しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

ホームネットワーク

SESAME(セサミ)スマートロックを1週間使い続けた感想をまとめてみました

これは超便利だセサミスマートロック

さてここまで2回に分けてSESAME(セサミ)スマートロックについて記事を書いてみました。今日は購入して1週間、実際の使い勝手をレビューしたいと思います。

いいところ、残念なところいろいろありますが、正直にまとめてみたいと思います!

SESAME(セサミ)スマートロックのいいところ

Alexas_Fotos / Pixabay

自宅のカギから解放される喜び

SESAME(セサミ)スマートロックを入れることで、スマホがカギになるわけですから、自宅の物理キーを持ち歩く必要はなくなる…頭の中ではわかっていましたが、実際にこれを体験してみると、物理キーを気にしなくなるとこんなに楽なのか、とその効果は想像以上でした。

例えばよくあるじゃないですか、酔っ払って帰ってきた翌日、あれ、家のカギはどこやったっけ、昨日のスーツ、コート?ないな、ああ、テーブルの上にあった…みたいな。

朝の忙しい時間に家のカギの捜索なんてストレス溜まりますよね。スマホを自宅に鍵にすることで、日々のこんな不毛な場面ともサヨナラできます。

待ち時間も苦にならない便利さ

ネットのレビューでも見られるのですが、アプリの起動→ブルートゥース(またはWi-Fi)接続→施錠(開錠)、という流れに時間がかかってイラつくという評価があります。

確かにそうですね、ブルートゥース接続の場合でも3秒から5秒セサミ本体を認識するのに時間がかかりますね。

ただ、どうなんでしょうね、自宅のカギを右のポケットだっけ左のポケットだっけと探す時間や物理キーをドアノブに差し込む時間のことを考えれば、そんなに操作感は変わらない、という印象です。

また、その待ち時間よりもスマホと自宅のカギを一体化できるメリットのほうが大きいと感じます。

NFCタグなどで工夫も

スマホをスリープ状態からスムーズにアプリ起動まで持っていきたいなら、NFCタグを活用してはどうでしょうか。

NFCタグにセサミ起動を登録しておけば、スマホのNFCリーダで読み込ませることでアプリ起動がスムーズになります。

NFCタグをキーホルダーに貼付し、カバンに取り付け、玄関先で読み取りすればよりスピーディになるでしょう。

従来通り物理キーも使える

セサミスマートロックのいいところは、この機械を取り付けても物理キーを今まで同様に利用できる点です。これって結構重要だと思うんですよね。え、スマホをカギにするなんてイヤ、めんどくさい、とか反対されるのは眼に見えています。

例えば、同居のお父さんお母さん、スマホを使い慣れていない小さいお子さんでも、いままでどおり自宅のカギを開け閉めできる。スマホ利用必須のお父さんお母さんはスマホアプリ開錠できる。こうした使い分けができるので家族からの理解も得やすいはずです。

信頼性の高い操作感

で、実際にスマホをカギにして大丈夫なの?

という疑問もあると思います。確かに自宅のカギですからね、不具合があれば自宅の全財産がコソ泥に持ってかれてしまうかもしれない…そう考えると慎重になる気持ちも分かります。

ただ、ワタシは使い続けて1週間、すでに物理キーを持ちあることなく、スマホだけで自宅のカギの開け閉めをしています

スマホアプリで操作しているのに、カギが開かない、なんてことは一度もありません。それほど操作には安定感もあって安心して使用することができます。

セサミスマートロックのここが残念

基本的に便利なセサミスマートロック。このままでも十分使えるのですが、敢えて頑張ってほしいところを言うとこんなことが挙げられます。

取扱説明書が不親切

まあ、この手の機器は一部のマニアックな人間が使うものなので、そういう人間はネットで検索して不明な点は自力で答えを見つけるものです。

ただ、もっと多くの人たちに使ってもらおうと思うならやっぱり説明書の充実が望まれます。

例えば

  • WiFiアクセスポイントをルータが認識しないときの手順
  • IFTTTと連携する際には「連携」→「クラウド」をONにする

など

ネットで調べればわかるんですけどね、アマゾンのレビューとか見ているとそこまで頑張れずに批判だけしている人もいます。

とても良い商品なのに説明書の記載が不足しているばっかりに損をしているなあと残念におもいます。

オートロック機能の使い道がない

まあ、十分便利なセサミスマートロックなのですが、せっかくついているオートロック機能を使える場面がないのも残念な点のひとつ。

一人暮らしならいいんですよ、使うのは自分だけですからね。ただ、我が家のように家族もいる状態で、オートロック機能を導入したら締め出されるに決まっています(笑)

機能としては便利なんですけどね、うまく使いこなせる場面がないか、現在も頭をひねって考え中です。

GoogleHomeとの認証がうまくいかない。

IFTTTを介して、GoogleHomeに「カギを閉めて」というと玄関のカギがかかるようにしたいのですが、なかなかうまく行かないんです。

いや、厳密に言うと一回だけできたんです。でも二回目以降ができないんですよね。不思議なもので。

まあ、これは子どもに自慢してやろうと思っただけなので必須機能ではないです。IFTTTやGoogleHomeの設定に問題があるかもしれないのでこちらは時間をかけて解決していきたいと思っています。

最後に

ということでセサミスマートロックの1週間レビューをお届けしました。いろいろ書きましたけど一言でいえば、買ってマンゾクというところです。

1週間ほど使って安心して鍵の開け閉めができるようになったことを確認できたので、うちのヨメのスマホでもセサミスマートロックを操作できるように設定する予定です。

購入しようか、どうしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

***SESAME(セサミ)スマートロックの紹介はこちら***

***SESAME(セサミ)スマートロック本体の様子や取り付け方法はこちら***

-ホームネットワーク