しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

住宅関連

壁美人を使って扇風機を壁掛けしてみました

2019/06/20

壁掛け扇風機を購入したよ!

早いもので今年も梅雨入り。蒸し暑い日々が続くようになりました。特に今年は5月末から夏日を記録するなど、暑い夏になりそうな気配です。

我が家でも、夏に備えて扇風機をひとつ買おうと思ったんですけどね、せっかく買うなら壁に掛けてみたい、ということで壁掛け扇風機を買ってみました

問題は壁にどうやって掛けるか?

普通はビスなどで留めるんでしょうけど、石膏ボードだし、大きなビスの穴もあけたくない、ということで今回、壁美人を使ってかけてみることにしました。

果たしてうまく行ったのか?レポートしてみたいと思います。

購入した扇風機はこれ

今回購入した扇風機はこちらの商品。

まあ、扇風機ならなんでも良かったんですけどね、一応、こんな条件で探していたらこの扇風機に行きつきました。

  • 40cmの大きな扇風機が良い
  • フルリモコン
  • 首振り
  • 値段はできるだけ安く

楽天市場で購入したところ、2,3日間で自宅に届きました。いやあ、ありがたい。

さっそく壁掛けににチャレンジ!

で、通常は同梱されている金具を壁に取り付けるところですが、石膏ボードだけに強度に問題があります。

また、こちらの石膏ボード用の金具を付けるのも一つの方法です。

こちらのアンカーは強度は確かなのですが、失敗すると大きな穴を壁に開けることになります。ちょっと抵抗感があるんですよね。

そこで、こちらの出番。

壁美人とは、ホチキスの針を壁に打ち込んで、家電やれ家具を壁に掛けられる金具です。

我が家でも液晶テレビやスピーカーを壁美人で壁に掛けています。

壁美人を壁に取り付けてみる

壁美人の取り付け方は超簡単です。金具とフィルムを取り付けたい位置にあわせて、ホチキスでパチパチと留めていくだけ。

壁美人には専用のホチキスが付属されています。一見、ホチキスの針なら何でもいいように思えるのですが、ステンレス製のほうが錆びなくてよいそうです。

こんな感じで留めていきます。

あとはここに購入した扇風機をひっかけるだけです。

お、意外とさまになってるじゃないですかねー。電源コードがむき出しですが、今度ホワイトの壁モールでも貼って、体裁を整えたいと思っています。

心配なのは強度の問題

壁美人の心配な点は強度の問題。今回購入した壁美人は12kgまで取り付けることが可能です。

扇風機は2.9kgなのでかなり軽いです。なので耐荷重としては問題ないように思えるのですが、取り付けるものの形状によって耐久性が変わってきます。

特に重要なのが、奥行きと高さの関係ですね。

このように12kgに耐えられる壁美人でも、高さが足りないと耐久性は10分の1以下になる場合もあるんです。

扇風機の場合は…

相当、手前に出ているな、という感じ。壁美人は縦と横には強いんですけど、手前にかかる荷重には結構弱いらしいんですよね。

ま、とりあえず、取り付けてみてダメだったら石膏ボードアンカーで取り付けよう、ということで様子見としました。

取付後、一週間経過した結果

そんなこんなで様子見を決めて設置してから一週間が経過。結果としては、扇風機は無事外れることなく、きちんと壁に掛けることができています

いやあ、これは素晴らしい。

扇風機を壁に掛けるメリットとしては、我が家のように小さい子どもがいると、扇風機のスイッチをオンオフして遊ばれたり、子どもが指を挟んだりするリスクもあります。

子どもの手の届かないところに扇風機を設置することでこれらのリスクもなくなりますし、また、床置きしないので部屋も広々と使えるのがメリット

まさに扇風機の壁掛けは一石二鳥、試してみる価値ありです。

壁美人を使えば、賃貸住宅でも使用はオッケーですし、ドリルやドライバーなどの工具も使わないので取り付けも簡単です。

ぜひ一度、壁美人の有効活用を考えてみてはいかがでしょうか。

参考記事です。こちらは壁美人活用に失敗例。ダイソン掃除機を壁に取り付けたんですけどね、簡単に取れて壊れてしまいました。

我が家では壁掛けハンガーは石膏ボードアンカーを使って取り付けています。

 

-住宅関連