スマート調理

象印コーヒーメーカー珈琲通EC-CB40は値段も安くておすすめ

今日は象印から販売されているコーヒーメーカー珈琲通EC-CB40という商品をレビューします。

実は先日コーヒーメーカーが壊れましてね、さっそく新しいコーヒーメーカーを買おうと思ったんですけど…

よめちゃん

いっぱい商品があってどれを買っていいか分からないわ。

ということで分からないながらも購入したのが珈琲通EC-CB40だったのです。

珈琲通EC-CB40という商品ですが、値段は超安いんですけど、ネットでの評判も上々。実際に使ってみて感じたのは…

ワタシ

コスパもいいし、これは買ってよかった商品だね!

このブログの中にも…

コーヒーメーカーでどの商品を買っていいか分からない

値段が安いコーヒーメーカーって大丈夫なの?

そんな疑問を持っている方もいると思います。

コーヒーメーカーの選ぶポイントも交えながら、珈琲通EC-CB40をレビューしていきたいと思います。

珈琲通EC-CB40のメリット
  • とにかく値段が安い
  • 省スペース設計
  • 丸ごと洗浄できてお手入れが楽
  • 珈琲豆も挽けるミル付き
  • カルキ取り機能付き

それではもう少し詳しく見て行きましょう!

コーヒーメーカーの選び方のポイント

珈琲通EC-CB40のレビュー前に、どのような基準でこのコーヒーメーカーを買うに至ったか。

これをまとめておくことしましょう。

コーヒーメーカーを選ぶポイント

  • 価格
  • デザイン
  • サイズ(1回で何杯淹れられるか)
  • 珈琲豆を挽けるミル付きかどうか
  • 紙フィルタか金属フィルタか

最低でもこの4つぐらいを意識しておけばコーヒーメーカー選びで間違えることはないでしょう。

わが家の場合は、まず値段が安いこと、デザインよりも省スペースで扱いやすさ、そして、コーヒー豆から飲みたいときもあるので、ミル付きのコーヒーメーカーにしました。

もしもミルなしでいいなら、TIGERのこちら商品なんかいいですよね。ワタシもぎりぎりまで迷いました。

まずはどこを重視するのかを考えながら商品を選ぶとよいでしょう。

象印のコーヒーメーカーEC-CB40の基本スペック

珈琲通EC-CB40の基本スペックはこちらになります。

品番EC-CB40
希望小売価格9,350円(税込)
容量(ml)540
消費電力(W)650
外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm)30.5×15×24.5
質量(約kg)2.1

珈琲の量は1回でホットなら4杯、アイスなら2杯まで淹れることができます。ドリップコーヒーだけではなくコーヒー豆も挽くことができる機能もついています。

象印のコーヒーメーカー EC-CB40のメリットと注意点

珈琲通EC-CB40のメリットはこんな感じです。

  • 価格が安い
  • 省スペース
  • 水で丸洗い可能。ミルを掃除できるブラシも付いてくる

値段は楽天市場などで5000円以下で購入可能です。サイズも幅が30センチ、奥行き15センチで扱いやすいです。

一方で注意点としては、豆からコーヒーを淹れる場合全自動ではない点。

いったん煎った豆は紙フィルタのほうに移し替えてあげる必要があります。今のところ難点を感じるとしたらこの一点ぐらいですね。

Amazonの評価でも300件以上のレビューがあって星4.1ですから、なかなかの高評価と言ってもいいのではないでしょうか。

象印のコーヒーメーカー EC-CB40 はおすすめ!

ということで今日は象印のコーヒーメーカー珈琲通EC-CB40をレビューしました。

ワタシは毎朝、このコーヒーメーカーで目覚めのコーヒーを一杯飲んで朝活に励んでいます。もちろんコーヒーはキーコーヒーの株主優待です笑

値段も安く、それでいて本格コーヒーが楽しめるコーヒーメーカー珈琲通EC-CB40。ぜひ皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ABOUT ME
うえつん@便利家電大好きサラリーマン
管理人:うえつん@便利家電大好きサラリーマン 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 家電は大好きで少ないお小遣いの中から、便利な家電を買いまくる。 便利家電を使いこなせるように努力する日々。ブログでは、家電のいいことも悪いことも赤裸々に語ります。 皆さんの賢いお買い物に貢献できるようにアウトプットしていきます。 詳しいプロフィールはこちらをご覧ください 。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください