しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

通信機器・周辺機器

ANKERのQi充電器を購入!良かった点と悪かった点をレビューします。

ANKERのQi対応充電器を購入しました!

先日もこのブログでご報告したとおり、Galaxy S9(SCV38)を購入しました。このGalaxy S9で活用したいのがQi。

今まで充電と言えばケーブルを本体に差していましたが、乗せるだけの充電器って便利そうじゃないてすか。

ということで今回購入したANKERの充電器。実際に使ってみた感想をレビューします!

充電器の仕様

今回購入したANKER製の充電器はこちら

ANKER のQi対応ワイヤレス充電器です。

特徴

ワイヤレス充電の特徴は何より置くだけで充電が始まる点。もうUSBケーブルとか接続する必要はないんです。

この商品は10W対応。従来の製品よりも最大2倍の速さで充電が可能なのです。

対応スマホ

Qi対応スマホであればすべてのスマホで使えるとのふれこみです。Galaxy Note8 / S8 / S8+ / S7 / S7 edge / S6 edge+ / note 5 に対応。ここには書いてませんが、もちろん、Galaxy S9にも対応していますよ。

iPhone X / 8 / 8 Plus にも対応。ただし、iPhoneの場合は急速充電はできないそうです。

コンパクトサイズが良し

サイズは、8.5x8.5x0.7 cm、重量は118g。サイズもコンパクトで机の上においても場所を取りませんね。

安全設計もばっちり

温度管理、電子回路のショート防止などの保護機能が内蔵されており、また、18か月間補償付きなど安心して使える充電器です。

開封の儀

ではさっそくANKERのQi対応ワイヤレス充電器を開封してみましょう。

こんなオシャレな箱に梱包されてきました。サイズはコンパクトなので、ポストに投函されていました!

箱の中を開けるとこんな感じです。充電器本体とマイクロUSBケーブル。そして説明書が入っていました。

実際に接続してみます。

接続するにはQuick Charge 3.0に対応したアダプターに接続する必要があります。

接続すると本体のLEDライドが青く光ります。

スマホを置くと、ディスプレイに充電中を知らせる表示が浮き上がります。きちんと真ん中におかないと充電しくれませんので注意が必要です。

実際に充電してみるとやはり便利でいいですね!

Qi対応ワイヤレス充電器の注意点

実際に、乗せるだけで充電できちゃうワイヤレス充電器ですが、実際に使ってみて注意点もありましたのでご紹介しちゃいますね。

手帳型ケースでは対応不可

よく女性が使う手帳型のスマホケース。これではワイヤレス充電ができないようです。

Galaxy S9に同梱されていたクリアケースだったら普通に利用できます。このようにQiに対応できるスマホケースを使う必要があります。

クイックチャージ3.0アダプタに接続する必要がある

普通のアダプタに接続してもワイヤレス充電はできない様子。クイックチャージ3.0対応アダプタがなければ新たに購入する必要があります

試しにiPhoneのアダプタに接続したところ、こちらはワイヤレス充電が可となっていました。

充電中は認証不可

ワイヤレス充電中はなぜか顔認証が利きません。また、指紋認証も本体の裏にあるのでロック解除できません。

充電中に使おうと思ったら、素直に4桁の番号を入力してログインしましょう。

充電スピードが遅い

クイックチャージ3.0対応アダプタにワイヤレス充電器を挿してスマホを充電したところ、10分間で5%程度しか充電できません。

ワイヤレス充電器を介さずに、直接USB-Cケーブルを挿して充電したところ、10分間で15%充電が可能でした。

このことから、ワイヤレス充電器は通常の急速充電よりも3倍時間がかかることになります。

それでも便利なワイヤレス充電器は超おすすめ

ということで、ANKERのワイヤレス充電器、POWER PORT WIRELESS10についてレビューしました。ワタシ自身使い勝手が良くてとてもお気に入りの充電器です。

ただ、充電速度やアダプタ、スマホケースなどワイヤレス充電器を買う場合は注意が必要です。

それでは楽しいモバイルライフを!

-通信機器・周辺機器