 前面2段 前面1段
ディスクプリント
自動両面プリント ×
作品印刷機能 × ×
コピー背景除去
動作音低減機能
操作パネル自動開閉 OFFのみ
メモリーカードプリント
USBメモリプリント ×
赤外線プリント × ×
メンテナンスボックス交換 × ×
メーカー保証 1年 1年 1年
メーカー保守 ×
最高解像度 5,760×1,440dpi
L版印刷スピード 13秒 13秒 17秒
L版インクコスト 20.6円 26.5円 26.5円
A4カラーインクコスト 12円 15円 15円
対応インク クマノミ イチョウ イチョウ

それぞれの機種を比較してみます。

価格優先ならEP710

この3機種の中で最も安いのはEP710です。価格は約1万円程度で買えます。インクタンクは5000円超ですからねえ。おかしな商売手法だと思いますよ(余談です)。

自動両面印刷機能がない、前面の用紙トレーが1段しかないなどデメリットもありますが、価格優先ならこの機種一択かと。

バランスを取るならEP810

EP710では機能面で物足りないが、価格も抑えない、というのならEP810がベストか。

自動両面印刷機能もありますし、前面用紙トレーは2段なので、はがきとA4用紙を一緒に入れておくこともできます。EP710との価格差は約5000円程度なので、機能と金額の差をどう考えるかがポイントですね。

最新機種ならEP880

エプソンのプリンタシリーズの最新機種がEP880。スペック表に記載された機能はひととおり実装しています。また、液晶モニタのサイズも大きくタッチパネルでの操作ができるのもこの機種のみ。操作性の高さを感じさせます。

また、このプリンタの売りは経済性。クマノミ増量タンクを使用することで、L版写真やA4サイズのプリントなどほかの機種よりも低コストを実現しました。

ただ、価格が2万円超と高価で、EP810よりも8000円ぐらい差があります。

ダイレクトプリントなどあまり使わない機能もありますから、この価格差をどう考えるかですね。

ワタシのベストチョイスは

ということでワタシが選ぶなら、EP810をチョイスするでしょう。機能も最低限のものが揃っていますし、15000円弱でコスパも優れています。

とにかく初期投資を抑えたいというのであればEP710もよいでしょう。ただ、EP880も有線LANを使えるのはとても魅力なのですが、価格差を埋めるだけのメリットはあまり感じられません。

しかし、本当にお得な商品は

ワタシの場合は、家電量販店で購入する必要があるため、上記3機種の中からチョイスすることになるのですが、もしあなたがアマゾンや楽天市場で購入することができるなら本当におすすめの商品は、EP879です。

この機種はEP880の前モデルなのですが、機能や仕様はEP880とほとんど変わりがありません。なのに価格が下がっていて、アマゾンではEP810と同じぐらいの価格で買うことができます。

すでに量販店では展示さえされていないようなのでとても残念ですねえ。

プリンタ選びで感じたこと

プリンタの機能はすでに飽和状態ですでに価格競争の様相です。このような中で、メーカーは苦肉の策でラインナップの見直しやインクタンクなどの消耗品で元を取ろうと努力がうかがえます。ただ、こうした動向は一消費者にしてみると、損した気分になりますね。

ということでさっそく我が家ではこちらを買ってきました。

詳細なレビューはまた後日にでも。ではまた!

 

-通信機器・周辺機器