しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

スマホ

Galaxy S9(SCV38)液晶保護ガラスとして超おすすめなYATAGLASS(ヤタガラス)レビュー

2019/03/11

Galaxy S9液晶保護ガラスを購入しました!

先日、Galaxy S9(SCV38)の液晶保護ガラス、YATAGLASS(ヤタガラス)製の商品を購入しました!

Galaxy S9を買った人の中には、「保護フィルムとガラスフィルムとどちらを買おうか」、「どんなフィルムを買っていいか分からない」、などなど。

そんなGalaxyユーザーもいると思うんですよね。実際にワタシもそうでしたから。

そこで、今日はGalaxy S9専用ガラスフィルムのYATAGLASS(ヤタガラス)についてレビューしちゃいます。

YATAGLASSはGalaxy シリーズだけではなく、iPhoneシリーズの商品も販売していますから、iPhoneユーザーにとっても参考になると思いますよ。

結論から言うと、値段は高いがとても素晴らしいガラスフィルムで超おススメですよ!よろしければ読み進みください。

YATAGLASS(ヤタガラス)を購入した背景

Galaxyシリーズの弱点

Galaxy シリーズの最大の特徴はスマホ本体の形状。流線形のディスプレイがとてもスタイリッシュで、ワタシの大好きなポイントはこのデザインにあります

一方で、この流線形の本体ゆえの問題として、丁度よい液晶保護ガラスが少ない、貼ってもすぐにはがれてしまう製品が多いと言われます。

例えばネットで調べて口コミのよい商品を購入したとしても、ガラスフィルムには個体差による多少のゆがみがあったり、また、Galaxy本体そのものも、機種によって微妙な形状の違いがあったりするそうなんです

本当にそんなことあり得るの?と信じられないまま、ネットで保護ガラスを買ったのでした。

本当に合わなかった液晶保護ガラス

スマホを落として液晶保護ガラスが外れたイメージ

で、楽天市場で液晶保護ガラスを購入。1枚だいたい1000円ぐらいで、そんなに安いものでもありません(商品の名誉のために品物は伏せておきます)。

とりあえず、きちんと貼って使ってきたのですが、数日後、ある日ズボンからGalaxyスマホが滑り落ちてしまったんです。

パッリーン

…画面が割れたかと思ったらそうではなく、液晶保護ガラスが本体から外れてしまったんです

ああ、スマホ落として外れる液晶保護ガラスって意味あんの?おかしくね?

その後も、だましだまし使ってきたんですけど、本体と液晶保護ガラスの形状があっていないので文字入力やタップもやりにくいし、画面と液晶保護ガラスとの間にホコリはバンバン入ってくるし。

本体フチの部分で保護ガラスに付着するホコリ

せっかく、買った美しいGalaxy S9が台無しだよ~

なので、いい加減に新たな液晶保護ガラスを買いなおそうとネットで調べてみたところ、眼に入ってきた商品がYATAGLASS(ヤタガラス)だったのです。

YATAGLASS(ヤタガラス)を選んだ理由

理由は、Samsung公認の液晶保護ガラスだったこと、そして、値段が高価なので、使えない商品なんて売ることはないだろう、と思ったためです。

価格は1枚4000円超。中国製の液晶保護ガラスなら1枚1000円以下で買えてしまいますからね、約4倍の価格ですよ。

これできれいに貼れなかったら打つ手がないわと思いつつ、注文しました。

YATAGLASS(ヤタガラス)の取り付け方法

ではさっそくYATAGLASS(ヤタガラス)を実際に取り付けてみることにします。

箱はこんな感じ。ただの箱に入ってくるよりはデザインや説明書きなどアピール文がたくさん書かれています。

説明書が日本語なのがいいですね。最近は格安な中国製の商品を買うことが多いので逆に新鮮です。

箱の中身はこんな感じでした。

左から、スマホ本体の画面からホコリをとるもの、そして、液晶保護ガラス本体、そして、一番右が液晶保護ガラスを貼るときに使うガイドのような部品です。

まず、古くなった液晶保護ガラスを外し、スマホ本体に付着しているホコリや汚れをきれいに拭き取ります。

次にガードを取り付けて液晶保護ガラスを入れてみます。

って、説明書ではこのガイドをスマホ本体に取り付けて、上から液晶保護ガラスを取り付けること、という記載があります。

実際にやってみたところ…

悪友
ああ、ガイドの上に液晶保護ガラスを乗せてもうまく取り付けられんじゃん

.

そうなんです、ガイドを取り付けた後では液晶保護ガラスを取り付けることができないのです。

サラリーマン
説明書とちがーう

ということでカンで液晶保護ガラスを装着(←いつもカンばかり)

カンで貼った割には、曲がってもいないし、なかなかいい感じに貼れたのではないでしょうか。

液晶保護ガラス四隅をきちんと押さえて作業は完了です。

YATAGLASS(ヤタガラス)のいいところ

YATAGLASS(ヤタガラス)の仕様は以下のとおりです。

  • SAMSUNG社公式認定を受けた保護ガラス
  • 説明書が日本語なので分かりやすい
  • スマホ背面を保護するTPU製スマホケースと干渉しあわない
  • ガラス素材で9H
  • 液晶画面の曲線部分まで保護対象範囲

などなど。やはり値段が高いだけあってこれまで購入した液晶保護ガラスの中でも高品質ですね。

最後に

ということでYATAGLASS(ヤタガラス)のGalaxy S9の液晶保護ガラスについてレビューしました。

装着してから数日間経過しましたけど、特に使い勝手が悪い、ということは全くありません。ただ、怖くてスマホを落とすようなシミュレーションはできてませんが…

もしも、液晶保護ガラスで迷っているあなた、YATAGLASSを一度使ってみてはいかがでしょうか。超おすすめですよ!

-スマホ