しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

住宅ローンを背負った安月給の平凡なサラリーマンが、経済的自由を夢見て邁進する姿を淡々と書き綴るブログです

タブレット

タブレット選びも大詰め。ワタシが選んだタブレットは意外なあの機種(笑)

2017/12/01

おはようございます、うえけんです。

思いがけず長編になってしまったワタシのタブレット選び。ここまでd-tabに始まり、Android、iOSなどかなりの調査を重ねてきました。今日はこのシリーズの最終回です。

ここまでを振り返るとこんな感じになっています。

d-tab関連の記事はこちら

Huawei mediaPadの記事はこちら

ASUS ZenPad 10 の記事はこちら

そして、本命iPadの記事はこちら

もしもタブレットの購入に迷っているようでしたら、上記リンクをクリックしていただけるとひょっとしたら参考になるかもしれません。

タブレット選びの経過

で、ここまでの経過をまとめてみますと、こんな感じです。

  1. 格安なタブレットが欲しいのでd-tabの未使用品で購入しようと思っていた
  2. d-tabと同値でSIMフリーのタブレットが購入できると知る
  3. HuaweiとASUSのZenPadを調査
  4. iPad 2017年モデルの比較

こんな順番でタブレットを探してきたのです。iPadが値段が高いからほかに安いタブレットを、と思って探してきましたが、最後は一周回ってiPad に落ち着いた…そんな感じの結論になります。

iPadを選定した理由

コスパの高さを再認識

iPadに決めた理由は何よりも性能の良さとコストのバランス。Androidの中でも性能が高いZenPad 10よりもAntutuの数値が高く、価格は安いです。

Antutuの数値が全てではありませんが、ブラウジングなどを含めてストレスなく使えるのは最優先課題ですよね。

ストレージ領域の拡張性に課題も

iPadの課題はSDカードなどストレージ領域が拡張できない点。ワタシの候補であるiPadは16GBなので少なすぎます。

ただ、ワタシの場合は、タブレットで写真や動画を撮影してデータ保存するなどの使い方は想定していません。もっぱらネットに接続できて動画が見れればいいので、16GBの端末でも大丈夫でしょう。

最低限できればいいこと

最低限の要件は、iPadからブログの更新ができること。

iOSでもNASに格納された画像データを参照できたり、Windowsパソコンとのデータのやり取りやリモート操作までできるアプリまであることを知りました。例えばこんな感じ。

Send Anywhere (ファイル転送・送信)

Send Anywhere (ファイル転送・送信)
開発元:ESTmob Inc.
無料
posted with アプリーチ

androidタブレットのほうが操作性に自由度が高いと思っていましたが、iPadでここまでできればブログ更新時の機能として不自由はなさそうです。

自身のリテラシーをあげる

iPadの購入によって、タブレットはiOS、パソコンはWindows、スマホはandroidと全部違うOSを使うことになります(笑)

ただ、まあ、色んなOSを使いこなすことは自分の勉強にもなりそうですし、このブログをSafariで見たらどうなるのかとかブログ運営の検証にもなりそうです。

次はラズベリーパイを買って、Linuxを使うことになれば4つのOSを使いこなせるようになれますが、なにげに近々調達予定だったりします。

さあ、iPad に決定!…と思ったら

ということでワタシのタブレット選びも終了。日々、アマゾンやヤマダ電機で価格を見ているのですが、iPadって価格が落ちないんですよね。

そんな折、ワタシがタブレットを買う予定だということを吹聴していたところ…

 

義母「なんだ、そんなの欲しいならうちに1台使っていないiPadがあるから持って帰る?」

 

はあっ?

 

数年前に知人から未使用のものを譲り受けたとのこと。端末の裏面を見てみると、型番に「A1566」と書いてあります。これをネットで確認したところ、どうやら2014年後半に販売されたiPad Air2らしい。

ということでこの半年間どのタブレットがベストチョイスかを探ってきましたが、最後は、ずっと前から義母が持っていたタブレットを無料で譲り受ける、というオチになりました(笑)

ラッキーはラッキーなんですけどね、一生懸命店舗に足を運び、ネットで価格調査をし、いったいなんだったんだ、というむなしさもあり…とても複雑な気持ちです。

スペック比較

とりあえずスペックをiPad 2017モデルと比較してみました。

型番 iPad 2017
春モデル
iPad Air2
発売日 2017年3月25日 2014年10月17日
メーカー APPLE APPLE
接続タイプ Wi-Fiモデル Wi-Fiモデル
OS種類 iOS 10 iOS 8.1
CPU A9 A8X
コア数
メモリ
記憶容量 32GB 16GB
バッテリー性能 32.7Wh 27.3Wh
指紋認証
加速度センサー
ジャイロセンサー
光センサー
デジタルコンパス
防水機能 × ×
防塵機能 × ×
GPS
画面サイズ 9.7 インチ 9.7 インチ
パネル種類 IPS IPS
画面解像度 2048 x 1536 2048 x 1536
画像密度 264pi 264pi
Bluetooth Bluetooth4.2 Bluetooth4.2
背面カメラ画素数 800 万画素 800 万画素
前面カメラ画像数 120 万画素 120 万画素
稼働時間 10時間 10時間
幅x高さx奥行 240×7.5×169.5 240×6.1×169.5
重量 469g 437g

比較してみると両者に意外と違いはありません

iPad 2017モデルはCPUが高性能化、バッテリが大容量化されています。その分iPad Air2のほうが重量は軽く、少しだけ厚みが薄い作りとなっています。

また、iPad Air2にはフルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティングが施されています。これは、乱反射を抑え反射の少ない画面に色鮮やかに映し出す技術でiPad 2017年春モデルには実装されていない機能のようです。

また、Antutuの値は、約10万ポイント。iPad2017年モデルの12万ポイントには及びませんが、ZenPad10 Z500KLの約1.2倍の数値です。

これはワタシにとって十分すぎるタブレットです。

ただひとつ大きな課題が

ということでありがたく頂戴したiPad Air2。しかし、ひとつだけ大きな課題も。

このiPad、一度設定してからこんなエラーが出てずっと使えないのよね、と言われたのが上記の画面。

なるほど、この手の作業ならなんとかなるでしょ、ということでiPad Air2を使えるようにするための作業をすることになりました(こういうの結構好き)。

この作業の様子については、ちょっと長くなったのでまた後日に。

いずれにしても無料で手に入ったiPad Air2。どんな性能の持ち主なのか楽しみで仕方がありません。浮いたお金は…APPLEの株でも買おうと思います(笑)

 

 

 

-タブレット