しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

家電

電動アシスト自転車ならビビ・DXをおすすめしたい理由

最近の電動アシスト自転車に思うこと

最近の電動アシスト自転車に思うこと。それは…

値段が高すぎる!

ということです。

先日も某家電量販店に行きましてね、電動アシスト自転車を見に行ったんです。我が子も来年は保育園ですし、ここらで子どもを乗せられる電動アシスト自転車を買いたいなと。

で、見てみると、安くても11万円ほど。バッテリーのいいもので13万円程度、それなりにいいやつだと18万円とかするじゃないですか。

例えばこんなやつね。

18万円なんて下手すりゃ、中古の軽自動車が買える値段ですよ。自転車にそんなにお金をかけるなんて信じられないですよね。

え?それぐらいのお金たいしたことないじゃない?

そう思う人は続きを読むのはご遠慮ください笑

ワタシのようなしがないサラリーマンはですね、自転車に10万円もかけるなんて信じられないんですよね。

おそらく、電動アシスト自転車でもそんな豪華なものはいらない、最低限の機能でいいから安い電動アシスト自転車でいいですって思っている人はたくさんいると思うんです。

 

そんなヒトにお勧めしたいのがパナソニックのビビDXという電動アシスト自転車です。

 

ビビDXのメリット

なぜこのビビDXをおすすめするのか。それは値段の安さと機能のバランス。

確かに最近の電動アシスト自転車ってすごい性能がいいんです。

普通電動アシスト自転車って後輪の駆動をアシストしてくれるものじゃないですか。最近の電動アシスト自転車って前輪までアシストしてくれるものもあるそうなんです。

あと、電動アシスト自転車の電源をオンにすると自動的に鍵を開錠してくれる機能とか。

肌触りの優しいプレミアムチャイルドシート

などなど。

ぜんぶいらーん

そんなことより値段を安くしてくれ。ビビDXはまさにそんなヒト向けの電動アシスト自転車です。

最低限の機能が実装されている

機能がシンプルとは言え、最低限の機能はついていますよ。

  • レベル27で後部にはチャイルドシートを装着可能。
  • たくさん荷物を積める大型バスケット
  • 足元まで明るく照らすLEDビームランプ
  • スタンドを立てるとハンドルも同時に固定されるスタピタ

これだけついていれば十分でしょう。

バッテリー容量も十分

一番大事なのはバッテリー。値段の安い電動アシスト自転車は8Ahなどバッテリ容量が小さいものばかりです。

ビビDXは16Ahと大容量バッテリ。標準モードで距離70km、エコモードなら100kmも走ってくれるんです。

70kmというと東京駅から直線距離で神奈川県小田原市や山梨県大月市あたりまでの距離。これを1回の充電で行けてしまうですからすごいと思いませんか?

販売価格が下落中でお得に

肝心の価格なんですけど、パナのサイトを見ると定価は11万円と書いてあるんですよね。

ただ、ビビDXはモデル入れ替えの時期なのか、ネットでは1割引以上値引きされて売られているようなんです。

ネットで買うのが不安?

でも、ネットで高価なものを買うのが不安…そう思う人もいるかもしれません。何を隠そうワタシも自転車をネットで買うのは初めてなんです。

ネットショップの中には、自宅ではなく実際の店舗に配送してくれるお店もあるようです。

防犯登録のほか必要なオプションも購入できますし、実店舗とのつながりができれば、自転車のメンテナンスの相談なども気軽に対応してくれることでしょう。

最後に

もし、電動アシスト自転車を検討しているなら、即購入すべきです。

何を隠そうこのワタシも、楽天市場でポチってしまいました(笑)。楽天ポイントも13%超たまってくれてありがたいかぎりです。

ビビDX、みなさんも検討してみてはいかがですか?

 

-家電