しがないサラリーマンがひっそりと経済的自由をもくろむブログ

ひと握りのお金とささやかな知恵で目指せセミリタイア

ホームネットワーク

セサミスマートロックの電池切れ!電池交換(パナソニック製CR123A)までのまとめ

スマートロックの電池が切れた結果

先日のことですが、セサミスマートロックからプッシュ通知がありまして。

電池残量が少なくなっています。電池を交換してください

ただ、残量自体は44%程度残っていると表示されているので、まだまだ使えるだろうとタカをくくってたんです。その2週間後。

ワタシ
むお、セサミスマートロックが起動しないっ!

 

電池残量を見ると20%以上残っているんですけどね、スマートロックの操作はできなくなってしまったんです。

みなさんにおきましては、セサミスマートロックから電池交換の通知が届いたら早めに電池を用意しておいたほうが良いですね。

電池交換までに要した期間

セサミスマートロックの仕様によりますと、約500日で電池交換が必要との記載があります。

ワタシの場合ですが、セサミスマートロックを購入したのが2018年2月、電池切れを起こしたのが2019年7月。

ワタシ
むむ、まさに仕様どおりの期間で電池が切れたことになりますな!

 

というか、電池残量に関わらず、500日経ったら交換するように仕向けられているような気もするのですが。

いずれにしても、スマホが家のカギになる便利さに慣れてしまった結果、物理キーが不便で仕方がありません。さっそくこちらの商品を購入しました

電池を注文してから数日間で届いたのですが、この間は、いやあ不便不便。

出かける前には、カギをどこに置いたか忘れてしまったこともあったですし、ズボンのポケットにカギを入れておく必要もあったり。

カギをもち歩く行為は普通のことなのですが、セサミスマートロックに慣れてしまうと…

ワタシ
いやあ、物理キーをもち歩くのって結構不便なんよな~

 

そんな風に思いつつ、アマゾンから商品が届くのを待ち焦がれていました。

 

セサミスマートロック電池交換手順

セサミスマートロックの電池交換の手順は、全然難しくありません。まずは、本体を手でつかんで外しました。

後から気づいたのですが、正しい手順はこんな感じのようです。

本体は両面テープで接着されていだけですので注意が必要です。

そういえば、この両面テープ、Amazonなどのレビューでは、すぐに外れてしまうとか、不評なコメントもありましたが、設置して1年半経過しても、がっちりと接着されていますね

電池を入れる箇所はこんな感じ。プラスマイナスもきちんと分かりやすく描かれているので間違えようもありません。

この向きにあわせて電池を入れて、本体ケースをはめるだけ。スマホでテストしたところ、あっさりスマホから操作できるようになりました。

以上で作業は終了です。

最後に

ということでセサミスマートロックの電池交換についてまとめてみました。

ポイントとしては

  • 電池交換は、仕様どおり使用開始500日間が目途
  • 電池残量に関わらず最初の警告で電池交換の準備を
  • 電池交換作業はカンタン。誰にでもできる。
  • やはりスマートロックがないと不便だということが分かった

こんなところでしょうか。

みなさんもセサミスマートロック試してみてはいかがでしょうか。

 

-ホームネットワーク