節税

マイナンバーカードと運転免許証が一体化なるとどうなるのか調べてみました!

今日はマイナンバーカードと運転免許証が一体化することについてまとめてみます。

世の中デジタル庁なるものができてですね、ITを駆使した便利な世の中が待っていると思うと楽しみでならない今日この頃。ニュースではマイナンバーカードと免許証が一体化される、というニュースを見ました。

よめちゃん

そんなん、ちっとも便利な世の中に貢献せいへんやん(なぜか大阪弁)

まあ、確かに一気に便利な世の中にはなれませんけど、世の中一歩一歩便利な世の中に近づきつつあると言えそうです。

先日もこのブログでは、マイナンバーカードと健康保険証が一体化になるニュースをご紹介しました。

マイナンバーカードが健康保険証になる!その全容が明らかに? マイナンバーカードが健康保険証になるだって マイナンバーカードでポイント還元25%に賛否両論の世の中ですが、マイ...
マイナンバーカードと健康保険証が一体化されるってよ マイナンバーカードと健康保険証が一体化される? 先日、ニュースを見ていましたら、マイナンバーカードと健康保険証が一体化さ...

早ければ来年の春には一体化される模様。来春からは病院にマイナンバーカードを差し出すことになりそうです。

これに続く第二弾が運転免許証との一体化です。

クルマ好き

でも、運転免許証とマイナンバーカードが一体化したところで何が便利になるの?

慎重派

マイナンバーカードに違反履歴とか格納されると思うと気持ち悪いわ。

なんて思う人もいると思うんですよね。

今日のブログで分かること
  • マイナンバーカードとの一体化の概要
  • 一体化するメリットとは?
  • セキュリティ面で大丈夫なの?

今日はこんな話題を中心に、マイナンバーカードと運転免許証の一体化についてまとめてみます。

マイナンバーカードとの一体化の概要

今回、運転免許証とマイナンバーカードとの一体化がニュースになっていますが、この話は実は政府与党ではマイナンバー制度が開始した平成27年夏から計画に盛り込まれていた内容でした。

どのようにマイナンバーカードとの一体化を実現するのか?

資料によりますと…

一体化イメージ
  • 免許証のICチップに格納されている情報をマイナンバーカードのICチップに記録する
  • 警察は独自の端末でカード読み取って情報を確認する

ICチップに追加される内容は、

  • 交付年月日
  • 有効期限
  • 免許の種類
  • 本籍
  • 顔写真データ

とのことで、すでに格納されている情報(氏名、生年月日、住所、性別、マイナンバーカードの有効期限、個人番号、顔写真)は警察がアクセスできないようにするとのことです。

クリックして拡大

また、違反情報などはマイナンバーカードには書き込まないとされています。

一体化によるメリットは?

実際に統合された場合、私たちにどんなメリットが私たちに発生するのか?

ざっくりまとめますとこんな感じです。

一体化のメリット
  • 免許証を持ち歩かなくてよい
  • 住所変更等の手続きが簡素化される
  • 更新手続きも簡単に

運転免許証を持ち歩かなくても良い

皆さんは運転免許証ってどんなときに使いますか?

よめちゃん

そうね、郵便局に宅急便の荷物を取りに行くときとか。あと、役所の手続きとか…?

そうなんです。おもに運転免許証の出番って、身元証明書として使う機会が多いです。でも、本来の目的である、自動車を運転できることを証明する、という本来の目的で使う機会はほとんどないのです。

よめちゃん

まあ、そのときは交通違反で白バイに捕まったり、交通事故を起こしたりするときぐらいだよね。

つまり、いつ使うか分からない運転免許証をドライバーたちは常に持ち歩かなければならないのです。これって結構不便じゃね?

もしもマイナンバーカードと一体化になれば、運転免許証を持ち歩かなくて済みます。

マイナンバーカードは、身元証明のほか、今後は健康保険証のように色んなカードと一体化されることにもなり、お財布の中が少しづつ軽くなっていくことが期待できます。

住所変更手続きが簡素化される

クリックして拡大

引越ししたことがある方ならわかると思うのですが、引っ越しをしたら運転免許証って住所変更の手続きが必要です。これって結構面倒なんですよね。

もしも、マイナンバーカードが運転免許証と一体化される場合は、この手続きが簡素化されることになります。

これはマイナンバーカードの公的個人認証サービスによって実現できます

ちょっとマニアックな話ですが、今の公的個人認証サービスは、マイナンバーカードに登録されている住所情報と住民票の情報が一致しているかどうかチェックすることができます。

今後は、法律改正を経て、最新の住民票の情報を実施機関が入手することができるようになります

この仕組みを使うことで、引っ越し先の役所で住民票の異動手続きを行うだけで運転免許証の住所変更等の手続きを簡略化することができるようになるのです。

免許更新の手続きも簡略化へ

運転免許証は5年に1回更新が必要です。でも、この更新作業って結構手間なんですよね。

  • 平日日中帯に教習所に行かなくてはならない
  • 更新期限が限定さrている
  • いつも混雑している
  • 教習動画など時間がかかる

マイナンバーカードでは電子的な本人確認が可能です。

もしも、マイナンバーカードが運転免許証と一体化されれば、

  • 書類の入力はインターネットのフォームから提出可能
  • 写真の提出などもネットでアップロード
  • 教習動画は自宅から閲覧

視力検査もネットで対応可能なら、教習所に赴くことなく自宅での手続きだけで完了となります。

よめちゃん

仮に視力検査だけ教習所でやるにしても相当な時間短縮になるわよね。

最後に

ということで今日は運転免許証とマイナンバーカードが一体化することのメリットについてまとめてみました。

色々と調べてみると、これはなかなかメリットがあるなあ、という印象です。

ただ、警察のシステムがマイナンバーカード対応しなければならないとされていて、実現する時期は令和8年度以降となる見通しです。うん、長いね。

定額給付金の手続きや年末調整などの手続きが次々に電子化されていきますが、これからもこの流れを加速させてより便利な世の中になっていくことを期待したいものです。

関連記事です。

マイナンバーカードで25%の還元が受けられるマイナポイントを調べてみた いよいよ始まるマイナポイント 今日は、マイナンバーカードでマイナポイント25%がもらえるいわゆるマイナポイント事業につい...
ネットで特別定額給付金を申請できるマイナポータルって何か調べてみました! マイナポータルって何? 今日は、マイナポータルについて学びたいと思います。 マイナポータルってどこかで聞いたことが...
来年から年末調整の電子化が始まります!本当に手続きが楽になるの? 年末調整はお済みですか? 今日は年末調整の電子化についてまとめてみます。   そう、それです。実は年...

  

ABOUT ME
しがないサラリーマン
しがないサラリーマン
しがないサラリーマンがひそかに経済的自由を目論むブログの管理人。メインテーマは、日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。実体験に基づき本当にイイものはイイ、悪いことは悪いことと主張するのが信条です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください