しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で、豊かな日常生活を目指します

便利な無料アプリ

誰でも簡単にできる無料でお子さんの「おかえり通知」を受け取る方法(概論)

2018/01/27

しがないサラリーマンです。おはようございます。

先日の日記では、キッズケータイをいかに安くそして安全に導入するかについて書きました。その中でおかえり通知という機能があることを知りました。

おかえり通知とは、例えば我が子が帰宅したら職場にいる親のスマホにメールや通知を送る、というサービスです。

我が家もですね、共稼ぎである以上、通学時になにかトラブルに巻き込まれていないか、とか、きちんと学童保育に到着したか、とか心配になるじゃないですか。

それを電子メールなどで無事を教えてくれればとても安心ですよね。

おそらくこれから小学校に入学するお子さんや電車・バスで通学する小中学生をお持ちのご両親は、みんな同じ気持ちなのではないでしょうか。

どんなサービスが展開されているのか?

世間ではこのようなおかえり通知サービスが色々なところで展開されていることを知りました。

例えば東急電鉄ではPasmoと連携し、改札を通過したら指定されたメールアドレスに情報を送信ししてくれます(こども見守りサービスEKIDS)。

また、地域見守りネットワーク協議会という組織では登下校メールシステムというサービスも行っていますし、阪神安心サービスで「登下校ミマモルメ」というサービスを行っています。

しかし、問題はこのようなサービスを実施している学校や鉄道会社が限られている点

例えば、JR東日本でもこのようなサービスがあったらいいなと思うし、うちの近所の公立小学校でも「学校を出たらメールをくれる」みたいなサービスもあればいいと思いますが、いつ実現してくれるか分かりません。

また、駅の改札口を出たことは分かっても、自宅にちゃんと到着したのか、とか学習塾に無事に到着できたのかとかまではサポートされません。

このようにおかえり通知は一部サービスとして提供されながらもすべての人々に行き渡っていないというのが現状のようです。

ワタシが検証を開始したきっかけ

キッズケータイの機能のひとつにも「おかえり通知」のような機能はありますが、「tomoru」というデバイスを別途購入する必要があるなど、コストもかかりそうです。

しがないサラリーマンとしては、価格も安く(できれば無料で)安全・確実にこのおかえり通知に近いものが自前で作れるのではないか、とても興味が湧いてきました。

もしも、これが実現できれば、小学校、学習塾、改札口、自宅などなど、今我が子がどこにいるのかプッシュ通知で知らせてくれることになります。これって超便利ですよね。

とても難しそう、めんどくさそう、そんな声も聞こえてきそうです。ただ、素人のワタシにでもできた作業ですので、興味のある方はぜひ読み進めていただければと思います。

活用するアプリ

IFTTT

IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted with アプリーチ

今回活用するスマホアプリはIFTTTです。IFTTTとはIF This The Thenの訳。複数のアプリ間を連携するサービスです。

例えば、ツイッターアカウント写真を差し替えた後にFACEBOOKのアカウントの写真を同じものに差し替えるとします。

この場合、ツイッターのアカウントの写真を変更し、次にFACEBOOKのアカウントの設定変更画面を開いて写真を差し替えますよね、当たり前です。

IFTTTを使うと、「Twitterでアカウント画像を差し替えたら、FACEBOOKのアカウント画像も自動的に差し替える」という設定(IFTTTではこの設定情報をアプレットというそうです)を行っておけば、Twitterのアカウント画像を差し替えるだけでFACEBOOKのアカウント画像も自動的に差し替えることができます。

ワタシが実践しているのは、Twitterでリンク先の記載があるツイートに「いいね」をしたらEvernoteに共有する、という設定を行っています(ブログのネタ用です)。

そんな面倒くさいことするんだったら、手作業の早いじゃん?そう思う人もいるかもしれません。まあ、確かに。

しかし、このIFTTTというアプリ、さらに様々な目的で使えるところがすごいんです。

IFTTTの設定方法

 

IFTTTの設定方法ですが、androidスマホでもIOSでも使用できます。アプリのインストール先ですが、トリガーとなる端末(子供のスマホ)にインストールする必要があります。

なお、このインストールした後の設定方法はこのブログでは割愛します。だいたいどこのブログでも出てますしね。「IFTTT」「設定方法」あたりでググってもらえば、と。

おかえり通知の実現方法

このおかえり通知を実現するためのアプレットですが、次の4通りが考えられます。

・自宅のWiFiに接続したら、親のGmailあてにメールを送信する。
・自宅周辺のエリアに到着したら、親のGmailあてにメールを送信する。
・自宅のWiFiに接続したら、SMSで親に通知する。
・自宅周辺のエリアに到着したら、SMSで親に通知する。

IFTTTではこんな設定が可能になるんです。

例えば、自宅のWiFiに接続したら親が通知を受け取れるように設定しておけば、そのスマホを持った我が子が自宅に到着したことがわかります

また、「自宅周辺のエリア」の部分を最寄りの駅、学習塾、学童保育所に設定しておけば、目的地に到着する都度、メールやショートメールでお知らせしてくれることになります。

もちろん、このアプレットは複数作成することができます。なので、行動範囲をすべて設定しておけば、子どもの行動範囲がすべて把握することができるのです。

さっそく検証開始

さっそく検証を開始。スマホをイジイジ検証期間約3日間、結論から言うと大成功しました。これで格安でおかえり通知ができるじゃーん、という喜びもありますが、多々課題もあり…

アプレットの設定方法やメリットデメリットなどのまとめは明日以降に続きます。

**********************

IFTTTでおかえり通知を実際に試してみました。その検証結果はこちらです。

IFTTTでおかえり通知を設定する方法をこちらにまとめました。ぜひご覧ください。超簡単です。

-便利な無料アプリ