格安SIM

Zenfone8DSDVで10GB話し放題付き月額1000円以下のスマホを作る

今日は、格安SIMよりもさらにお得な格安SIMの利用方法についてまとめてみます。

最近、ahamoとかpovoとlinemoなど3大キャリアが提供する格安プランが広く提供されるようになりました。

これを受けてMVNOと言われる格安SIMも対抗、月額1000円以下で音声通話付きSIMも珍しいサービスではなくなりました。

でもね、もっと安くお得にスマホ代の節約につなげてみたいと思いませんか?

よめちゃん

また、怪しい会社の格安SIMを紹介しようってわけではないわよね。

いえいえ、そんなことはないんです。ちょっと工夫を加えるだけで…

  • 通話は話し放題
  • データ通信は10GB

これを月額1,000円以内で利用できるようになっちゃうんです。

データ通信は10GBもいらない、4GBもあれば十分…という人には、話し放題付きで月額660円で済んじゃいます

スマホ代を1円でも安く済ませたい、浮いたお金で株でも買いたいという人はぜひチャレンジしてみて欲しいです。

結論から言うとこんなやり方です。

超格安スマホの作り方

  • SIM2枚差しスマホ(DSDV対応スマホ)を利用する
  • 通話用SIMは楽天モバイルまたはOCNモバイルONEを使う
  • データ通信用SIMはREMOモバイルまたは格安SIMを使う
よめちゃん

ちょっと難しくて何言っているかよく分からないわ。

興味のある人はぜひ読み進みください。

なお、超格安スマホを実現するための端末や格安SIMのご紹介も掲載しますよ

なぜSIMカード2枚挿しスマホを利用するのか?

今回の超格安スマホを作るにあたって理解しなければならないこと、それはSIMカードを2枚挿せるスマホを使う、という意味合いです。

よめちゃん

普通のスマホはSIMカードって1枚だけよね。

そうなんです。でも、昔から海外製のスマホを中心にSIMカードを2枚挿せるスマホってのが売り出されているんです。

ワタシ

僕も5年前はMOTOROLAのMOTO Z PLAYにSIMカード2枚挿して使っていた経験があるんです。

SIMカードを2枚挿すということは…

  • 別々のスマホ会社のSIMを挿す
  • 金額は2倍
  • 却ってコストは高くなる?

そんなふうに思いますよね。

でも、1枚は通話プランが激安のSIM、もう1枚は激安のデータSIMを挿す…

こんな風にお得な通信プランを組み合わせて使えるのがSIMカード2枚挿しスマホのメリットなのです。

私が以前契約していたスマホ

  • 通話用=FOMAバリュープラン
    →月3円で40分の通話付き
  • データSIM=格安SIM(3GB)
    →300円(キャンペーン適用)

こんな感じで格安スマホを作っていた経験があります。

NTT docomo から請求書が到着!本当に2円スマホは実現できたのか? ワタシの職場や友人も最近になって、格安SIMに乗り換えるヒトが多くなりました。その話の流れの中で「月額いくらだ」的な話をよく聞か...

このSIMカード2枚差しに対応していることを、「DSDV」とか「DSDS」とか言ったりします。

  • DSDV→Dual Sim Dual Volte
  • DSDS→Dual Sim Dual Stanby

ちょっと専門的になりますが、最近は3G回線サービス終了に伴い、DSDS対応のメリットはあまりないです。

これからはSIMカード2枚挿しスマホ=DSDV対応スマホのことを言うものと思ってください。

どの格安SIMを使うのか?

よめちゃん

DSDVは分かったけど、どんなスマホ会社を選べばいいの?

それではどのようなやり方でSIM2枚挿しのメリットを生かしていくのかをご紹介していきましょう!

音声通話用SIM

音声通話用SIMは以下のいずれかを用います。

  • 楽天モバイルUNLIMIT VI
  • OCNモバイルONE

それぞれのメリットを整理していきましょう。

楽天モバイルUNLIMIT VIを使う

まず通話用SIMですが、4つめのキャリアと言われる楽天モバイルを使います。

楽天モバイルにはUNLIMIT VIというサービスがあります。

楽天モバイルUNLIMIT VI の概要

  • 通話はRAKUTEN LINK というアプリを使えば国内通話かけ放題
  • データ通信は1GBまでなら月額料金無料

楽天モバイルの UNLIMIT VI というサービスは、データ通信が1GB以内であれば月額料金は無料。

通話はRAKUTEN LINKというアプリ経由なら通話料金は無料です。

通話の際でも楽天モバイルのデータ通信は発生しないので、通話だけなら楽天モバイルの利用料金はタダ、ということになります。

OCNモバイルONEを使う

ネットの情報では楽天モバイルの通話の品質が悪いといった評判も聞かれます。

基地局の拡大などが行き渡っていないエリアにお住いの場合は、つながりにくい可能性があります。

そんな方にはOCNモバイルONEの新サービスを代替案として提案します。

このOCNモバイルONEの新サービスは以下のようなメリットがあります。

OCNモバイルONEの新サービスの概要

  • 月額550円
  • 10分間の通話料金込み
  • 専用アプリなし国内通話11円/30秒

10分間の通話付きで月額550円(税込み)で利用することができます。

楽天モバイルほど値段は安くなりませんが、音声通話付きプランとしては他の格安SIMと比べても破格の価格設定となっています。

データ通信用SIM

次にデータ通信用SIMを選ぶこととします。候補としては以下の3つ。

  • REMOモバイル
  • IIJみおe-SIM
  • NURO-MOBILE

大容量を使いたいユーザはREMOモバイル

データ通信はREMOモバイルという格安SIMを使います。

REMOモバイルは2021年9月2日から提供を開始したデータ通信サービスです。

先着1万名までという条件付きですが、10GB月額990円という破格な料金設定が魅力です。なお、REMOモバイルの詳細な記事はこちらに書いています。

最安値の格安SIM!REMOモバイル申込んでみました! 今日は一部のネットで話題沸騰中、REMOモバイルについてご紹介します。 よめちゃん REMOモバイル?聞いたことないわね… ...

これをデータ通信用SIMとして利用することになります。

ただし、REMOモバイルは通信速度がやや遅いです。そんなにデータ通信量はいらないから価格をもう少し下げたい、と言う場合は、他の格安SIMで代用が可能です。

REMOモバイルの通信速度は速い?遅い?実際に計測してみた! 今日は先日我が家に届いたREMOモバイルのレビューです。 REMOモバイルはドコモ系の格安SIMで10GB990円※で利用できる...

IIJみふぉんという格安SIM。こちらはSIMの種類によってはデータ通信4GBプランで月額660円しかかかりません

IIJみおふぉんのAタイプは私もつい最近まで使っていました。メイン回線として十分に使える格安SIMと言って差しつかえありません。

ライトユーザ向けはNUROモバイルを使う

動画やゲームをあまりやらないライトユーザにはNUROモバイルがおすすめでしょう。

NUROモバイルのメリット

  • 格安SIMの中でも最安値級
  • 3GB=627円、5GB=825円
  • 5GBプランの場合は3か月ごとに3GBもらえる

REMOモバイルのように10GBも使わない、もっと安くしたいという場合は、NUROモバイルの3GBがおススメす。3GB月額627円は業界の中でも最安値級です。

また、5GBプランでも825円で済みますし、Gigaプラスという特典もあります。

Gigaプラスとはデータ通信5GBユーザに対して3か月ごとに1回3GBプレゼントしてくれる特典です。

IIJ mio eSIM

DSDVスマホの中には、eSIMのみ対応しているスマホがあります。この場合、IIJmioのeSIMを利用するのがおススメです。

eSIMとはソフトウエアでデータ通信を行う仕組み。SIMカードで利用するプランよりも値段が安いのが特長です。

IIJmioのeSIMなら4GBプランが月額660円で済みます。

DSDV対応スマホを選ぶ

スマホに挿すSIMカードの会社が決まったら、次はスマホ選びです。

DSDVスマホでぐぐると、すごいいっぱいスマホがヒットします。

よめちゃん

どれを選んだらいいかわからないわ。

ということで独断と偏見でワタシがおススメするDSDVスマホをご紹介します。

Xaiomi Mi 11 LITE 5G

まずご紹介したいのが Xaiomi(シャオミ) Mi 11 LITE 5G という商品です。シャオミは中国のスマホメーカーです。

このMi 11 Lite 5Gというスマホの特徴はこんな感じです。

Xaiomi Mi 11 Lite 5G の特徴

  • 性能はミドルスペックでライトユーザなら十分なレベル
  • 女性にぴったりの爽やかなデザインが好評
  • 本体が薄くて持ちやすく携帯性に優れる
  • 海外製スマホでは珍しいおサイフケータイ対応
  • 3万円台から買える良心価格

正直、私もこのスマホを買おうか迷いました。ただ、難点としては…

Xaiomi Mi 11 Lite 5G のイマイチな部分

  • 防水防塵対応でない
  • バッテリ持ちがあまり良くないというレビューあり
  • 高負荷なスマホゲームの利用には向いていない

私は防水防塵機能が必須だったのでこの機種はあきらめました。

ネットレビューだとiPhone MAXと比較するバカ者がいますが、この値段にしてはとても優れたスマホだと思います。

コスト優先の方にお勧めの一台です。

AQUOS sense4 Lite

次にお勧めなのがAQUOS sense4 Lite SIMフリーです。実はこれ、私のヨメ機です。

楽天モバイルでスマホを買うならAQUOS sence4 liteをおすすめする理由 いよいよ我が家では楽天モバイルにMNPしました! 楽天モバイルはイイですよお、12月8日までの期間限定で、月額2980円で通話・...

AQUOS sense4 Liteですが、ライトユーザなら十分なスペックで、うちの奥さんもとっても満足している様子です。

AQUOS sense4 Liteの特徴

  • 性能はミドルスペックでライトユーザなら十分なレベル
  • 女性にぴったりの爽やかなデザインが好評
  • 本体が薄くて持ちやすく携帯性に優れる
  • 防水防塵、カメラ手振れ補正など必須機能のほとんどを実装
  • 3万円台から買える良心価格

昨年販売されたモデルで価格も2万円程度あれば買える水準まで下がってきました。

AQUOS sense4 Liteのここがイマイチ

  • 昨年のモデルでスペックがやや落ちる
  • SIMカード2枚挿しのうち1枚がeSIM限定

昨年のモデルなのでCPUなどの性能が最新機種に比べるとやや落ちる点は不満。

また、DSDVですが片方はeSIMというソフトウエアで通信を行う仕様です。使える格安SIMに制約があるので要注意です。

ただ、値段と性能を比べたときバランスが取れているスマホと言って良さそうです。詳しいレビュー記事はコチラご覧ください。

楽天モバイルでスマホを買うならAQUOS sence4 liteをおすすめする理由 いよいよ我が家では楽天モバイルにMNPしました! 楽天モバイルはイイですよお、12月8日までの期間限定で、月額2980円で通話・...

ASUS Zenfone8

ハイスペックスマホならASUS Zenfone8がおススメです。

というか私、Zenfone8、買っちゃいましたからね( ´艸`)

SIMフリースマホASUS ZENFONE8がおすすめ!安く買う方法も紹介! 今日は2021年8月27日発売ASUSのSIMフリースマホ、ZENFONE8をご紹介します。 最近、格安SIMとか毎月の...
【購入】Zenfone8レビュー!Mi11、Reno5Aとの比較も 先日もご紹介したZenfone8を購入しました! 「Zenfone8の使い勝手ってどうなの?」 「Zenfone8、ちょっ...

Zenfone8の魅力をポイントだけ挙げるとこんな感じです。

ASUS Zenfone8の特徴

  • 性能は最新のハイスペックモデル
  • 片手で操作できるコンパクトサイズ
  • おサイフケータイ、防水防塵に対応
  • 防水防塵、急速充電対応、カメラ手振れ補正など必須機能のほとんどを実装

これで7万円台ですから、相当安い価格設定です。

ASUS Zenfone8のここがイマイチ

  • 置くだけ充電には未対応
  • 販売開始直後でネットの評価が不明

置くだけ充電とかあまり使わないのでどうでも良い感じですが。

全体的にネットの情報が少なく、スペック通りにきちんと動くのか、使用感的なレビューを確認してから買っても遅くはないでしょう。

OPPO Find X3 Pro

最後に挙げるのがOPPO Find X3 Proというハイエンドスマホ。このスマホも買おうか迷った一台です。

OPPO Find X3 Proの特徴

  • 性能は最新のハイスペックモデル
  • レスポンス・画面表示などネットの評判が高い
  • カメラの評判がいい

OPPO Find X3 Proのここがイマイチ

  • 価格が高い(10万円超)
  • おサイフケータイはなし
  • DSDVのうち1枚がeSIM
  • 本体がでかくて重そう

OPPOのフラッグシップモデルだけあって、性能面では高評価が目立ちますね。ただし、デザインや本体が大きすぎると言った評価も散見されます。

購入する際には、本物を一度見たほうが良さそうですね。

ワタシ

もっとよいDSDV対応スマホがあったら教えてください!

激安SIMのモデルケース

それではこれまでの説明を踏まえて、激安SIMのモデルケースをいくつか紹介しましょう。

標準バージョン

まずは私が実践中の激安スマホプランをご紹介しましょう。

パターンA

  • 通話SIM…楽天モバイル
  • データSIM…REMOモバイル(10GB)
  • スマホ…Zenfone8

月のスマホ代=990円 (通話し放題付き)

先ほど記事の中でも紹介したものと同一です。これで月額990円で通話かけ放題の激安スマホが完成となります。

格安バージョン(eSIM)

よめちゃん

いやいや私は10ギガもいらないわ。4ギガあれば十分

そんな場合は、IIJみおふぉんのeSIMプランを使いましょう。スマホはeSIM対応であることに注意です。

パターンB

  • 通話SIM…楽天モバイル
  • データSIM…IIJみおふぉんeSIM(4GB)
  • スマホ…AQUOS sense 4 Lite

月のスマホ代=660円 (通話し放題付き)

本体も2万円台で買えるし、月額もeSIM代660円しかかかりません。ちなみにデータ通信2GBプランなら440円(通話し放題付き) で済んじゃいます。

ちなみに楽天モバイルUNLIMITを始めて申し込む方には、スマホセット2万5千円相当のポイントがもらえてさらにお得ですね。

格安バージョン(通常SIM)

もしも使うスマホがeSIM対応していない場合は、IIJmioのeSIMに代えてNUROモバイルを使いましょう。

パターンC

  • 通話SIM…楽天モバイル
  • データSIM…NUROモバイル(5GB)
  • スマホ…Zenfone8

月のスマホ代=825円 (通話し放題付き)

贅沢コース

よめちゃん

なかにはもっといっぱい使いたいというお方もいるかもしれないわね。。。

10GBでは物足りない、ahamoのように月20GBは必要という方には、データ用SIMとしてエキサイトモバイルがベストチョイスとなります。

パターンD

  • 通話SIM…楽天モバイル
  • データSIM…エキサイトモバイルFLATプラン(20GB)
  • スマホ…Zenfone8

月のスマホ代=1958円(通話し放題付き)

エキサイトモバイルとは勝間和代氏もお勧めしていた格安SIMとして知っている人も多いでしょう。

エキサイトモバイルは、今年サービス内容を一新。

  • データ量にあわせて利用料金が決まるFITプラン
  • 毎月同額を支払うFLATプラン

以上2種類となりました。20GB以上の場合は、FLATプランを選択したほうが安く済みます。

データ量月額(税込)
20GB1,958円
25GB2,860円
30GB4,290円

30GB以上の場合は、楽天モバイルのほうが安くなりますから注意が必要です。25GB以下ならエキサイトモバイルのほうが安いです。

エキサイトモバイルはドコモ回線とau回線から選ぶことができます。ネットの評判でも格安SIMの中では安定しているとの情報もあります。

また、データ用SIMカードは1枚220円で最大5枚まで追加することができます

スマホ以外にも持ち出し用タブレットやお子さんのスマホともシェアできますのでとてもおススメです。

ワタシ

REMOモバイルがなかったらエキサイトモバイルを申し込むつもりだったんだよね。

OCNモバイルONEを使う

楽天モバイルを使わないパターンとしては、通話用SIMにOCNモバイルONEを使います。

データSIMは価格優先でNUROモバイル3GBプランとします。

パターンE

  • 通話SIM…OCNモバイルONE
  • データSIM…NUROモバイル(3GB)
  • スマホ…Zenfone8

月のスマホ代=1177円(10分間通話付き)

予算の1000円以内を少々オーバーしてしまいましたが、これでも月のスマホ代金としてはかなり安いと思います。

失敗しない格安SIM選びのために

でも、格安SIMってどれぐらい速度が出るのか不安…

そんな声も聞こえてきそうです。私も同じ意見です。後から失敗しないように事前の調査とスモールスタートを心がけるようにしています。

失敗しない格安SIM選び

  • ネットで評判を調べる
  • お試しパック(プリペイド式)を使ってみる
  • 周囲の使っている人に聞く
  • 1GB、3GBなど安いプランから始めてみる

まずネットでその格安SIMの評判を調べてみましょう。

Googleで「格安SIMの名前」「比較」「速度」といった用語で検索をかけてみれば情報はたくさん落ちています。

また、こうした通信速度のテストは計測する地域によって大きく異なります。

なので、身近に候補となる格安SIMを使っている人はいないか、いたら使い勝手を聴いてみるとよいでしょう。

あと、間違いないのはスモールスタートを切ってみることです。

例えばIIJみおふぉんなどはプリペイド式のSIMがAmazonで売られています。まずこうしたものから試してみると良いでしょう(在庫切れの場合あり)。

また、いきなり大容量SIMで契約する前に3GBなど少額で契約して使うと損失の傷も浅くて済みますね。

いきなりDSDVスマホを買って、今の契約を変えて…とまとめて一気に物事を進めようとすると失敗したときに取り返しのつかないことになります。

順序だててゆっくりと激安スマホづくりを進めるのが吉です。

最後に

ということで今日は楽天モバイルなどのサービスを利用して、激安スマホを自作する方法をご紹介しました!

初心者の方にはちょっと難しい部分もあったかもしれません。

でも、これも勉強の一環です。

スマホに関する知識を養うことはとても重要なこと。今後のIoTも進展していくことが予想される中で、乗り遅れないように気を付けなければいけません。

私もみなさんと一緒に勉強していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。今回の記事があなたの賢いお買い物のお役に立てるととても嬉しいです。

それでは楽しいモバイルライフを!

 

ABOUT ME
うえつん@便利家電大好きサラリーマン
管理人:うえつん@便利家電大好きサラリーマン 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 家電は大好きで少ないお小遣いの中から、便利な家電を買いまくる。 便利家電を使いこなせるように努力する日々。ブログでは、家電のいいことも悪いことも赤裸々に語ります。 皆さんの賢いお買い物に貢献できるようにアウトプットしていきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください 。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください