格安SIM

REMOモバイルの通信速度は速い?遅い?評判はいい?実際に計測して確認してみた!

今日は先日我が家に届いたREMOモバイルのレビューです。

REMOモバイルはドコモ系の格安SIMで10GB990円※で利用できる超破格なデータ通信サービスです。

初回申込み先着1万名まで、という表記がありますが、未だにキャンペーン期間が継続中です。

よめちゃん

そんなに安い格安SIM、使い勝手はどうなの?

そう、実際に使ってみないと分からない格安SIMの世界。

REMOモバイルって通信速度はどれぐらい出るの?

日常生活で使える格安SIMなの?

申し込んでからどれぐらいでSIMが自宅に届くの?

スマホ代には、あまりお金をかけたくない、でも、REMOモバイルって安かろう悪かろうではないのか…

実際に契約して半年以上ずっと使い続けている私がその疑問に答えます。

今日REMOモバイルの使い勝手についてレポートしていきたいと思います。

なお、結論から言うとこんな感じです。

REMOモバイルの使い勝手

  • SIMカードは申込から4日間程度で自宅に届いた
  • 通信速度は速いとは言えないが、十分に使えるレベル
  • 混雑する時間帯も普通に使える
  • テザリングもオッケー(Androidで実験)

それではもう少し深堀りしていきましょう!

なお、REMOモバイルの詳細はこちらもご覧ください。

最安値の格安SIM!REMOモバイル申込んでみました! 今日は一部のネットで話題沸騰中、REMOモバイルについてご紹介します。 よめちゃん REMOモバイル?聞いたことないわね… ...

REMOモバイルが自宅に届く

さて先日申し込んだREMOモバイルですが、さっそく自宅に届きました。

ネットでの申し込みから約4日間での到着。

ワタシ

意外と早かったなあ~

到着したのは宅急便コンパクトでした。

早速中身を開封すると、書面2枚とSIMカードが1枚入っていました。

こちらがプラン内容を記載したものです。

SIMカードはマルチSIM。取扱いがしやすいのもよいですね。

スマホには書面に書かれているこちらの情報を設定。

設定してSIMを挿入すると、簡単にデータ通信が可能となりました。

さっそくスピードテストを実施してみた!

それではさっそくスピードテストしてみました。場所は都内品川周辺の某所です。

おおー、という感じでいきなり50Mbpsとか64Mbpsでるのかーという感じ。これはなかなか早いです。

これなら安心して使えそうと思ったのですが、これ以降、こんなに早い速度が出ることはありませんでした。

早朝の時間帯

まず朝7時から7時半ごろの通信速度です。

早いときは30Mbps、最低でも20Mbps出ていてまあまあ早いほう。

そのあと8時前後にもう一度チャレンジ。通信速度は8Mbpsまで落ちてしまいました。

一気に通信速度が落ちてしまった印象です。

お昼の時間帯

次に一番気になるお昼休みの時間帯ですが、ここでは4Mbpsをキープ。良いときで7Mbpsの速度が出ました。

ここでいったんSIMをIIJみおふぉん(Aプラン)に差し替えて計測。

概ね4Mbps出ており、REMOモバイルとだいたい同じぐらいの通信速度だったことが分かります。

夕方から夜の部

夕方5時30分ごろの通信速度はこちら。

3Mbpsから7Mbps程度の速さです。

ここで再度IIJみおふぉんで計測。するとこちらは11Mbpsから30Mbpsの速度が出ました。ここではIIJみおの圧勝という感じ。

もう一度REMOモバイルでチャレンジしましたが8Mbps程度にとどまる感じ。

そして夜ももう一度チャレンジ!

やはり8Mbpsとなりました。昨日の60Mbpsはどこに行った?という印象です。

追加:祝日の早朝

一番通信速度の出そうな祝日の早朝にスピードテストを実施してみました。

なんと、最速130Mbps超の速度を記録しました。

回線が空いている時間帯とはなかなかのスピードで驚かされました。

テザリングは普通にできた

次にテザリングをやってみました。REMOモバイルのHPにはAndroidでも一部の機器なら可能とだけ表記がありました。

Galaxy S9に挿してAquos sence4 Liteを接続。無事にテザリングすることができました。

また、Zenfone8にSIMを挿してテザリング、iPadを接続したところバッチリデータ通信できました。

機会があれば他のスマホでも試してみたいですね。

スピードテストをして気付いたこと

REMOモバイルのスピードテストをやってみて、感じたことは以下のとおりです。

通信速度はバラつきが大きい。時間帯によっては早くないが、YouTubeやブラウジングには支障がないレベル。

結論から言うと普段使いには不足はなかったです。

ヤフーサイトを開くにもサクサクと開けてましたし、普段格安SIMで慣れている人なら十分に満足できるレベルと言っていいでしょう。

ただ、SIMカードが到着直後に出た60Mbpsはどこにいっちゃったんだ?という感じ。

通信速度にプレが大きい可能性もありますし、ユーザが急増したことが通信速度の圧迫要因になっている可能性もあります。

今後の通信速度の推移については、観察が必要ですね。

最後に

ということで今日は、REMOモバイルの通信速度を測定した見た結果をまとめてみました。

結論としては、もう少し通信速度が欲しいけど、日常生活では普通に使えるレベルといった感じ。私としてはメイン回線として使ってもいいなーそう思えたテスト結果でした。

REMOモバイル公式サイト

最終的にはREMOモバイルのSIMをDSDVスマホに挿して使っています。

これで月額1000円以下で話し放題付きの激安スマホを作ることができました。

Zenfone8DSDVで10GB話し放題付き月額1000円以下のスマホを作る 今日は、格安SIMよりもさらにお得な格安SIMの利用方法についてまとめてみます。 最近、ahamoとかpovoとlinemoなど...

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。今回の記事があなたの賢いお買い物のお役に立てると嬉しいです。

それでは楽しいモバイルライフを!

 

ABOUT ME
うえつん@便利家電大好きサラリーマン
管理人:うえつん@便利家電大好きサラリーマン 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 家電は大好きで少ないお小遣いの中から、便利な家電を買いまくる。 便利家電を使いこなせるように努力する日々。ブログでは、家電のいいことも悪いことも赤裸々に語ります。 皆さんの賢いお買い物に貢献できるようにアウトプットしていきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください 。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください